血糖値スパイクの予防法とは?希少糖が糖尿病も抑制する効果!



NHKスペシャルでは、血糖値スパイク(=グルコーススパイクの危険性と

予防法が紹介されました。

 

糖尿病でもない人が食後に血糖値が急上昇してしまう

血糖値スパイクによって、

 

心臓病などの病気が引き起こされ死に至る

危険性がるので何としても予防をしていきたいものです。

 

NHKスペシャルでは紹介されなかった

新たな発見として、

 

血糖値スパイク予防と糖尿病の予防にも効果がある

香川大学が発見した希少糖について紹介していきます。

 

NHKスペシャルでは血糖値スパイクの危険性と予防法が紹介!

食事を食べたすぐ後の短時間にだけ、人知れず血糖値が急上昇し、

やがてまた正常値に戻る。

それが、「血糖値スパイク」。

食後時間がたった状態で行われる通常の健康診断では、

見つからないことも多い。

ところが最新調査で、なんと1400万人以上の日本人に

「血糖値スパイク」が生じている可能性が明らかになってきた!

出典:該当者1400万人以上?新たな脅威「血糖値スパイク」とは

 

血糖値スパイクは糖尿病にかかっていない人でも

食後に血糖値が急上昇後に急下降することで

 

発症している病気といえるのです。

 

身内に糖尿病の人が多いなど遺伝的に糖尿病に

なりやすい人は特に注意が必要とされます。

 

血糖値スパイクの症状は?

血糖値スパイクを測定するには、食後に血糖値を測定するなど、

めんどうな検査が必要です。

 

簡単に、自覚症状として血糖値スパイクの疑いが

あれば病院での検査を受けてみるというのも

健康管理上は有益です。

 

食後に、血糖値スパイクが起きたときの症状とは、

次のようなものです。

 

  • 交感神経刺激症状(発汗、不安、動悸、頻脈など)
  • 頭痛
  • 眼のかすみ
  • 空腹感
  • 眠気

 

血糖値スパイクを放置した時のリスクは急死にも!

 

食後にちょっと横になって休んでいたところ、

心筋梗塞で急死するような例は

血糖値スパイクの影響も考えられるのです。

 

NHKスペシャルでも、血糖値スパイクを放置するリスクとして、

脳梗塞や心筋梗塞を挙げています。

 

その理由は、血糖値スパイクによって血管が

傷つけられてしまうからです。

 

 

NHKスペシャルで紹介された血糖値スパイク予防法とは?

血糖値スパイクの予防法は非常に簡単な心掛けが必要だと

紹介されています。

 

◆対策1 食べる順番は「野菜」⇒「肉・魚」⇒「ご飯・パン」

◆対策2 「朝ごはん」はちゃんと食べよう!「ごはん抜き」は厳禁

◆対策3 「食後すぐ」の「ちょこちょこ動き」が効果的!

出典:どうすれば”血糖値スパイク”を解消できる?

つまり、サラリーマンのライフスタイルによくありそうな、

朝食を抜いてしまって、

 

お昼に、ラーメンやうどん、丼ものをドカ食いしてしまう傾向は

血糖値スパイクのリスクを高めてしまうということになります。

 

また、食後にちょっとした運動をすることが、

横になったら心筋梗塞などで急死するリスクを

予防することもわかります。

 

ただし、以上の3つの心掛けを常にできるとも

限りません。

 

もっと、効果的な予防法はないのでしょうか?

 

NHKスペシャルで紹介されなかった血糖値スパイクを予防する希少糖とは?

実は、讃岐うどんで有名な香川県は糖尿病患者が多い県として

知られています。

 

香川県にある香川大学農学部で発見された希少糖(D-プシコース)には、

糖尿病事態を予防する効果もありますし、

 

血糖値の異常な上昇(血糖値スパイク)を抑制する

効果があることが分かっています。

 

というのも、香川大学が発見した希少糖は、

砂糖の7割程度の甘みがありながらも、カロリー0であるだけではなく、

インスリンの分泌を誘導しないという優れモノなのです。

希少糖で糖尿病や血糖値スパイクも予防可能!

希少糖(「夢の糖」希少糖(D-プシコース)レアシュガースウィート500g )を食事に混ぜるだけで、血糖値スパイクや糖尿病

を予防することができます。

 

甘いお菓子が好きな人は希少糖を使って、

自分でお菓子作りをすれば、

 

糖尿病や血糖値スパイクを抑制しながら、

お菓子を食べることができますね。

 

また、糖質ダイエットも不要になる可能性もあります。

⇒山本耕史は炭水化物を食べない肉食中心のダイエットは死亡率を高めていた!
もご参照ください。

 

糖尿病にかかっている人は薬の治療だけではなく、

家庭で使う砂糖を希少糖に切り替えることを

お薦めします。

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析