小林麻央 新たな治療をクリニックで!乳がん治療に東洋医学は抗がん剤と併用可能!



小林麻央さんは、11月に入り、

病院やクリニック通いが多くなっていると

ブログで報告しています。

 

11月や12月という季節は、薬を変えたり、

治療法を変えるのにはいい時期です。

(1年のスタートは12月です!)

 

大学病院で最先端医療を受けている

小林麻央さんは抗がん剤治療や放射線による

治療などを受けてきましたし、

今後も、薬を変更するなどして

治療が継続するでしょう。

 

病院の最先端医療は科学的な医療技術や薬の進化によって

もたらされます。

 

麻央さんは病院に通院しつつ、

クリニックにも合わせて通院することから、

併用できる治療法であることが分かります。

 

乳がん患者として、病院で行わえる抗がん剤治療と

併用できる東洋医学の方法にはどんなものがあるのでしょうか?

 

 

小林麻央 今まで挑戦しなかった治療をクリニックで!

小林麻央さんのブログでは、今まで挑戦しなかった分野の

医療を受けるためにクリニックに姉の麻耶さんの

付き添いで通院していることが報告されています。

 

大きな大学病院では優秀な医師がベストと思われる

最先端の治療方法や抗がん剤を用いて、

治療を行ってくれますが、

がんが治るという保証はしてくれません。

 

あくまでも自主的に自分の体を治すという

小林麻央さんのような考え方は大切です。

 

ステージ4から生還した人は自分自身で

治療法を選択した人に多いというデータも

あるからです。

 

大学病院の先端医療で抗がん剤と併用できる治療法は?東洋医学と西洋医学を融合!

乳がん患者が病院での治療を継続しながらも、

別の治療方法を検討するときに、どんな選択肢があるのでしょうか?

 

漢方薬を東洋医学に詳しい医師に処方してもらう

⇒小林麻央 末期乳がんなら治療法は?鳥越俊太郎氏のように漢方や免疫療法で回復を!
の記事でも、

鳥越俊太郎氏がステージ4の末期がんから、

生還できたのは、

 

虎の門病院の他に、病院の先生には内緒で、

漢方薬を処方してもらっていたという

事例があります。

 

鳥越修太郎さんの例にもあるように、

抗がん剤と合わせて、漢方薬を服用する方法です。

 

鍼灸で治療する方法

薬を使うのではなく、ツボを活用して、

漢方でいう「気」が流れているとされる、

ツボとツボを結ぶ経絡(けいらく)の異常を

正常化させる方法です。

 

一般的には、膝が痛い、指が痛いなどの

整形外科の分野で鍼(はり)や灸(きゅう)を

かつようした治療法が知られています。

 

整形外科以外にも鍼灸は活用が可能です。

咽頭がんを患ったつんく♂さんは、

鍼灸で禁煙に成功しています。

 

鍼灸でがんが治るというのは難しいことかもしれませんけれども、

病院での抗がん剤治療と併用することで、

 

体内の「気の巡り、血の巡り、水の巡り」

を改善しながら、体調を整え、

免疫力アップをするという考え方は

有効です。

 

東洋医学から生まれた整体や太極拳を活用

漢方薬の処方や鍼灸のほかには、

整体や太極拳も東洋医学から生まれた

病気を予防する方法です。

 

整体で体の歪みを正すことで

がん予防をするという考え方もありえるのです。

 

乳がん患者さんが治療を終えたときに、

再発予防の為に病院と併用するというのは、

いい方法かもしれません。

 

岩盤浴を活用するクリニックを探す!温泉療法

玉川温泉で岩盤浴をしてがんが消えたという人たちが

います。

参考記事⇒湯治場=玉川温泉の岩盤浴で末期がん患者は免疫力を高められるのか?

小林麻央さんのように都内在住で、

はるばる秋田県まで行けないという方も、

 

クリニックによっては岩盤浴や北投石に

がん治療効果を認めている医師もいるようなのです。

 

あくまでも、マユツバではないことを

確認する必要はあるでしょうけれども、

 

大病院での治療では受けられない治療法としては

注目できます。

 

ごしんじょう療法

川島なお美さんは俳優としての仕事を

最後まで貫徹するために、

抗がん剤治療を拒否しています。

 

川島なお美さんが選んだのは、

ごしんじょう療法でした。

 

ごしんじょう療法は医療として認められていないので

注意をしてください。

 

参考記事⇒川島なお美がごしんじょう療法=民間療法を選んだ理由は純金が邪気を取り、抗がん剤治療より神秘的だったから?

小林麻央さんのように、奇跡を起こして、

生き延びるという意味では

 

西洋医学による最先端の抗がん剤治療を

拒否せず、併用できる方法を模索する方が

ベターなのではないでしょうか?

 

東洋医学、漢方に詳しいクリニックの医師が書いた本

まずは、予約がなかなかとれない

イシハラクリニック医院長の石原ゆうみ先生は

東洋医学にも詳しい医学博士です。

小林麻央さんが毎朝飲む人参リンゴジュースについても、

本を書いているのが石原先生です。

 

また、帯津良一先生も東洋医学についての

本を多く出版しています。

中国生まれで、韓国の医学部を卒業した

小田クリニックの小田治憲先生は

中国語、韓国語、日本語に対応できます。

 

中国や韓国で学んだ漢方に詳しい先生で

免疫についても研究をしています。

 

 

カレーが健康によいと主張する

漢方のスペシャリスト丁先生も本を出版しています。

 

以上、あくまでも参考までに東洋医学に精通した

クリニックを運営する医院長や著書を紹介いたしました。

 

参考にしてみてください。

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析