南果歩は乳癌転移なしのステージ1!再発予防法として免疫力を高める漢方薬とは?




渡辺謙さんの妻である南果歩さんは不幸中の幸いというか

ステージ1での乳がんが発見されたことで

転移もしていなかったということです。

 

 

 

注意すべきはガンは再発しやすいことが知られているので、

ガン細胞を取り去ったあとでも、

 

リンパ球の1種であるナチュラルキラー細胞を活性化させて

免疫力を高めていくことが予防法になります。

 

ナチュラルキラー細胞を活性化するために

漢方薬を活用する方法についてみていきます。

 

 

南果歩は乳癌のステージ1で転移はないが再発の危険性があるので注意!

南果歩さんは転移がなかったので乳がんも

初期ステージで発見できました。

 

ステージ1で乳がんを発見できた芸能人で

再発したのは生稲晃子さんです。

 

生稲晃子さんが乳がんを再発リスクを高めたのは

初期ステージの乳がんであったために、

 

温存療法を選択肢て乳房の全摘出をしなかったために

見えないガンが潜んでいた可能性があります。

 

その他の再発理由としては

生稲晃子さんが再発した理由はグルメな食生活にも原因

があったかもしれません。

 

南果歩さんについても乳房全摘出という

報道はありませんので、

 

温存療法を行っている可能性があるので

再発リスクについてはよく理解して

 

再発をさせない努力が必要です。

 

ステージ1の10年生存率は?

ステージ1の乳がん生存率は90%以上あると言われています。

 

南果歩さんは早期発見できて大変ラッキーだった

といえます。

 

ただし10年経過しても再発するリスクはあるので

注意が必要です。

 

生稲晃子さんは再発して全摘出手術も症状は良好です。

 

乳がん再発予防の為に免疫力を上げるナチュラルキラー細胞活性化策とは?

乳がんの再発を予防する為に

ガン細胞を摘出手術後に放射線治療などを

医師の判断で行うことになると思います。

 

転移がなかった人の再発率は5%弱であると

推測されています。

 

再発予防の為に医師の指示通りに治療するほかには

免疫細胞であるナチュラルキラー細胞を活性化させる必要があります。

 

ナチュラルキラー細胞はリンパ球の1種ですから、

リンパの流れを良くする方法によって免疫力を高めることにつながります。

 

漢方薬を利用してナチュラルキラー細胞を活性化するには?

基本的には乳がん手術後には医師の指示通り治療を

するべきです。

 

その上で、飲み薬として漢方薬を出してもらうことが

できるようならお願いしてみましょう。

 

仮に漢方薬は使ったことがないし内科ではないから、

出せないといわれたときは、

同じ病院内で漢方処方が得意な先生にも

併せてかかることも有効です。

 

或は全く別の病院やクリニックでセカンドオピニオン的に

相談しながら処方してもらうこともいいでしょう。

 

免疫力を活性化することでよく使われる漢方処方は

  • 補中益気湯
  • 十全大補湯
  • 小柴胡湯

などですが、これらの処方に加えて

高麗人参も医師の処方があれば

保険適用になります。

 

あくまでも体質によってきまるものですし、

副作用もありますので

医師の助言を基に服用するべきです。

 

南果歩はストレスの解消も免疫力アップにつながる!

 

夫の渡辺謙さんと同時に癌になった南果歩さんは仕事のストレス解消

にも気を付けることが免疫力アップになります。

 

生甲斐ややりがいを持つことも

免疫機能ナチュラルキラー細胞

を活性化すると言われますが、

 

仕事がストレスになるようであれば逆効果になるからです。

 

 

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析