東急リバブル マンション売却査定で相談した口コミ!どこがいいかと悩む人必見



私の知人で、父親が住むマンション売却して

戸建てに住み替える為に

 

娘さんがネットでマンション売却の

一括査定を依頼しました。

 

年配の父親に代わって娘さんが取り仕切るケース

よくあるのではないでしょうか?

 

売却査定を依頼して5社ほどからメールが入って

その中から2社東急リバブルとセンチュリー21に

 

実際に訪問査定をしてもらった体験談を聞く機会がありました。

 

2社の提示したマンション売却金額はどうだったのでしょうか?

 

そしてマンションの所有者であるお父様や

売却査定を依頼した娘さんは

 

当初マンション売却はどこがいいのか悩んでいました。

 

東急リバブルとセンチュリー21の

どちらの会社を選んだのでしょうか?

 

知人の体験と第3者である私の目から見た

口コミ情報をお知らせします。

 

 

マンションを売却するのにどこがいいか悩みネットで一括査定を利用していた!

マンションを売却するにあたって駅から徒歩10分以内にある

マンションを売却するわけですから駅周辺にいくらでも

 

不動産会社があります。

 

多くの不動産屋があるとマンション売却にあたって

どこがいいのか悩みどころです。

 

チラシも良く入っていたようですが、

何故かネットで検索して一括査定サイトを利用して

 

マンション相場を知るために売却の査定金額について

問い合わせを「所有者の娘さん」が

ネットと電話を利用してしました。

 

 

そしてメールを受信したり電話連絡をもらったうえで、

2社に実際にマンションンを見てもらって

 

査定をしてもらう訪問査定を依頼しました。

 

2社は東急リバブルとセンチュリー21です。

 

マンションを売ることにした娘さんは東急リバブルとセンチュリー21を訪問査定に選んだのはなぜ?

 

一括査定で5社の中からどこがいいかを考えて、

東急リバブルとセンチュリー21の2社を選んだそうです。

 

なぜこの2社を選んだのかは無意識のうちにしていたそうですが

やはり対応の良さや連絡のスピードが速かったのかもしれません。

 

正直なところなぜこの2社になったのか

理由はわからないと言っていました。

 

無意識のうちに5社くらいの中から2社を選んだ様子でした。

 

自宅に来てマンションを見て査定をしてくださいと

依頼を受けれれるだけ

 

東急リバブルとセンチュリー21は他社には

競り勝ったという意味で対応がよかったのでしょう。

 

マンションの売却にあたりセンチュリー21に頼んだ?東急リバブルは大手なのになぜ?

訪問査定に東急リバブルとセンチュリー21の営業マンが

それぞれ違う時間帯で

同じ日にマンションを見にきてくれたそうです。

 

結果としてセンチュリー21にマンション売却を頼んだそうです。

 

 

なぜ、センチュリー21だったの?東急リバブルの方が大手なのに?

と娘さんに聞いたところ、

 

「センチュリー21だって大手じゃないですか?」

 

「それに1社にしか頼んじゃダメなんでしょ?」

 

というちょっと素人らしい回答が娘さんから返ってきました。

 

センチュリー21を東急リバブルと同様に

大手だと思い込んでいました。

 

私はセンチュリー21のお店はフライチャイズだとか

余計なことはいいませんでした。

 

⇒堀北真希の来店をTwitterした不動産会社はセンチュリー21と資本関係がないフランチャイジー!

 

人さまがどう思っていてもその気持ちは尊重されるべきだから。

 

でも、再度言いました。

 

大手だからという理由だけなら東急リバブルの方が

センチュリー21よりも

大手で売却実績はあるはずなのでは?

 

どうして、センチュリー21に売却を依頼したんですかって。

 

そこで、本音がでました。

 

「提案してきたマンションの売却価格の提示がセンチュリー21の方が

東急リバブルより高かったからというのです。

 

何かうまい具合に営業マンの意図通りに操られているように

はたから見て感じました。

 

売却にあたっての金額提示の在り方に信頼性があるどうかを

見極める方法としては

 

⇒自宅売却を一括査定サイトを利用して不動産会社を選ぶ時の注意点は?

をご参照ください。

 

マンションを見に来た東急リバブルとセンチュリー21の営業マンが提示した売却価格とは?

東急リバブルの営業マンが提示した金額は1980万円スタート。

 

一方で、センチュリー21の営業マンが提示した金額は

2300万円スタート。

 

この金額の大きな開きは300万円にもなります。

 

全く同じマンションをみて、同一物件であるにも関わらず

こんなに差が出るなんておかしいと思いませんか?

 

私は娘さんが売却することにしたマンションの住所や

階数や外観、立地も知っています。

 

ただし相談されたわけでもないので実際に相場がどの程度であるのかは

調査していません。

 

ですが、東急リバブルが提示した1980万円スタートというのは

外れていない気がします。

 

売却査定を依頼した娘さんの感じた東急リバブルの営業マンへの

印象は「強気だね」でした。

 

リバブルは上場企業ですから無駄な仕事はしていられません。

 

短期間で売却して仲介手数料がしっかりと受け取れるような

査定価格を提示したはず。

 

売却をしたいと査定を依頼した側へ強気や自信が

伝わった点は成功ですが、

 

実際にはセンチュリー21に売却を依頼されてしまった点では

負けです。

 

東急リバブルは大手であることの自信や実績だけではなく

マンションを売りたいと思っている人の気持ちを理解するべきでした。

 

自宅マンションを売りたい思っている人の希望は

「高く売ることです」

 

高く売ってくれそうだと期待を持ちたいわけですし、

高く売れないとわかっていても

 

高く売りたいという気持ちには寄り添って

共感する必要はあったでしょう。

 

その点ではセンチュリー21の営業マンは実績や経験の不足を

高い金額をマンションの売主に対してアピールするように

 

東急リバブルよりも300万円も高く期待を持たせてくれました。

 

結果的に一旦は売却をリバブルではなくセンチュリー21へという

流れに持ち込むことに成功しました。

 

口コミ情報 訪問査定を体験してセンチュリー21の営業マンと東急リバブルどっちが誠実さがあるのか?

マンションの相場よりも高すぎる金額を提示して

売却したいマンションオーナーの意に添うように振舞うのは

 

誠実さに欠ける気がします。

 

売れなければ値下げすればいいさ

ということが前提にあるようで気分が悪いです。

 

でも人は高い金額提示には弱いんですよね。

 

不動産のプロが言っていることですから

なおさら信じたく、頼りたくなります。

 

逆に不動産を相場よりも不当に安く買いたいという

人達も存在しています。

 

相場よりも大きく安く買うことができれば

転売で差益が取れるメリットがあります。

 

また、仲介業者の場合には直ぐに売れるような

相場より安い金額で早急に取引を成立させて

手数料を稼ぎたいという心理もあるでしょう。

 

その意味では売れる可能性がある上限の金額を

無視した売却価格の提示を東急リバブルの営業マンが

 

したとしたらこれも誠実ではないです。(あくまでも仮定です)

 

以上、最近私の知人が体験したマンション売却の東急リバブル

とセンチュリー21の口コミ情報です。

 

東急リバブルとセンチュリー21のどっちがいい

とは敢えていいません。

 

知人が体験した売却相談から依頼先を決めるまでの

体験談をもとにして、

 

 

東急リバブルとセンチュリー21に限らず、今後、

売却相談をするにあたって参考にしていただければ

幸いです。

 

いい人に見える人が実は不誠実で嘘つきである

可能性があるわけですから。





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析