ルイボスティーはがんに効果?高倉伸幸教授は毛細血管ゴースト化予防に推奨



毛細血管は、血管の99%を占める重要な臓器である反面、

一般の血管との違いについてはあまり

認識されてきませんでした。

 

毛細血管は動脈と静脈の間に網目状に張り巡らされていて、

毛細という名称通り、口径が非常に小さいので、

劣化してしまいやすい性質もあります。

 

毛細血管の血管年齢が若々しくあることが

がん予防を始めとして成人病予防につながることが

考えられています。

 

毛細血管に詳しい、高倉伸幸教授は大阪大学微生物研究所で

がんの根治治療の研究を行っています。

 

癌ができるメカニズムを血管の領域を通して解明し、

癌ができるメカニズムから逆算して、

根治治療を開発しようとしています。

 

毛細血管のゴースト化はがん予防の意味でも

避けたいのですけれども、

高倉教授は予防する飲み物としてルイボスティー

推奨しています。

 

 

高倉伸幸教授は毛細血管とがんの根治治療の研究者!

高倉伸幸教授は大阪大学微生物研究所に所属する研究者で、

国家的なプロジェクトとして、

 

「がんの根治治療」の研究を行っています。

 

著書には、「がんのすべてが分かる本」があります。

 

この本の中で高倉教授はがん組織を生み出す大元になっている、

「がん幹細胞」の存在を説明しています。

 

がん幹細胞から生み出された一般のがん細胞は、

抗がん剤や放射線治療、温熱療法などによって

死滅させることができるのですけれども、

 

がん組織を形成する大元になっている

がん幹細胞は抗がん剤、放射線治療に対して

耐性があるの死滅しないのが現状なのです。

 

つまり、現在のがん治療ががんを完全に

治癒させられない理由ががん幹細胞を

死滅させせる治療を行っていないからです。

 

高倉教授は、まだ解明されていないメカニズムを解明し、

がんの根治治療を目指している研究者なのです。

 

高倉伸幸教授のプロフィールは大阪大学微生物研究所高倉研HP

ご参照ください。

 

高倉伸幸先生が毛細血管のゴースト化を促進する生活習慣として指摘したものは?

「健康カプセル!ゲンキの時間」(2017/6/18)に高倉伸幸教授が出演され、

50歳代の人たちに対して、生活習慣についての質問をしています。

 

  1. 運動習慣がどの程度あるのかないのか?
  2. 血液検査の結果どのような食生活をしているのか?
  3. 睡眠時間は6時間以上寝ているのか?
  4. 毎日0時前に寝ているか、夜更かししているか?

 

運動不足がゴースト血管に

毛細血管にゴースト化がみられて人については

運動をする週間がない人もいました。

 

ウオーキングなどの適度な有酸素運動をすることによって、

毛細血管のゴースト化は予防できるので、

一定時間歩くことは心がけるべきでしょう。

 

食べ物に毛細血管のゴースト化が影響される

また、血液検査の結果、悪玉コレステロールが多かったり、

中性脂肪が高かったり、高血糖などがあるということは、

 

食べ物が偏っていることを表しています。

 

ゴースト血管を予防する意味ではバランスの取れた食事が必須です。

 

揚げ物は美味しいために癖になったりしますし、

スイーツなどの甘いものが好きな人は食べることが

習慣化してしまい、量が多くなりがちなので

注意したいものです。

 

睡眠は血管を修復する時間

睡眠時間が6時間未満であり、夜0時過ぎまで

夜更かししている人達は血管がゴースト化している

傾向もみられました。

 

睡眠をとることによって血管だけではないですけれども、

体の傷んだ部分が修復される時間です。

 

十分な睡眠時間がないことは、毛細血管の十分が修復も

完了しないまま目覚めることになるので

睡眠不足には注意をしたいものです。

 

朝起きる時間が決まっているとしたら、夜更かしは

睡眠不足につながりますので気をつけたいですね。

 

十分に睡眠をとれていないことが毛細血管のゴースト化につながり、

毛細血管のゴースト化は低体温にもつながります。

 

体の体温が下がると白血球も活発に働かず、

免疫力も低下していまいますので

 

心筋梗塞、脳梗塞などの成人病を始めとして、

さまざまな重大な病気に発展していまいかねません。

 

毛細血管のゴースト化を予防し、血管年齢の若返りをするのはルイボスティー!その効果は?

ルイボスティー

高倉伸幸教授によると、毛細血管のゴースト化を予防する

飲み物としてルイボスティーを推奨しています

 

ルイボスティーには血管と血管の細胞をくっつけたり、

毛細血管を覆う壁細胞(へきさいぼう)を接着させて血管の構造を安定化する

働きがあることが指摘されています。

 

ルイボスティーには、毛細血管にあるTi2(タイツー)という

成分を活性化させて、

血管内皮細胞同士の結びつきを強めて、

壁細胞同士もくっつける作用があります。

 

渡辺満里奈はルイボスティーとシナモンで毛細血管年齢が若返り!

渡辺満里奈さんは、以前、46歳の年齢に対して、

血管年齢が40歳と高倉教授に診断されています。

 

満里奈さんは、以来、毛細血管の若返りによる美肌効果を実現するために、

高倉教授の推奨するシナモンルイボスティー

毎日摂り続けるようにしてきました

 

結果として、2017/6/18の放送時には

毛細血管の年齢が25歳と診断され、

見事に若返っていました。

 

ルイボスティはがん予防の効能もあるのか?

ルイボスティーに直接的に、抗癌作用があるというわけではないでしょう。

 

しかし、毛細血管を若々しく保つことで、

血流が良くなると免疫力がアップします。

 

ですから、ルイボスティーは間接的にがん予防など

健康維持に広く貢献しているといえるでしょう。

 

がん治療中で免疫力を高めたいという方にも

血流改善と免疫力アップで病気と闘う力が

高まるのではないでしょうか?

 

ルイボスティーは冷え性も改善!

ルイボスティーは毛細血管を若返らせて、体全身の

血流を良くしてくれることが分かりました。

 

結果的に冷え性も改善することにつながります。

 

冷え性を放置すると重病につながりますので

できることなら改善するべきなのです。

 

参考記事⇒小林麻央 冷え性や低体温を改善せず後悔!漢方生薬で乳がんや病気予防を

冷え性で乳がんをわずらったのは

小林麻央さんだけではありません。

 

山田邦子さんも極度の冷え性であることで

知られています。

 

ルイボスティーにはアンチエイジング効果も

がん予防を考える時にはアンチエイジングもキーワードです。

 

ルイボスティーはノンカフェインであり、カルシウムやビタミンが

豊富に含まれています。

 

さらに、抗酸化成分も含まれていることから、

アンチエイジングにも寄与するのす。

 

また、活性酸素は毛細血管にダメージを与えてしまいますけれども、

ルイボスティーの抗酸化作用によって、

 

活性酸素を除去することで、

毛細血管を守るだけではありません。

 

活性酸素を除去することで、

老化予防、老化によるがんを予防につながるのです。

(がんは老化することで発生しやすくなります)

 

原産地の南アフリカでは不老長寿のお茶として、

飲まれてきました。

 

ルイボスティーの抗酸化作用によってアンチエイジングになるだけではなく、

アレルギー体質の人が多く発症する、

 

花粉症や喘息、アトピー性皮膚炎なども改善することが

期待できるのです。

 

 

ルイボスティーは品質も大切

ルイボスティー比較

ルイボスティーにはアンチエイジング効果があることや

血管年齢を若々しく維持する効能があることがわかりました。

 

市販されているルイボスティーはドラッグストアやスーパーでも

購入できますけれども、

 

できるだけ赤味が強くでるものが

効果が高いです。

 

お薦めは信頼できる大手上場企業が販売している

美容茶 ルイボスティー です。

 

他社のルイボスティーとの品質に大きな違いがあるので、

飲み比べてみてはいかがでしょうか?

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ