大原麗子の自宅は孤独死で値下がりしても弟は売却決定?その理由とは?



 2015/10/5に放送される、

私の何がイケないの?SPでは

大原麗子の豪邸が売却!空家問題にが直面」

 

と題して、7回忌を迎えた

大原麗子さんの豪邸が売却される

 

ということで、

最後の自宅が公開されます。

 

大原麗子さんの自宅の売却が

注目を浴びるのは

 

豪邸だからという理由

だけではありません。

 

なぜ大原麗子さんの自宅売却が注目を浴びるのか

具体的に見ていきたいと思います。

 

 

大原麗子、自宅で孤独死?渡瀬恒彦と離婚後、病気と闘った波乱万丈の人生を振り返る。

 

女優として主演を多く演じて、

サントリーCMなどにも出演し、

 

渡瀬恒彦さんとの結婚も女優人生に

こだわるが故に離婚をし、

 

1999/11にギラン・バレー症候群という

病気を再発して以降、

 

病魔と闘い、女優として復帰を

果たそうとしながらも、

 

脳内出血が死因

2009/8/3に亡くなりました。

 

発見されたのは死後3日程

経過してからで、

 

実の弟さんが発見しました。

 

2009年当時、

大原麗子、孤独死!」

とニュースになりました。

 

このような波乱万丈の人生だった

大原麗子さんの自宅が売却される

 

ということについては、

相当な関心が集まります。

 

なぜ世間が注目するのか

具体的にコメントしていきます。

 

大原麗子は人気、実力があった為、わがままな性格だった?

 

 女優・大原麗子さんと言えば、活躍していた

当時はまさにトップスターであり、

 

サントリーのCM等にも出演し、

女優では主演であることにも

 

こだわるような

実力を兼ね備えいました。

 

また、性格的にもプライドが高い

女優でした。

 

主演にこだわる女優さんは

今はあまりいないのでは

ないでしょうか?

 

病気が原因でテレビドラマなどに

出演する機会が少なくなった

 

と言われていますが、

本人から、主演以外は、

お断りするような

 

性格だったために、

次第に出演機会が少なくなっていった

可能性もあるでしょう。

 

大原麗子さんの孤独死した自宅は豪邸といえども売却には不利では?弟など相続人が高額固定資産税の負担が理由?

 

大原麗子さんの自宅が売却されることになったのは

大原さんが2009年に亡くなっていて

空家になっているからです。

豪邸 イメージ

豪邸 イメージ

 

大原さんの自宅は都内の

土地付き建物(一戸建て)で

 

豪邸ですから、年間の固定資産税だけでも

100万円単位になるでしょう。

 

賃貸物件として、

収益を生み出すわけでもなく

 

家族や身内が住んでいるわけでもない

大原さんの自宅を

 

相続人である弟さんなどが

所有して高額の税金だけを

 

支払い続けるのは負担が大きいでしょう。

 

ここにきて、都内の不動産価格は

アベノミクスによって

急上昇しています。

 

売却をするタイミングとしては

悪くはないと考えても

 

おかしくないでしょう。

 

ただし、そこで弟さん等、

大原さんの相続人が

 

大原さんの自宅売却にあたり不動産会社に相談しますが、

壁にぶち当たることになるのです。

 

なぜ自宅売却が難しいのか?

見ていきたいと思います。

 

大原麗子の自宅売却のデメリットは何?理由は孤独死?住所・場所はどこなのか?

 

大原麗子さんの自宅売却は

簡単ではありません。

 

都内の人気がある地域での

土地付きの住宅や

 

そこそこの広さがある

更地は

 

2億円以上にもなり、

一般の会社員では購入は

 

難しいでしょう。

 

つまり、大原麗子さんの自宅は

豪邸すぎて、査定価格が高額、

 

売却時売り出し価格も高額になるので、

購入する対象が少ないという

何度の高さがあります。

 

大原さんの自宅が

今後売却されるにあたり、

 

住所はどこなのかも気になります。

 

推測ですが、大原麗子さんの亡くなった

2009/8/3から、3日後、

 

2009/8/6に世田谷区で死体が

発見されている場所があります。

 

住所・所在地:東京都世田谷区岡本三丁目2-3

 

です。

 

大原さんの自宅とは

断言はできませんが、いずれ

 

売却時には公開されることに

なります。

 

世田谷区内やその周辺で

購入を検討する方もいらっしゃるかと思います。

 

その時に気になるのは、事件や事故

などがなかったかではないかと思います。

 

つまり、大原麗子さんの自宅が売却が

難しい理由は、豪邸で高額という

意外に、

 

大原麗子さんが孤独死していた

という過去の報道があるため、

 

日本人の場合は、孤独死があった

物件を「縁起が悪い」「怖い」

と感じる方が多いのが実情だからです。

 

なぜ、売却前にテレビ放送をするのか?

気になります。

 

大原麗子さんの自宅売却で弟さんが孤独死の事実を否定しなかった?

 

孤独死があった物件の価格・価値は下がるのが現状です。

 

殺人事件や自殺があった場合は

特に物件価格は

値下がりしてしまいますが、

 

孤独死は実は病死ですから

個人的には本来は物件価格に

影響はしないと考えています。

 

にもかかわらず、根拠もなく

孤独死という言葉に

 

日本人は敬遠したくなる傾向が

あります。

 

文化や宗教が違えば、殺人ですら

気にしません。

 

ちょっと気にしすぎな面が日本人にはあります。

 

恐らく売却を依頼された大手の不動産会社の

担当者から

孤独死のイメージが強いので、

 

本来は3億で売却できるところが

2億ですというような

 

やり取りがあった可能性があるのです。

 

大原麗子さんの相続人であった弟さんは

孤独死であったことは認めて、状況も説明しています。

 

 

大原麗子さんの遺言には自宅はできる限り現状のまま解体せずに

利用してもらいたいという希望があったそうです。

 

その意味では、

 

物件の価値が残念ながら下がるのが悔しかったでしょうけれども、

 

孤独死があった事実を受け入れてくれる

買主が現れることは大変ありがたいことです。

 

大原麗子の自宅は病気による孤独死後、家族、弟が売却決断!大物芸能人の豪邸は相続人の管理が大変なのが理由?

 

大原麗子さんの自宅は

所有者であるご本人が

亡くなったことが理由で、

 

相続人である弟さんが売却する

ことになりました。

 

相続人にとって、

固定資産税の支払い負担以外にも

 

庭の草刈りや、室内外の手入れ、

維持管理をするだけでも

大変な苦労があるからです。

 

 

 

大物俳優がなくなった

ケースでは、

 

高倉健さんの財産を

すべて相続した方の

記事を書いてあります。

 

相続発生後高倉健さんの

相続人は誰だった

と思いますか?

 

詳細は

高倉健さんの相続人は養女単独

の記事からご覧ください。

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析