植森美緒式ストレッチが背中の疲れに効果があった口コミ



事務系の仕事であったり、内勤の仕事で

PCをにらみながら、座りっぱなしの姿勢を長時間続けていると、

腰が痛くなったりします。

 

更に、腰がいたいのと同時に、背中のコリもひどくなって、

背中の疲れがなかなかとれずに辛いことがあります。

 

背中からくる倦怠感はだるくて仕事の効率を

落としてしまいます。

 

腰痛を改善するのと同時に、背中のコリや

背中の疲労感を解消するには、

 

1時間に1回程度の頻度で、

ストレッチ効果があります。

 

健康運動指導士の植森美緒さんの本を読む機会があって、

植森式のストレッチをしてみた結果

背中の倦怠感を解消できたので

やり方を紹介していきます。

 

 

背中の疲れがひどいときに、植森美緒さんの本でコリ解消の効果が

背中のコリを感じて、腰痛も気になっていたときに、

目についた本が、

 

健康運動指導士である植森美緒さんの著書

「1日1回背伸びするだけで人生と体形は変わる」 (メディアファクトリー新書)と、

世界一カンタンな疲れのとり方

です。

 

最初は、医師でも理学療法士でもないので、

ちょっと肩書が胡散臭いようにも感じたのですが、

 

中身を読んで実践してみると、

意外にも取り組みやすくて、

 

背中のコリが解消する

効果を実感できる内容でした。

 

植森美緒式ストレッチの方法は背伸び

背伸び

植森美緒さんが推奨する体の疲れを取り去る方法とは、

「背伸び」というストレッチ法です。

 

背伸びを使った疲労のとり方としては、

  • 真っ直ぐに立つ
  • 両手の手のひらを組んで、真上に伸ばす
  • 7秒間、全力で背伸びをしたら、一気に力を抜く

という至って簡単な方法です。

 

私の場合には、1時間程度に1回は

背伸びというストレッチを取り入れることで、

徐々に背中の疲労感が解消していくのを感じました。

 

背中の疲労感が解消してくると、

腰の痛みも緩和するから不思議です。

 

ストレッチをすることで、硬直した筋肉が伸びるだけではなく、

血液循環が良くなることで、

疲労が解消されるというわけです。

 

ただし、背伸びをしてみても、未だに、

真上に手のひらが伸びない場合には、

相当に、筋肉が凝り固まってしまっています。

 

背中のコリを瞬時に取り去るストレッチ法も効果的

背伸びと合わせて実践したいがの、

背中のこりを取り去るストレッチ法です。

 

植森美緒さんの著書では、

「Y字伸び」というストレッチが紹介されています。

 

真っ直ぐに立った状態から、

両手をY字に広げて、

天井を仰ぎ見るように、

上半身を後方にそらすストレッチ法です。

 

たった、これだけのストレッチ法ですけれども、

「背伸び」と組み合わせることで、

とても効果的でした。

 

背中のコリと疲れを取り除いたら腰の疲れも解消を

植森美緒さんの動画ですので、

参考になさってください。

 

植森美緒プロフィール

1965年埼玉県生まれ

健康運動指導士

カルチャースクールなどでダイエットセミナー講師

著書については、植森美緒の本をご参照ください。

 

 

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ