「ひ路花」は地元鎌倉の野菜 チーズを利用し口コミが増える国産ワイン紹介所




自宅でカフェを開業したいと思っている人は多いかと

思うのですが、成功するのは簡単ではありません。

 

カフェで提供する料理やワインなどの飲み物が美味しいことは勿論ですが、

お店の立地も大事ですし、駐車場が十分に完備されているか

など成功するための要素は多いです。

 

鎌倉市の自宅を建て替え時に日本産のワインの

美味しさを伝えられるカフェとして開業した

 

ひ路花」は地産地消タイプの

お店として2015年2月23日にオープンしました。

 

地元鎌倉を愛する気持ちをお店の

食材に活かして鎌倉で採れた野菜を利用して

料理を提供しています。

 

地元の食材を利用する点が口コミ

作動させるポイントです。

 

 

「ひ路花」は鎌倉に長年暮らす店主がオープン!鎌倉の農家の野菜やチーズを利用するから口コミが作動しやすい

カフェを開業しても1年経過した段階で閉店するお店が

多いのが実情です。

 

料理の腕前や食材の選び方が正しくても

あの店は美味しいとかいいお店だという口コミが作動するかどうかとは

 

別問題になります。

 

「ひ路花」店主は長年鎌倉に住んで建て替えを迎える時に、

自宅兼店舗として建て替えをしています。

 

安くていいものを仕入れて提供するということが

カフェ成功の基本でしょうけれども、

 

「ひ路花」の料理で使われる野菜は地元鎌倉の農家さんと

提携をして鎌倉野菜のランチを提供しています。

 

また、チーズなどもワインと一緒に提供をしているのですが、

チーズに関しては全国の有名ワイナリーからのものを

取り揃えている増すが、

その中の1つには地元鎌倉で生産されているチーズも

提供されています。

 

北鎌倉スモークチーズを「ひ路花」では提供していますが、

北鎌倉スモークチーズは地元「北鎌倉燻煙工房」で

生産されているチーズです。

 

「ひ路花」は地元の農家さんや農家さんの知り合いを通して

口コミが作動しやすいですし、

 

チーズを生産している「北鎌倉燻煙工房」の

関係する人たち周辺の人たちからの

口コミも作動しやすいです。

 

そしてお店に来店する鎌倉市民も

鎌倉好きですから、地元の野菜やチーズを

味わいたいと思うのは当然です。

 

日本全国の美味しいワインを紹介するのが

お店のコンセプトではあるのですが、

 

しっかりと地元に根差して、地元の人たちから

応援してもらえるお店の在り方が

オープンして1年経過して、存続している理由です。

 

「ひ路花」では今まで知らなかった国産ワインを味わう機会がある

「ひ路花」店主は長年のワイナリー巡りの体験を生かして、

全国の国産ワインを知ってもらうために開店しました。

 

有名なワイナリーとしてはマンズワインで有名な、

山梨県にある勝沼ワイナリーは一度は訪れたことが

あるのではないでしょうか?

 

勿論、山梨県勝沼産のワインも取り扱っているようなのですが、

山梨県にはサントリーやマンズワインのような大手だけではなく

 

家族経営の小規模なワイナリーも存在します。

 

例えば、旭洋酒有限会社(山梨県山梨市小原東857-1)が製造する

「ソレイユワイン」など、

 

あまり知られていない穴場ワイナリーです。

 

「ひ路花」では、勝沼の老舗ワイナリー、

グレースワイン(中央葡萄酒)などのテレビでも

紹介されるようなワインも取り扱うだけではなく、

 

「ひ路花」店主の過去のワイナリー巡りの経験を基に

知名度は高くはないけれども美味しいワインを

紹介しています。

 

お酒が苦手な方にはブドウジュースも

メニューにあります。

 

「ひ路花」店舗情報

「ひ路花」へのアクセス方法は次の通りです。

 

  • 名称:「ひ路花」(ひろか)
  • 所在地:神奈川県鎌倉市山ノ内375
  • 電話:0467‐33‐7233(店主 広川隆司、真紀子)
  • 定休日:火・木曜日
  • アクセス:JR横須賀線「北鎌倉駅」から徒歩5分

 

ワインは二十歳になってから!

ワイナリー巡りは日帰りドライブには楽しいです。

 

「ひ路花」店主に穴場ワイナリーを教えてもらいに

行くというのも楽しみの1つになるかもしれません。

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析