猪子寿之 東京大学出身のプロフィールがプロフェッショナルな独創性を生む!



猪子寿之さんが、NHKプロフェッショナル仕事の流儀で紹介されます。

 

創造的なデジタルクリエイターとして、

猪子さんは、世界的な評価を受けているのですが、

 

人は、猪子寿之さんのことを、変人、天才、オネエみたいとか、

いろいろ評価しています。

 

とらえどころがないので、とりあえず、「日本のスティーブ・ジョブズ」と

呼ぶ人もいるくらいです。

 

果たして、猪子寿之さんのようなクリエイティブな

独創性豊かな仕事は天才だからできるのでしょうか?

 

猪子寿之さんの東京大学と大学院出身のプロフィールにも

答えがあるように感じています。

 

東大生が変化していく兆しを猪子さんを通して

感じ取れるのです。

 

 

猪子寿之プロフェッショナル仕事の流儀で独創性が紹介される!

子供がクレヨンで描いた魚の絵が、壁を泳ぎ始める“お絵かき水族館”。

人が近づくと、映し出された稲穂がそよぎ、幻想的な波紋が広がる、

ミラノ万博日本館。今大人気のデジタルアートで、

世界から熱い注目を集めるデジタルクリエイター猪子寿之(39)。

その圧倒的な独創性は、米ニューヨークタイムスやウォールストリートジャーナルでも紹介され、

「日本のスティーブ・ジョブズ」との呼び声も高い。

「一人では何もできないダメ人間」だと自らを評する猪子。

大の遅刻魔な上、会議中にぐっすり寝入ってしまう。

だが、突然新たなコンセプトを提示するかと思えば、難題にぶち当たっていた

プログラマーに根本的な打開策を授ける。

その裏には、物事の本質だけを徹底して研ぎ澄ます、独自の思考法がある。

この春猪子は、シンガポールのミュージアムで、

さまざまな動物が暮らす“命の森”をデジタルで作ろうと挑んだ。

果たしてその行方は・・・?

世界が注目する稀代のクリエイター。その独創性の源に迫る。

出典:革新は、チームで起こす デジタルクリエイター・猪子寿之

 

NHKプロフェッショナルの流儀で紹介される

猪子寿之さんは、独創性がハンパないことで知られています。

 

そして、テレビ番組では、猪子さんの独創性の源とは何かを

追求しようとしています。

 

猪子さんの独創性の源になっているのは、

日本の文化を世界へ発信しようという内なる気持ちが

根底にあります。

 

猪子さんの能力としての独創性は実は、

天賦の才能というよりも、

 

猪子さんが東京大学工学部や大学院で学んだ

ことが基本にデジタルクリエイターとして、独創性を発揮して

いるようにも見えます。

 

具体的に猪子さんのプロフィールを見ていきましょう。

 

猪子寿之プロフィールに隠された東京大学生の独創性の高さを証明!

猪子寿之さんが公開している

プロフィールを見ていきましょう。

 

ウルトラテクノロジスト集団チームラボ代表。

1977年生まれ、徳島市出身。

2001年東京大学工学部計数工学科卒業と同時にチームラボ創業。

大学では確率・統計モデルを、大学院では自然言語処理とアートを研究。

チームラボは、プログラマ・エンジニア(プログラマ、UIエンジニア、DBエンジニア、ネットワークエンジニア、

ロボットエンジニア、コンピュータビジョンエンジニア、ソフトウェアアーキテクト)、

数学者、建築家、CGアニメーター、Webデザイナー、グラフィックデザイナー、

絵師、編集者など、情報社会のさまざまなものづくりのスペシャリストから

構成されているウルトラテクノロジスト集団。

サイエンス・テクノロジー・アート・デザインの境界線を曖昧にしながら、

WEBからインスタレーション、ビデオアート、ロボットなど、

メディアを超えて活動中。

出典:チームラボ猪子久幸 プロフィール

 

猪子さんが創造的な仕事をしていると言われ、

日本のスティーブ・ジョブズと

言われたりするのは、チームラボでの仕事ぶりです。

 

しかし、その背景にあるのは、東京大学工学部部計数工学科での

数学と物理で基礎を深く学んできたからにほかなりません。

 

東大生は頭脳がとびきり優秀なのは誰もが知っています。

 

半面で東大生は頭でっかちで、創造性はいまいちである

という評価がないわけではありません。

 

猪子さんのような超創造的な仕事かどうかは別として、

学問の基礎を深く学んでいることや、

 

基礎を深く学ぶ力があるからこそ、

基礎を応用して、創造的な仕事をする

頭脳パワーにあふれていいることも事実です。

 

東大出身者は小学生の教育の分野からスタートして、

実業界に至るまであらゆる分野で実は創造的な

仕事をしています。

 

例えば、小学生への指導であれば、多くの教師が、

既存の教科書やプリントを使った指導をするの対して、

 

東大出身者ならば、自ら効果的な教材を作成するという風に

オリジナルなものを作り上げます。

 

実際のビジネスでも、消費者にとって

必要なサービスを仕組みとして作り上げるような

創造性が東大出身の特徴としてあります。

 

一例としては、マネックス証券の創業者である松本大氏は、

ネット証券を創業して、様々なサービスを日々、創造しています。

 

松本大氏は東大法学部出身者です。

 

独創的な仕事を心がけてしようとする猪子さんには、

頭の良さではほかの東大生にはかなわないという

認識もあるでしょう。

 

「地元の公立内町小学校⇒地元の国立大学付属中学⇒地元の公立高校」を

卒業した猪子さんと比較して、

 

⇒菊川怜 東大卒で塾、女子御三家桜蔭高校でもトップクラス?実家浦和=緑区の地域性とは?

の記事にあるようなエリートが東大には多いのが実情。

 

1つの問題を研究して極めていくという仕事であれば、

猪子さんと言えどもかなわないような人たちが

世界中に多くいるはず。

 

頭の良さを生かすために、視点を変えて、

創造的な仕事をするというコンセプトで

 

日本の文化を世界へ発信して

日本を元気にしていくという使命をもって、

才能をいかんなく発揮しているのではないでしょうか?

 

チームラボは文京区にあり今後も東大出身者が戦力か?

猪子さんが代表を務めているチームラボは東京都文京区本郷にあります。

東大初のベンチャーという言われ方もしています。

 

東大の近くで活動をしている点でも、

クリエイティブな仕事をしていくうえで

優秀な人材を確保していく狙いがあるでしょう。

 

一人では何もできない、変革はチームで起こすという

信念で、

 

これからも東大DNAを持ったすごい人材が

猪子さんの周りに増えて、

チームラボを盛り立てていくのではないでしょうか?

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析