下痢を治すには漢方薬 半夏瀉心湯の常備?効果をネット上の口コミで確認!



普通に生活をしているだけにもかかわらず、

ちょっと食べすぎたり、食あたりを起こしたりして、

 

急に下痢になることがあります。

 

下痢は予期せずに置きますから、常備薬として

漢方薬を用意しておくと重宝します。

 

食べ過ぎにはキャベジン(安中散)がありますが、

キャベジンでは、下痢には対応できません。

 

下痢をするようなときのファーストチョイスとして、

半夏瀉心湯があります。

 

半夏瀉心湯の下痢以外の効果についても

ネット上の口コミを見ていきましょう。

 

 

半夏瀉心湯の効果は?下痢だけではない各種効能や口コミをネット上から紹介

便秘気味の人には想像がつかないかもしれませんが、

世の中には下痢気味の人がいます。

 

半夏瀉心湯は胃腸が虚弱な人に対してはファーストチョイスになる

漢方薬です。

 

おなかが鳴って、下痢や軟便になりやすいタイプには

急な下痢があったときには効果的でしょう。

 

 

うまくマッチすると、漢方薬といえども即効で

下痢をともなうおなかの調子を整えることもわかります。

 

半夏瀉心湯の下痢以外の効能は?

 

また、下痢までいかなくても、おなかが鳴って、軟便になるような

場合にも効果を発揮しています。

 

 

吐き気や嘔吐に半夏瀉心湯

 

半夏瀉心湯は吐き気、嘔吐にも服用される漢方です。

 

口内炎に半夏瀉心湯!

 

半夏瀉心湯が効く人は口内炎ができたときにも

常備薬として活用している人が多くいます。

 

100歳まで元気にすごす漢方読本の著者である

青山杵渕クリニックの漢方医である杵渕彰先生は、

 

体力が比較的強い人の口内炎には黄連解毒湯や黄連湯を利用して、

体力が中間の人には半夏瀉心湯で効果が出る

処方した実績を本でも紹介しています。

 

つわりに半夏瀉心湯

 

つわりにも応用される点が、半夏瀉心湯の特徴です。

 

半夏瀉心湯は不安や不眠などへも

 

さらに、漢方の名人になると不眠や不安を訴える

更年期障害の女性にも応用したりします。

食欲がなくて、胃がむかついていて、上気して頭から流れるような汗がある

ような更年期障害に利用します。

 

以上、半夏瀉心湯のネット上の口コミですが、

実際に専門家も認める一般的な効能になっています。

 

 

半夏瀉心湯以外に下痢の漢方薬は?

軟便に半夏瀉心湯は使われるのですが、

水下痢になったときには真武湯です。

 

普通の下痢ではなく、便が水のように流れ出る時です。

 

水下痢はかなりつらいですけれども、

【第2類医薬品】(真武湯) はおなかを落ち着かせてくれ、

不思議なもので水下痢がおさまります。

 

真武湯については、

参考記事⇒真武湯の効果は疲労困憊した人へ!名医とよばれる漢方医を探す方法とは?

もご参照ください。

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ