鈴木香音は見た目を気にしているが、今後ほくろはどうなる?自虐ネタはほどほどに!



 明るい笑顔とぽっちゃりキャラでアピールしていた

モー娘の鈴木香音(1998年8/5生まれ)さんが、

最近激ヤセしていることで注目を集めています。

 

もっときれいに見られたいという見た目を気にする

乙女心に加えて

 

アイドルという職業上ビジュアル面の良さを追求する

という点で鈴木香音さんの努力を

応援したいと思います。

 

自虐ネタが好きな鈴木香音さんの見た目と「ほくろ」について

コメントします。

 

 

 

 見た目を綺麗にするダイエットで鈴木香音さんは精神的に大人になれる

鈴木香音さんは

CBCラジオ番組「いつでもカンノンスマイル」

で自分のことを、

食べることが好き」だ、

と言っています。

 

 

ダイエット前の鈴木香音さんに限ったことではなく、

太っている人は、

 

間食のお菓子とか、

余計なものを食べ過ぎる傾向が

ありますね。

 

鈴木香音さんは、

これまでぽっちゃりも売りにしてきましたが、

学生のうちは可愛くて

よかったかもしれません。

 

鈴木さんがこれから年をとって、

大人の女性になっていくと見られ方が

変わってきます。

 

大人の女性が食べたいものは

好きなだけ食べる

というような、

 

節度のない生活の仕方をしては、

イメージダウンになります。

 

栄養分をしっかりとるという食事の重要性は

大前提ですけれども、

 

ダイエットはセルフコントロールの意識を持つ

という意味では鈴木香音さんの成長にとって

有意義だと思います。

 

鈴木香音さんの目的通り、

痩せることで、

ビジュアル面の美しさ

増していきますよね。

ほくろ

ほくろ

 

見た目・ビジュアル面を磨くという意味では、

ほくろについて鈴木さんはどう思っているのでしょうか

気になります。

 

鈴木香音さんの持ち味である自虐ネタも

人気の一因です。

 

ダイエットをしてさらに綺麗になって今後、

今までのイメージを変化させる時期にあるのかも

しれません。

 

きれいな顔立ちとほくろの関係、今後のイメージについて

考えてみました。

 

ほくろはチャームポイントで取るのは惜しい。鈴木香音さん得意の自虐ネタでほくろを語るとイメージダウンにも?

 

鈴木香音さんが、ご自身の見た目・ビジュアルを

磨いていくという意味で、

今後、彼女のチャームポイントの

ほくろに注目が集まる気がします

 

 

気になるから、ほくろ除去するのは簡単ですけれども、

折角のチャームポイントがなくなるのが残念ではあります。

 

ただ、その一方で、心配なこともあります。

 

鈴木香音さんがラジオで

 

「小中学生時代に、真っ黒に日焼けした

自分自身の写真」を見て、

 

「焦げパンとか、黒いお化け」なんて、

自虐的に語っています

 

このことから、連想したのですが、

 

鈴木香音さんは鼻の脇にほくろがあるから

という理由で、

 

自分のほくろを「鼻くそ」とか、

自虐的に語ってしまったり、

 

お笑いのさんまさんあたりが、

 

鈴木香音さんをおちょくって、

「おい、鈴木、鼻くそついてるぞ」

とか言われるのはかわいそうです。

 

折角のダイエット効果がでた

「美女・鈴木香音」も、

あだ名が「鼻くそ」では、困ります。

 

やや、ぽっちゃりだったことを自虐的に「ドラえもん」

だとか、言っていると、

鈴木香音⇒ドラえもん⇒ただのデブ

 

といった悪いイメージがつくのと同じで

良くないです。

 

ほくろのことも、チャームポイントとして、

見ているファンも多いので、

自虐的にはとらえて欲しくないです。

 

具体的に、

ほくろがチャームポイントになっている美人では

女優の蒼井優さんや、松雪泰子さんがいますね

 

一方で、ほくろを取ってしまった女優では、

「ど根性がえる」に出演している

ヒロシの母役を務める、

薬師丸ひろ子さんが有名ですね。

 

泣きぼくろが特徴的で

とてもよかったので残念です。

 

 

 

 

鈴木香音さんのほくろについても、

最終的には、本人が決めることでしょう。

 

 

体重減量で北斗晶が激ヤセする食事制限で二重顎や肥満の解消法についてはこちら!

 

ほくろがいいという人と、とった方がいいという人で

 意見が分かれるので余計に

注目が集まりますね。





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ