マキタスポーツが切除した腫瘍は良性か?どん兵衛の食べ過ぎや運動不足による筋肉減少が原因?



腫瘍・いぼ

腫瘍・いぼ

 

山梨県山梨市出身で、

ど根性ガエルの原作者・吉沢やすみさん

や作家の林真理子さん

 

と同じ日川高校の出身者である、

 

お笑いタレントのマキタスポーツ(1970/1/25生まれ)が

2015/8/25の自身のブログで背中にできたしこりを手術で

切開除去したことを報告しています。

 

マキタスポーツは、しこりと表現していますが、

いぼということもできますし、

腫瘍とよぶこともできる

と思います。

 

  • しこり=いぼ=腫瘍(しゅよう)

ですね。

 

マキタスポーツが、摘出した腫瘍は、

ウィルス性の腫瘍だったそうです。

 

皮膚にできる「いぼ」や腫瘍には

発生する原因が2通りありまして、

 

  1. ウィルスが原因の腫瘍
  2. 老化現象が原因の腫瘍

 

の2つです。

 

マキタスポーツがかかったような

ウィルスが原因の腫瘍と

 

老化現象が原因の腫瘍です。

 

ウィルス性の腫瘍ができる原因は

皮膚の表面にできた小さな傷から、

ウィルスが侵入することで

いぼ・腫瘍になるものです。

 

ですから、ウィルス性の腫瘍を作らないようにするには、

できるだけ、皮膚を傷つけないようにすることや、

体全身を清潔に保つことも重要だと思います。

 

マキタスポーツはブログでアラフィフに近づいてきた

老化現象なのだろうか

 

と言ったニュアンスのコメントをしています。

 

老化現象が原因のいぼの発生は、

体内の血液循環が悪化し、新陳代謝も鈍くなっている

と考えられるので、

 

腫瘍・いぼを作らないための対策として

 

新陳代謝を活発にするための方法やマキタスポーツさんが好きな「どん兵衛

などの食べ物について考えてみたいと思います。

 

 

老化現象で皮膚の表面に腫瘍・いぼができるのはなぜ?その理由は運動不足で筋肉が落ち、新陳代謝が活発ではなくなるから?

 

新陳代謝とは、古いものが新しいものに入れ替わる

ことを意味します。

 

年を取るにしたがって、

体内の新陳代謝が悪くなります。

 

「年を取ると太りやすくなる」のはなぜか?というと、

「新陳代謝が活発ではなくなる」

ということが理由です。

 

若いころは、暴飲暴食をしても、

新陳代謝が活発ですから、

体重が増えるスピードも、

比較的ゆるやかです。

 

ところが、年を取ると、

どうしても肉体的な機能の衰えの他に、

新陳代謝の機能がおちてきます。

 

髪の毛にしても、抜けたら生えてくるものが

生えてこないなどの現象が

 

老化現象として新陳代謝が緩慢になっている

ことを目で確認できる例です。

 

 

年を取るにしたがって運動不足が原因で、

余計に血行が悪くなる傾向

なりますね。

 

老化現象が原因となって「いぼや腫瘍」ができる理由は

 

体内の血液や体液の循環が

スムーズではなくなること以外にも、

 

古い細胞が新しい細胞に入れ替わる機能」(=新陳代謝)が

低下していくことが原因である

可能性があります。

 

皮膚の表面にいぼや腫瘍ができる原因は

本来、古い細胞が新しい細胞に変化するべき部分が、

 

新陳代謝がうまく機能しないこと、

 

という仮説を立てました。

 

 

では、どうすれば、健康的で、男女問わず、

美しい素肌を保ちながら、

メタボにもならず、

 

皮膚の表面にいぼや腫瘍などをつくらなくて

済むのでしょうか?

 

 

腫瘍ができない体にする方法は、血液循環や新陳代謝を活発にする農業労働で筋肉を増強し、健康的な食生活すること?

 

新陳代謝を活発にするという意味では、

適度な運動は必要です。

 

運動をすることで血流(血行)がよくなります。

 

また、運動をすることで体内の老廃物を

汗として出すこともできますね。

 

仕事人間の年配男性に多いメタボリックシンドロームは

運動不足や食生活に問題があると言われます。

 

年中エアコンが効いた室内で、

あまり汗もかかず、食べたいものだけ食べる

 

という生活では筋肉が落ちていくだけではなく

同時に新陳代謝も鈍くなります。

 

農業を営む人たちのように、

汗水たらして働くことで

新陳代謝が活発になりますね。

 

また、肉体労働によって筋肉が増えると

新陳代謝は活発になります。

 

マキタスポーツはどん兵衛をブログで絶賛しているが食事と腫瘍の関連は?

 

食事についても農家さんのように、

とれたての野菜を中心にして新陳代謝を活発にする

食生活を心がける ということが、

 

皮膚の表面に醜い腫瘍やいぼをできにくくする

要素になります。

 

腫瘍は皮膚の表面に出ると食事とは無関係の様にも見えますが、

腫瘍が内臓にできると、食事の影響は大きいと思いますよね。

 

杏林大学学長の跡見裕先生はすい臓がん手術の大家でした。

 

跡見裕先生は食事や食べ物との内臓にできる

悪性腫瘍であるガンは関連性が非常に高く、

 

食事にはバラエティーを持たせていろいろなものを

食べるべきだと語っています。

 

 

農家のように田舎暮らしをしながら、

自給自足の生活をするというのは

無理だとしても、

 

できるだけ新鮮な野菜をスーパーや道の駅などで

見つける努力はできます。

 

車に乗ってではなく、自転車で

買い物をするのがお勧めですね。

 

マキタスポーツさんは「どん兵衛」を

絶賛していますが、偏食には気を付けたいものです。

 

インスタントラーメンなら野菜などの具を入れることができますが、

カップ麺にはその他の具を入れる余地はありませんから。

 

 

新陳代謝を活発にして腫瘍・いぼを

をつくらないということには別の意味があります。

 

腫瘍には良性と悪性があります。

 

良性であればマキタスポーツのように、

手術で除去して終わりです。

 

気にならなければ腫瘍を

そのままにしておいても構いません。

 

腫瘍が悪性だとマキタスポーツが心配していた

ように寿命に関連してきますので、

 

 

 

その意味でも、腫瘍などは作らないような

生活の仕方をした方がいいと思います。

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析