補中益気湯で 風邪をひかなくなった!疲れやすい体質が改善か?



週末になると仕事の疲れで風邪をひいてしまったり、

正月のまとまった休みに入って急に熱が出て寝込んでしまったことは

ないでしょうか?

 

私の場合も、かつては、季節は関係なく、春夏秋冬いつでも

風邪を引きやすい虚弱な体質でした。

 

しかし、現在では風邪をひかなくなったとひしひしと実感しています。

何年も経過します。

 

今振り返ると、漢方薬の補中益気湯を長期服用したことが

体質改善をしてくれたのかもしれないと思っています。

 

 

ひどい風邪に懲りて、補中益気湯を服用、風邪をひかなくなった?

 

かつての自分は、寒い季節に風邪、

疲れると風邪をひいたりと、

 

風邪は、定期的にかかるものだと思っていました。

 

今では、風邪を引いて寝込んだりすることがなくなったのが

うそのようです。

 

 

かつては、インフルエンザではないかと思うほどの

高熱や頭痛、身体の節々の痛みや倦怠感、

 

吐き気、下痢など、

身体が丈夫な人ならならないような症状を

伴う風邪をひいていました。

 

 

風邪をひいて寝込んだあと回復したのはいいものの、

寒気が1月もとれず、

 

倦怠感が3ヶ月もとれなかったような

悪夢の風邪をひいたことがありました。

 

病院の風邪薬でも治らず、

困り果てて漢方の名人(医者ではなく、薬剤師)

 

がいるという噂で漢方薬局に相談しに行って

何種類か薬を処方してもらいどうにか風邪を

退治することができました。

 

風邪ぐらいで退治とは大げさと思うかもしれませんけれども、

風邪が治ったあとでも寒気は取れず、

 

体温のコントロールができなくなったのか

職場(室内)で仕事をするときもコートを着ている有様でした。

 

寒気がなんとか1月ほどでとれましたけれども、

病後の倦怠感、疲労感が抜けません。

 

再度、漢方薬局で相談し、

人参養栄湯と十全大補湯を処方してもらい

 

どうにか倦怠感から脱出することができました。

 

風邪というより重い病気にかかった病後という感じです。

 

参考記事⇒十全大補湯はがん治療に効果!やせた小林麻央さんにも適応?

 

虚弱体質で疲れやすい体が改善?風邪をひかなくなった!

 

もう、あんなにつらい風邪にはかかりたくないと

思い、

 

気を充実させ、免疫力を高めると言われていた

補中益気湯を回復後も服用を薦められて

何年も服用していました。

 

ビタミン剤のように毎日服用して以来、

風邪で寝込む事がなくなりました。

 

軽い喉の痛みや、鼻水や咳が出るくらいの

風邪は2年に1回くらいありますけれども、

 

熱が出て水枕をするような風邪はひかなくなりました。

 

漢方は体質改善といいますが、

体質が変わったかどうかは自分では

全くわからないのですが、

 

近くで誰かが咳をしていても気になりません。

 

自分は風邪がうつらないだろうという

自信も持てるまでになりました。

 

補中益気湯は生涯服用するものなのか?

私の場合は、ひどい風邪をひいた後に

人参養栄湯や十全大補湯で回復できたことで

 

漢方のパワーを実感しました。(あれだけ治らなかったのに)

 

その後、風邪の最悪期から回復して、

疲労感を完全に取り去ろうとして、

 

3年間位は、補中益気湯を服用していました。

 

ずーっと飲み続けようかとも、

思っていましたけれども、

 

途中で交通事故にあったりして、

むち打ちの後遺症を軽減するための漢方として

 

桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)を

服用する期間があったりして、

 

結果的に補中益気湯は服用しなくなりました。

 

それでも、今や、風邪をひかないように

気をつけてはいるためなのか

 

体質改善があったのか

風邪で辛い思いをしなくなったのは

補中益気湯のおかげだと思っています。

 

風邪対策と補中益気湯の口コミ まとめ

 

疲れやすく風邪を引きやすかった過去の自分が

今では、

 

鼻水、喉痛程度で重い風邪はひかなくなったのは

非常に大きな進歩です。

 

補中益気湯を服用すれば風邪をひかなくなるということではありません。

 

あくまでも虚弱体質で病後の体力回復、増強が必要であるような

状況であったから効果があったのだと思っています。

 

補中益気湯を服用する前の自分の口癖は

疲れた

でしたが、

 

今では、疲れたとめったに言わなくなりました。

 

風邪や病気をしたあとで倦怠感を

解消したいという方は

 

お近くの漢方の専門家に相談してみても

いいかもしれません。

 



 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ