一人暮らしで生活費7万円以下にするには田舎暮らしと健康食が鍵!



一人暮らしをする人が一月の生活費を家賃や住宅ローンも含めて、

7万円以内に抑えて暮らすというのは

 

貧乏生活にも見えますけれども、

住む場所によっては十分暮らしていける水準だったりもします。

 

実際に、国民年金だけで暮らす人は7万円程度しか

月額で支給されていないにもかかわらず、

充実した生活を送っている人たちが大勢います。

 

年金ぐらしの人たちは、やるべきことを成し遂げて、

欲望が少ない生活に満足できると言えばそれまでですけれども、

若者こそ、健康面のリスクが小さい時期ですから、

月に7万円の生活費で暮らしていけます。

 

質素な暮らしを実現させるには健康であって

病気になならない暮らし方をしていくことが

大前提になるとも言えます。

 

実際に一人暮らしの人が月に7万円以内で暮らし続けるためには、

どのような工夫が必要なのでしょうか?

 

 

一人暮らしの生活費の合計が7万円以内に抑えるために、どんな場所に暮らすべきか?

東京都にある世田谷区の三軒茶屋駅付近といえば、

人気地域であることが知られています。

 

三軒茶屋周辺は暮らしていく上で便利なお店、

美味しい外食店、渋谷へのアクセスがよいことなど、

良い点をあげたらキリがないほどで、

芸能人も多く住むと言われています。

 

しかし、人気エリアであることで、一人暮らしをする人が住む

1Kタイプのアパートでも7万円程度の家賃はかかってしまいます。

 

1月の生活費を家賃も含めて7万円で暮らすことを想定すると、

都内の人気エリアでの暮らしというのは

現実的ではないことがわかります。

 

首都圏など都市部に住むより田舎暮らしは家賃が安い

 

ではどんな場所なら家賃が安くなるかと言えば、

できるだけ東京を離れて、

田舎と呼ばれるような場所であれば

世田谷区で7万円の物件と同じグレードの部屋で

3万円以下で賃貸できたりします。

 

もちろん、いきなり東北や北海道、

九州へ移住する必要はありません。

 

東京から離れるだけで同じ関東圏内でも

群馬、栃木、茨城といった北関東は狙い目ですし、

 

埼玉や千葉も、首都圏とは名ばかりのいい感じの田舎には、

そこそこ人口がある割に、

若い人が減ってしまったために、

単身向けのアパートが老朽化して供給過剰になった結果、

やすい賃貸物件があったりします。

 

 

持ち家のローンなら月々の支払額は1万円も可能

思い切って東京から離れる覚悟ができる人は、

最初は賃貸で暮らせるかを実験してみて、

場所が気に入ったら定住することになるでしょう。

 

田舎で賃貸物件に暮らすものいいですけれども、

田舎は土地が安いので中古物件も安いです。

 

1000万円以下で購入できる中古物件は

次から次へと出てきます。

 

500万円程度の住宅ローンは

期間35年

金利2%

の場合で、毎月々の支払額は17000円弱です。

 

完済する年齢は銀行にもよりけりですけれども、

一般的には、75歳か80歳の完済がリミットですので、

40~45歳以下であれば、

35年ローンも組めます。

 

田舎の中古一戸建てを現金で買ってしまうと住居費用はもっと小さい

もしも、まとまった預金がある人なら、

田舎で中古一戸建てを現金で購入してしまうとうのも

夢ではありません。

 

都内で4000万円の中古物件を現金で買うとなれば、

かなり大変なことではありますけれども、

 

田舎には500万円以下の激安中古物件とめぐりあうことも

できます。

 

それどころか、日本全国を探し回ると、

200万円、100万円でもリフォーム無しで住めるような

物件があったりもします。

 

簡単には売れないような物件になってくると、

タダであげてもいいという人も出てくるから

田舎にはチャンスがいっぱいです。

 

もちろん、10年~15年周期では屋根や外壁塗装などの

必要性がでてくるので、

月々の住居費用が0になるということではないにしろ、

月々1万円程度、見ておけば十分と言えるでしょう。

 

月の生活費を7万円として、住居費用が1万円程度で

収まるなら、残りの6万円で

  1. 電気、水道、ガスなどの光熱費
  2. 携帯やスマホ代、PCなどのネット接続費用、
  3. 食費
  4. 交際費
  5. 交通費(ガソリン代など)

といった項目の支払いをすればいいだけです。

 

マンションでも1Kや1Rの購入なら管理費修繕積立金も安い

一戸建てではなくマンションを購入したいという方は

一般的なファミリータイプのマンションでは

修繕積立金や管理費の合計で2~3万円程度にはなってしまいます。

 

修繕積立金や管理費は部屋の床面積に比例して大きくなるので、

1Kや1Rタイプの単身向けワンルームマンションであれば、

修繕積立金と管理費も安くなります。

 

物件にもよりけりですけれども、田舎の安い

ワンルームマンションで修繕積立金と管理費の合計が

1万円以内の物件を探すという方法も有効です。

 

ワンルームマンションには住宅ローンが使えないので、

自ずと現金で購入する選択になりそうですが、

田舎物件なら300万円以下の物件は十分に見つかります。

 

しかもマンションがあるような立地ですので、

県庁所在地であったりして利便性はそこそこ

よかったりします。

 

一人暮らしの人が生活費7万円で暮らすには病気をしないこと!質素な食事ほど健康的

生活費を7万円以下で暮らす条件には、

住居費用を安くするだけではなく、

老いも若きも、健康であることが条件です。

 

暴飲暴食は慎むべきです。

 

そもそも月々家賃も含めて7万円以下で暮らすには

質素を基本にする必要があります。

 

食生活についても豪華な外食を楽しむ生活というよりも

自炊ができることが条件です。

 

朝日新聞社勤務という高給取りの会社員を捨てた

稲垣えみ子さん(独身一人暮らし)の著書

もうレシピ本はいらない 人生を救う最強の食卓

では、

 

昔ながらの和食を中心とした

質素な食生活が絶賛されています。

 

基本は、

  1. 玄米ご飯
  2. 味噌汁
  3. 野菜などのおかず

で毎日のレシピが組み立てられています。

 

稲垣えみ子さんは年よりも肌艶が

10歳~20歳は若く見える人です。

 

健康的で毎日質素な生活に満足できる鍵は、

玄米ご飯と味噌汁、その他の発酵食品を中心にした

慎ましい食生活です。

 

お金がかかりそうな豪華な洋食とは

無縁の生活で

 

貯金が減らないのが悩みのタネと言わんばかりの

充実ぶりなので是非参考にしてみてください。

 

雑草を食べて健康的に食費を削る

ケチケチするわけではないですけれども、

雑草は体にいいと言われています。

 

ケチるのではなく、体にいいことを突き詰めていくと、

お金がかからない田舎暮らしになったりします。

 

おいしい雑草 摘み菜で楽しむ和食

では、

  • スギナのおにぎり、
  • ヨモギのパンケーキ

 

などのお金がかからない健康レシピが

紹介されています。

 

雑草を食べる気になれるきれいな水や空気がある環境は

山奥のど田舎にあります。

 

 

電気代を安くするには冷蔵庫なしの生活もありえる!

生活費の一部に電気代があります。

 

家電製品で最も電気代がかかっているのが

冷蔵庫です。

 

寝ている間も、外出している間も、

24時間、365日、冷蔵庫に1品でも入っていれば

動かし続けなければなりません。

 

参考記事⇒冷蔵庫そのものを断捨離できた!一人暮らしにおすすめなサイズは?

もしも、冷蔵庫無しで暮らせるなら

電気代は月額1500円以下で間に合います。

 

ただし、超ド田舎の山の中で暮らす場合は

買い物に行くのが大変かもしれませんので、

 

ライフスタイルによっては、冷蔵庫もうまく活用しても

いいと思います。

 

ガス代を安く抑えるには、温泉付きリゾマンや共同浴場の利用も!

東京から離れて田舎へ引っ越しても、そこそこの人口がある場所なら、

都市ガスが利用できたりします。

 

しかし、現実の田舎暮らしはプロパンガスが主流といえるでしょう。

 

ガスはキッチンと浴室で使いますけれども、

特に、お風呂に入ることでガス料金が高くなります。

 

そこで、注目したいのは温泉付きのリゾマンです。

 

田舎のリゾマンはワンルームマンションが中心で

物件価格は激安です。

 

具体的には、湯沢町、草津町、みなかみ町、

日光市、

などに激安の温泉付きリゾマンがあったりします。

 

注意点は温泉利用ができる分だけ

管理費が高いことです。

 

温泉が出るような観光地の中古住宅や

賃貸アパートを借りて住んで、

地元の激安な共同浴場を毎日利用するとうい方法もあります。

 

参考記事⇒GW宮城県観光の穴場は大崎市鳴子温泉郷にある秘湯=川渡温泉の共同浴場!

 

月額7万円の予算が余った範囲で交通費を捻出!ドライブで自然を満喫

毎月の生活費の内訳は

  1. 住居費用(家賃やローンなど)
  2. 電気、ガス、水道などの光熱費
  3. 電話、PC、スマホ利用のネット回線
  4. 食費
  5. 交通費(ガソリン)

などです。

 

もっとも大きな住居費用が田舎暮らしをすることで、

毎月1~2万円程度に抑えられるなら、

 

月の予算7万円から差し引くと

5~6万円も住居費以外の部分に利用できます。

 

一人暮らしの光熱費やネット回線代、食費だけであれば、

5万円以内に収めることは十分できるはずです。

 

残った部分で、せっかく田舎暮らしをしているわけですから、

車を使ってドライブにでかけるなどして、

美しい自然を満喫しましょう。

 

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ