パナホームの外壁塗装 見積もりが高いと感じたときの対処法は?



パナホームで施工した住宅も10年程度経過すると、

外壁塗装をするタイミングにさしかかります。

 

ご近所で、パナホーム施工物件を外壁塗装することになった方が、

パナホームに外壁塗装の見積もりをとってみて、

高かったために、ご近所の人に、

 

高い!100万円超えになった

と愚痴をこぼしているのを耳にしました。

 

ハウスメーカー施工物件は、外壁塗装のメンテナンスも

高くなるのは発注の仕組み上、仕方がないことです。

 

外壁屋根塗装の見積もりが高いと感じたときの

対処法を考えてみましょう。

 

 

パナホームに外壁塗装の見積もりは本当に高いのか?

パナホームに見積もりをとってみて、

外壁屋根塗装の費用が、100万円超えになったために、

高いと悲鳴をあげた人は、

 

高いなーと思いながら、そのままパナホームに

工事を依頼していたようです。

 

住宅はちょうど10年程度経過する家なのではじめての

外壁塗装であったので、

100万円超えの金額に驚いたのかもしれません。

 

パナホーム施工の住宅はパワービルダーの建売のような

30坪程度の建坪よりやや大きめの、

35坪程度の大きさの住宅です。

 

ですので、100万円超えは高いと感じたかもしれませんけれども、

実際には、工事内容によっては、

 

他社が施工しても同じくらいの費用はかかる場合があるので、

ほぼ相場水準の価格であるとも解釈できます。

 

 パナホームの外壁塗装がスタート!施工業者は地元の下請け業者だった

ご近所のパナホームの外壁塗装がスタートして、

最初に足場が組み立てられました。

 

青いネットには、紫色の下地に白抜きの文字で

Panasonicリフォーム」と言う文字と、

 

パナホーム」という文字が入った

看板のようなものが

貼り付けられていました。

 

外壁塗装をするときも、パナソニックブランドを

アピールしている点で、

なんとなく、安心感はあります。

 

パナソニックのお墨付きの

外壁塗装になるなら

 

ちょっとくらい高くてもいいかなと

思う人もいるはずです。

 

ただし、外壁塗装をする工事業者がトラックや車で

来たのをみると、

トラックには、「○○左官工業」という屋号が入っていました。

 

つまり、パナホームは、地元の「○○左官工業」という

下請け業者へ外壁塗装を外注していることが読み取れます。

 

とういことは、パナホームを通さずに、

直接、腕のいい地元の外壁塗装業者に発注するほうが、

パナホームが受け取る中間マージンをカットできるということになります。

 

地元の業者へ直接外壁塗装の見積もりを依頼するには?

パナホームで家を建てた人は、今後のメンテナンスなどを考えると、

パナホームに外壁塗装を依頼するのが

安心だと判断するのは普通かもしれません。

 

というのも、パナホームには大企業の看板がありますし、

地元の中小企業では、どの業者が安くて良心的で技術力があるかの

情報が簡単に得られていないからです。

 

その意味で、

【外壁塗装の駆け込み寺】 を活用すれば、

地元の業者から見積りを複数受け取れて、

 

価格だけではなく、

技術力なども比較することができます。

 

パナホームの住宅はやはりパナホームが選んだ下請け業者

に外壁塗装を任せるのがいいのか、

それとも、

 

ハウスメーカーの下請け業者と同等の技術があって

価格が安い業者がいいのか、

比較検討すれば

 

外壁屋根塗装という安くはない費用負担があるとしても、

納得して工事を依頼できるはずです。

 

外壁塗装は値段だけではなく、技術力も重視したいものです。

 

小さい会社でも大手ゼネコンの仕事を受注するような

施工実績のある会社を選んだり、

 

建築士などの資格者が在籍する

外壁塗装会社であれば

中小企業でも比較的安心とも言えるでしょう。

 

見積もりを依頼したときに各社に

施工実績などを確認をしてみましょう。

 

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ