坂本龍一 白髪を染めないことでガンを克服?鳥越俊太郎も白髪交じり



坂本龍一さんは、2014年に中咽頭癌の治療に専念して、

活動を休止しましたけれども、

 

今は、元気に活動をされています。

 

白髪を染めないで白髪のままのヘアスタイルが

妙に知的で、かっこいいとさえ言われています。

 

坂本龍一さんは食材にこだわったり、

禁煙をしたりなど、ガンを克服するための

努力をしてきたことも注目です。

 

また、髪をヘアカラーで染めないことにも、

ガンを再発させないための手段であると

感じています。

 

 

坂本龍一は白髪を染めない健康法に気がついているのか?

坂本龍一さんと言えば、鍼灸で禁煙を成功するなど、

東洋医学の力を借りて、

 

健康を取り戻そうとした経緯があります。

 

参考記事⇒川島なお美・ガンの原因はワインだけではなかった?乳製品を絶ち、坂本龍一は再発防止で復帰!

もちろん、良い医師のいる病院で治療を受けられたことも

大きかったのでしょうけれども、

 

最終的に体を治すのは自分自身です。

 

でたらめな生活や食生活、ライフスタイルを改めて、

いくことがガンを克服する必要条件です。

 

年を取れば、一般人でも白髪染をしていますし、

ましてや、芸能活動をする人達は、

 

人前に出ることが多いので、

ヘアカラーを活用することが本来は多いはずです。

 

しかし、坂本龍一さんの場合は、白髪染めをしないで

自然体のままでいることは

 

無意識のうちに実行しているのか

意識的に行っているのかはわかりません。

 

ただし、白髪のままでいることで、発ガン性物質を

遠ざけているという点には注目です。

 

 

白髪染は発がん性が疑われる物質を含むものがある

 

白髪染めの中に含まれている有効成分の中には、

発がん性が疑われるような物質が含まれていると

警告されています。

 

髪につけるだけなら大丈夫ではないかと思われますけれども、

髪の毛を染める時にはどうしても頭皮に

 

白髪染めは付着してしまいます。

 

ですから、皮膚を通じてヘアカラーに含まれる毒性のある成分が

経皮吸収といって、

 

体内に吸収されてしまう

リスクがあるわけです。

 

白髪染めに含まれる有効成分で危険性があるものは?

白髪染めに含まれる有効成分を確認してみると、

パラフェニレンジアミン(PPD)という表示がある

ヘアカラーが販売されています。

 

パラフェニレンジアミン(PPD)は劇物に指定されている

危険な物質で、白髪染めに活用されています。

 

マウスの実験では発がん性も疑われている物質となります。

 

パラフェニレンジアミン(PPD)を口から飲み込むのは誰でも、

危険だと思うでしょう。

 

髪の毛につけるだけなら大丈夫だという考え方が

まかり通っています。

 

しかし、実際には、頭皮にも刺激を与えていますし、

皮膚からの毒素が吸収されてしまうことで

ガンを発症してしまうリスクも指摘されているのです。

 

参考記事⇒膀胱がんの原因を漢方で考えると目と皮膚からオルト―トルイジン以外の発癌物質吸収リスクが!

 

ヘアカラー剤に含まれる有効成分に発がん性があったとしたら、

頭皮から吸収されてしまうことは、

発がんリスクそのものであると考えられるのです。

 

坂本龍一さんは、たまたま白髪が綺麗で、

おかしくないからという理由で

 

髪を染めないのかもしれませんけれども、

いずれにしても、

ガン再発を予防できている1つの要素になっている可能性があります。

 

鳥越俊太郎も白髪を染めないスタイルでガンを克服

鳥越俊太郎さんも、ステージ4の肝がんから

西洋医学と東洋医学をうまく使いこなして、

 

ガンを克服しました。

 

参考記事⇒鳥越俊太郎 がんを克服できた虎の門病院!免疫力UPした漢方薬とは?

 

鳥越俊太郎さんも偶然でしょうけれども、

白髪を染めている気配はありません。

 

白髪染の使用量とガンの発生数が右肩上がりで相関があるのか

白髪染めは化学的に合成された危険な物質を利用している点が

非常に気になります。

 

白髪染めというのは、脱色した上で、髪の毛を染めるという

仕組みで染めています。

 

そのために、髪の毛を傷めることはよく知られています。

 

ヘアカラーは1990年代に入って茶髪が流行したこともあって、

若い人たちにも広がっていきました。

 

ガンの患者数が年々増えているのと同様に、

ヘアカラーの消費量も右肩上がりで増えてきました。

 

まるで、がん患者の数とヘアカラーの売上に相関があるかのようです。

 

実際には、関連を調べた人はいないでしょうから、

因果関係は特定されていません。

 

参考図書⇒新版 なっとく!のヘアカラー&ヘナ&美容室選び

 

では、美容師の立場から、ヘアカラー剤の危険性が

指摘されています。

 

そして、白髪染めをもしもするなら、

化学物質が含まれない、

 

天然のヘナ(ヘンナ)100%の白髪染を

使うべきであるというのが結論です。

 

ヘナであれば、白髪をオレンジ色に染めて、見た目を若返らせるだけではなく、

傷んだ髪に対してトリートメント効果まで

期待ができるすぐれものなのです。

 

白髪染めの髪へのダーメージや健康被害が気になる人は、

Naiad(ナイアード) ヘナ 100% 100g

を試してみてください。

 

もちろん、手間がかかるものですけれども、

メリットの方が大きいです。

 

参考記事⇒ナイアード ヘナ100%白髪染めはどう?メリットやデメリットの口コミ

をご参照ください。

 

世間では、がん予防には口から入る食べ物だけに関心が向かっていますけれども、

皮膚から吸収されるヘアカラーなどについても、

目を向けていくべきでしょう。

 

 

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ