脊山麻理子は世間体・学歴重視の親に反発したい気持ちで離婚?



炎上・問題発言が多いいじられるのが苦手な元日テレアナで、

タレントの脊山麻理子さん(1980/4/8生まれ)が

正式に離婚を発表しました。

 

 

テレビでは「枠にハマりたくない」

と主張していたことがありましたけれども、

 

脊山さんが、元日テレアナらしからぬグラビアの仕事をしたり、タレント業でも

ハチャメチャな行動をするのは、

 

脊山さんが、「枠にハマりたくない」と言っていることを

そのまま行動しているように思います。

 

なぜ、脊山さんは不倫をしたり離婚をしたり、

やりたい放題に行動するのでしょうか?

 

脊山さんの「への反発」が根底にある様にも見えます。

 

 

 

脊山麻里子が離婚するまでのハチャメチャな行動をしてきた理由は、学歴と世間体重視の親への反抗心があるから?

 

脊山さんの学歴をみると親が決めた枠にきっちり

ハマっているのがわかります。

文京区 お茶の水

文京区 お茶の水

 

脊山さんは東京都文京区出身ですが、

なぜか文京区立の小学校や中学校へは

入学していません。

 

小学校や中学選びは親が決定するものですし、

父親が東大医学部と御茶ノ水大学の名誉教授

であることの影響が大きいでしょう。

 

 

脊山さんは幼稚園から高校まで、お茶の水女子大学附属の

学校を卒業しています。

 

その後、慶応大学環境情報学部に入学し

卒業しています。

 

 

どの大学に進学するかという

志望動機や学部の選択理由は

 

本人の学力や将来の目標や意思が

反映される傾向が強くなりますけれども、

 

幼稚園~中学校への進学する際には、

親が考えている人生設計を基準にして

選択されると思います。

 

父親が東大の教授ともなれば、教育や学歴に対しては、

ブランド志向になる傾向があります。

 

子供の能力や将来の夢などとは別に、

「親が描いた世間体のいいコースを歩ませたい」

 「誰でも知っている有名な学校に進学させたい」

 

というブランド志向が強いことが理由で

子供に学力や学歴をつけさせたかった

のではないかと思います。

 

普通の親なら、小学校くらいは近所のお友達と同じように

同じ文京区立の小学校へ入学させるのが普通だと思います。

 

脊山さんは、幼稚園・小学校・中学校と

国立の附属(お茶の水女子大の附属)

に通っていたことから分かるとおり

 

親の学歴に対する思い入れやブランド志向が強いことがわかります。

 

国立大学の付属高校や大学へは

私立の付属と違い、エスカレーター式には

進学できないので、

 

脊山さんが、お茶の水女子大付属高校という

難関国立付属高校へ進学できた理由は、

親に似て頭がいいからというだけではなく、

 

親の方針通りに勉強をして学力が

備わっていたからでしょう。

 

脊山さんが、テレビ番組内のリアクションで、

「馬鹿だと思ってんですか?」

といった挑発的な発言ができるのも、

 

高学歴や教養の裏付けがあるから

だと思います。

 

 

 

子供のうちは親の言いなりになりますが、

その反動が大人になると出てくることがあります。

 

元大学の教授だった親からすると、

脊山さんが、お茶の水女子大付属から

慶応大学へ進学し卒業したところまでは

 

世間体という意味ではあまあ合格点の

自慢の娘に映るでしょう。

 

「本音は東大に入って欲しかった」

と思っていたかもしれませんが。(笑)

 

親の言いなり路線も脊山さんが日テレのアナウンサーとして

自立してからは状況も変化してきますね。

 

日テレ時代はアナウンサーのイメージに

ハマっていたでしょうが、

 

2009年の結婚を機に本人がいう、「枠にハマりたくない」

という行動がエスカレートします。

 

フリーアナウンサーになりダブル不倫騒動の噂が起き、

離婚調停中が長らく続きます。

 

その間にもアナウンサーらしくないグラビアやDVDへの出演も果たし、

お色気路線で稼ぎます。

 

そして離婚も成立させました。

 

離婚までの騒動は大学教授の親の立場からすると、

世間体が悪いことこの上ありません。

 

脊山さんは「子供の頃から、勉強をして、いい大学に入って

立派な人との結婚して幸せになるという既定路線(=親の考え方)

に反抗していきたい」

という気持ちが心の底にあることが理由で、

 

デタラメにも見える行動を取っている

のではないかと感じました。

 

 

今後、脊山さんが親の世間体を

顧みないような行動をさらに加速していくのではないか?

 

という視聴者や芸能界の思惑通り、

いろいろな話題を作ってくれる気がします。

 

脊山さんが親の考え方に対して

反発することになるからです。

 

⇒高学歴 膳場貴子はお腹の子供が女子で母校「女子学院」へ進学は隣に日テレが建築予定で心配?

 

 

 

今後の報道に注目していきたいと思います。

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析