赤帽 一人暮らしの引っ越しで評判はどう?格安だった口コミ!



一戸建てやファリリータイプのマンションに住んでいるような

ある程度荷物のある場合は

大手の引越し業者などへいらいするのが

一般的です。

 

ただし、一人暮らしで1Kや1Rで暮らしてるような場合であれば、

荷物もある程度しれていますので、

 

軽トラックで運送業務をしている

赤帽が便利ですし、引越し料金も格安です。

 

赤帽は大手運送会社との比較では、

サービスが充実しているとは

言えないところもあるので評判口コミが気になります。

 

赤帽は引越し料金との兼ね合いでみると

やはり安いのが魅力でコスパは優れています。

 

実際に赤帽を何度も利用した経験を踏まえた

口コミについて紹介していきます。

 

 

一人暮らしで1Kや1Rに住んでいる場合は赤帽が格安に

一人暮らしのアパートや賃貸マンションに

住んでいる場合は、部屋の大きさは

  • 小さい場合で18㎡以下
  • 普通サイズで19~22㎡程度
  • 大きめの部屋でも、30㎡程度まで

といった広さであるかと思います。

 

一人暮らしでも荷物が多い人もいるでしょうけれども、

部屋の大きさからすると、

荷物の量も一定の量になっているはずです。

 

大手の引越し業者の見積もりで、移動距離が100キロ程度でも、

10万円程度の引越し費用は

単身者でも軽くかかります。

 

できる限り引越し費用を安くしたいという場合には、

多くの運送業者の見積もりを取ると同時に、

赤帽の見積もりも依頼してみましょう。

 

実際に、他社で10万円の見積もりがでた引越し料金を

赤帽で3分の1以下の格安料金で引っ越しできたことがあります。

 

赤帽は軽トラだし、安かろう悪かろうじゃないの?

赤帽は確かに、大手運送業者のような中型や大型トラックで

荷物を積み込んでくれるわけではなく、

軽トラックでの運送なので、詰め込める量には限度があります。

 

運送業者の充実したサービスで赤帽にないものは?赤帽は引っ越しする前の洋服の荷造りが大変

例えば、運送業者の場合は、クローゼットに入っている

洋服もダンボールなどに詰め込む必要はなく、

 

移動式のクローゼットにかけかえて、

そのままトラックへ積み込んでくれます。

 

赤帽の場合でも同じサービスをしている

業者もありますけれども、

 

積み込みできるスペースが小さいので、

できるだけ洋服もコンパクトにまとめる

必要がでてきたりもします。

 

引っ越しをする時に、荷造りの段階からある程度楽ができるのが、

大手運送業者といえるかもしれません。

 

ホロタイプの軽トラックに荷物を工夫して詰め込む必要があるので、

赤帽さんも大変ではあるものの、

安い料金というメリットを享受できます。

 

赤帽を使ってみた口コミ!業者選びがポイント!

引越し料金は安く済ませたいけれども、

赤帽は大丈夫なのか心配かもしれません。

 

実際に、赤帽に加盟して営業しているのは個人事業主ですから、

荷物を運ぶテクニックや体力、力量には

差があります。

 

つまり、赤帽は全部OKというわけではなくて、

同じ作業をお願いするにしても、

実際の作業効率や満足度には差が出てきます。

 

一人暮らしの引っ越しで使える赤帽業者の見分け方は?(電話が大切)

赤帽で格安にしかも力量のある業者を見つけるにはどうするべきなのかと言えば、

ネットで赤帽業者をリストアップして、

 

自分が住んでいる市町村やその周辺にある

赤帽に見積もりの電話をしてみましょう。

 

電話をすることでわかることは、

多くあります。

 

  1. 見積価格が安いか
  2. 引っ越しに強いか
  3. 大きな荷物についても対応力があるか
  4. 土日の引っ越しでも料金が変わらないなど、業者による特徴
  5. 得意分野
  6. 誠実な仕事ぶりが期待できるか
  7. フィーリンがあうか

 

私の場合は、以上のような情報を

電話で話すことで感じ取って、

発注先を決めています。

 

ちなみに、私が長年、リピートしていた赤帽業者は

安くて、大きな荷物の取り扱いがうまくて、

誠実さを感じる方でした。

 

しかし、70歳という年齢になってリタイアしてしまい、

別の業者を紹介してもらいました。

 

実際に紹介された業者に電話連絡してみると、

ちょっと事務的な感じで、

自分にはあわないと感じました。

 

人がいいと言っても実際には、

話をしてみると要望に応えられる業者なのかが

わかるので電話での見積もり依頼は

金額の確認だけではなく大切です。

 

 

赤帽を実際に利用してみた料金は安かった!実際の例は?

年々、運送料金が値上げされているので、

赤帽の引越し料金も上昇傾向ではあります。

 

それにしても、

赤帽の運送料金は他社との比較で格安です。

 

具体的には、40キロメートル離れた場所への

引っ越しで、18000円で引っ越しができました。

(積み込みにかかった作業時間1.5時間程度)

 

荷物として大きいものは、

  • ベッドマット(シングル)
  • 布団一組(毛布、タオルケットなど含む)
  • 机と椅子(机は幅100センチ、奥行き70センチの事務机)
  • 洗濯機(5キロタイプ)
  • 自転車(ミニベロ)

という程度。

 

かつての引っ越しでは、

大きめなものとしては

 

  • 冷蔵庫(130リットル)
  • スーパーカブ50

 

もありましたけれども、

ホロツキタイプの赤帽車に

全部積んでもらうことが出来ています。

 

参考記事⇒冷蔵庫そのものを断捨離できた!一人暮らしにおすすめなサイズは?

 

しかも、荷物の積み込みの時に、

手伝ったのは、机の移動だけです。

 

私が依頼した赤帽さんはパワフルな方でしたので、

独りで洗濯機も持ち上げて運搬してくれましたし、

 

ベッドマットも軽く背負って独りで

積み込んでいたのには驚きました。

 

赤帽で良かったーと思った

瞬間です。

 

赤帽を利用で安く済ませるには手伝いも必要!不用品を断捨離すること

私がたまたま出会った赤帽さんは、

身体能力が高い方で助かりましたけれども、

 

積み込みや積み下ろしの作業時間の長さによって

赤帽の引越し料金は変わります。

 

できるだけ安く済ませたいということなら、

自分も積極的に手伝いをすることを

見積もりの時に伝えることが大切です。

 

それから大きな荷物も小さな荷物も、

集まると巨大な体積と

ぎっくり腰でも起こしそうな重さになります。

 

引っ越しをする時に、不要な引っ越し代を削る意味でも、

断捨離が必要です。

 

軽いと思っている洋服も、スーツ1着で1キロ位もあったりします。

 

本などはダンボールにまとめて入れると

持てないほど重たいです。

 

できるだけ今となっては読まなくなったものは

売ることが大切です。

 

特に、学校の先生や研究者、本が好きな人などは

特定の分野の専門書が多かったりするかもしれません。

 

「専門書アカデミー」 などを活用して、

荷物を減らすことが引っ越しを楽にしてくれます。

 

洗濯機や冷蔵庫を買取してもらうには

家電買取なら【リサイクルネット】

に依頼してみましょう。

 

引越し時積み込みの作業量が減って引越し料金を安く出来て、

楽して引っ越しができます。

 

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ