夏に簡単に5kg痩せ下腹部をダイエットする食事方法とは?玄米で便秘も解消!



ダイエットをしようと決意をする人が多い時期です。

夏の目標は5kg痩せる、というひと、

10kg痩せるという人、それぞれだと思います。

 

普通の生活をしていて簡単に痩せられる食事方法

この夏だからこそ実践すれば、

確実に痩せられます。

 

しかも習慣にできれば痩せた状態を維持できて、

リバウンドもない方法です。

 

特に下腹部がポッコリと出ているのをすっきりと痩せてしまう、

本当は教えたくない食事方法を公開していきます。

 

 

夏は新陳代謝がよくなって、ダイエットをするチャンス!

夏は気温が上がるので人間の体の調子が冬に比較してよくなります。

 

体内の余分な水分も汗として外に出やすくなりますし、

運動をしていなくても、

 

いい汗をかいてしましまいます。

 

夏の時期はダイエットで痩せるには最も効果が出やすい時期と

考えられます。

 

熱中症に注意しながら、夏の暑さにエアコンを利用しなければ、痩せられる!

世間では熱中症に注意をしてエアコンを上手に使ってくださいと

アナウンスがされます。

 

勿論、熱帯夜などはエアコンを利用するべきですし、

上手に使うことは大切です。

 

しかし、基本的にダイエットを目指す人なら、

エアコンを極力少なく利用するということを

前提に生活を組み立てましょう。

 

暑い夏のおかげで、どんどん汗が出ます。

水太りといいますが、体内に余計な水分があると

むくみが生じてしまいます。

 

体調を整えるという意味でもエアコンの使い過ぎには

注意をしながら、むしろ、夏の暑さを利用して

体調不良を改善しながら水太りを解消しましょう。

 

ダイエットをするために便秘を解消する食事方法とは?

ダイエットを志す人の多くは便秘で悩んでいます。

 

いやいや便秘どころか下痢気味であるという人も、

出てくるウンチがコロコロとした短い便で、

 

すっきりとした快便になっていない人が多いのではないでしょうか?

 

ダイエットを成功させるための大前提は

すっきりと、どさっと、快便があって、

 

体内の老廃物が外部に体調にすることで、

体が自然に痩せていきます。

 

具体的には、玄米を主食にすることで、

便秘気味な体調不良が改善されます。

 

【「朝4時起き」で、すべてがうまく回りだす】の著者は玄米で実際に便秘が解消した方法を証明!

玄米でどっさりと、ウンチが出て、便秘が解消された証拠を

お見せします。

 

【「朝4時起き」で、すべてがうまく回りだす】の著者池田千恵さんは、

本中で次のように教えてくれています。

 

玄米は食物繊維が豊富。私は玄米食と早起きの習慣で、

小学生のころから悩んでいた頑固な便秘が解消しました。

今では1日に1回、時には2回、スルッとお通じがあります。

老廃物がスルッとでると、体調も最高潮。朝から元気に

エンジンがかかります。

出典:「朝4時起き」で、すべてがうまく回りだす

 

本のタイトルからわかる通り、ダイエット本ではないのですが、

体調を整える方法の1つとして紹介されています。

 

玄米を主食にした食事にすることで、

朝4時に起きなくてもダイエット効果は十分にあります。

 

なぜなら、便秘にならずに、不要なものが外に

出てくれるから。

 

ダイエット本ではないですが、夜更かし気味で自分を

制することができずらい人には健康的な体を作る意味では

お薦めできる本です。

 

太っている人は傾向的に便秘気味の人が多いので、

便秘が痩せられない原因にもなっているとも解釈できます。

 

ダイエットをする上で、食物繊維が豊富な野菜を豊富にとることを

すすめられるのですが、

大量の野菜を食べるのは簡単ではありません。

 

しかし、ご飯が玄米であれば、食物繊維は

かなりの量になりますので、野菜がちょっと不足した場合でも

体調が抜群によくなってくれます。

 

簡単に知らず知らずのうちに痩せるには、玄米主食のベジタリアンになること

ダイエットは実は簡単なんです。

 

主食を白いご飯(白米)ではなく、玄米にすることで、

解消してしまいます。

 

玄米は美味しくないという噂がありますが、

玄米を食べるようになると白米がまずくなりますので

心配無用です。

 

しかも白米よりも固いので、しっかりとかまないと

飲めません。

 

つまり、ドカ食いをして太るということが

なくなるわけです。

 

ただし、完ぺきにダイエットを成功させて痩せるためには、

おかずのレシピも工夫する必要があります。

 

基本的にはベジタリアンに近い食事が望ましいのですが、

そうもいきません。

 

十分に栄養を取る意味では、たんぱく質が必要です。

タンパク源としてお薦めなのが納豆です。

 

注意するべきなのは肉や油を多く使ったおかずを食べるのは

NGとしてください。

 

ですから、油を使わなくても食べられる魚介類が

お薦めになります。

 

油分も人間の体には必要ですが、ダイエットを

考えたときには飽和脂肪酸がバターやマーガリンも

カットするほうがよいでしょう。

 

朝ごはんといえばパンにマーガリンが楽しみな人も多いかと思いますが、

お薦めは玄米を主食にした食事です。

 

太る原因は間食!食べるものを厳選してダイエット!

食事の方法は以上のとおりですが、食事と同じく、

1日の中で間食をする人も多いです。

 

ダイエットをしたいという人の99%は間食をしているはず。

 

間食やお菓子が嫌いな人を知っていますが、

お菓子を食べる習慣がなく、痩せています。

 

では、間食を辞めればいいのでしょうか?

 

間食は習慣の問題ですけれども、

簡単にやめられないでしょう。

 

ですから、間食をするときに食べるものを

厳選しましょう。

 

甘いものでも辛いものでも、

お菓子を食べないことです。

 

お菓子ではなく、果物を食べることで

食物繊維も摂取できます。

 

さらに、果物に入っている果糖では

糖尿病にはならないというデータもあります。

 

間食をするときに、ケーキ、クッキーのような

乳製品を使っていて、飽和脂肪酸が多く含まれそうな

 

ものを避けて健康的なものを間食用に準備しておくと

よいでしょう。

 

ダイエットというとなるべく食べないという

カロリーコントロールが叫ばれますが、

 

以上のようなどんどん食べる

ダイエット法は簡単なやり方で確実に結果が出る方法です。

 

5kg確実に痩せ、下腹部をへこます食事の習慣は?

個人的には、太る体質ではなく、長年同じ体重をキープしてきました。

にもかかわらず、ここ数年で体重が5kgも増えていました。

 

しかも、太っているのは下腹部だけ。

 

お腹が張っている感じで気分もよくありませんでした。

 

その理由は、食べてからすぐに寝る習慣があったためです。

 

夕食を食べてから寝るまでに3時間はあけるようにしてから、

体重は自然に元にもどりました。

 

朝はお腹がすいて起きるというのが

lコンディションも良好な状態です。

 

脂っこいコロモが多くついたものを寝る直前に食べて寝るという

最悪な習慣はしないように心がけたいものです。

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析