長野県小谷村の雪中キャベツは甘いと評判!価格は?



長野県には知名度の高い市町村が多くありますが、

小谷村(おたりむら)知名度は意外と低いです。

 

栂池高原スキー場など有名な観光資源がありながら、

小谷村出身の人に出会っても、

絶対に帰らないと決めている人たちばかり。

 

若者が流出する残念な小谷村の人たちの意地が

感じられる雪中キャベツについてTwitterなどで味の評判

や価格などをみていきます。

 

 

小谷村の読み方と場所は?

小谷村の知名度の低さは漢字が読めないことにもありますね。

読み方は「おたりむら」と読みます。

 

初めて聞くと、聞き返してしまう発音です。

「おたりむら」と聞いて、漢字をイメージできる人はいないでしょうね。

 

小谷村の場所を地図で確認します。

小谷村はなんと、長野県でも北端の村で、新潟県との県境の村であることが分かります。

 

県境のある村なんて相当に山奥ですよ。

それだけに秘境も多そうですが。

 

新潟県との境では有名な妙高市と隣接しています。

 

妙高市は上越市に隣接する北陸新幹線の駅上越妙高駅があるので、

都心からのアクセスがかなりよくなりました。

 

上越妙高から小谷村へアクセスする方法もあるでしょうね。

 

新潟県との県境では糸魚川市と隣接しています。

糸魚川市は富山県との県境のまちですから、

小谷村は富山へも近いことがわかりますね。

 

ただし、峠の山を越えなければ新潟や富山へ出れません。

 

山奥だからこその景観が小谷村にはありますね。

ただし、小谷村で生まれ育った若者はは景観を捨て、仕事を求めて

街中へ出ていくのが残念ですね。

 

 

小谷村の雪中キャベツの評判をTwitterで!

小谷村では冬場のキャベツが有名です。

勿論、春以降に生産されるキャベツも美味しいのでしょうけれども。

キャベツ1玉2000円の価格には相当な自身が感じられますね。

いいものは安売りは厳禁です。

 

実際に小谷村の高額キャベツを食べた人の評判も上々のようです。

 

雪中キャベツは、甘みが増すのが特徴です。

一工夫されて手間がかかっているからこその

お値段ですね。

 

小谷村の道の駅であれば地元価格でお安く購入も可能です。

近くのスキー場に行ったついでに雪中キャベツを買うのもいいでしょうね。

 

小谷村の雪中キャベツの特徴は?

小谷村の雪中キャベツの特徴は、雪の中に貯蔵する野菜ではなく、

実際にキャベツを雪の下で根を張らせたまま栽培する方法が特徴的です。

確かに、キャベツ畑に雪が降っただけなんでしょうけれども、

甘み、糖度がアップして美味しくなるのが特徴ですね。

 

2016/2/20「ごはんジャパン」で芯まで美味しいキャベツ料理が

紹介されます。

 

小谷村のスキー場や温泉に行ったついでに雪中キャベツをお土産にする人も!

小谷村は人口が僅か2917人(2015/5/1時点)しかいない村ですが、

有名な観光スポットを抱えています。

 

冬場の観光ではスキー場がありますが

  1. 栂池高原スキー場
  2. 白馬乗鞍温泉スキー場
  3. 白馬コルチナ国際スキー場

といった有名なスキー場があります。

 

小谷村のスキー場の良さは、景観の良さですね。

栂池高原スキー場から見える連峰が見事です。

スキーを楽しむだけではなく、スキー場から見える景色がいいです。

 

⇒苗場スキー場周辺のリゾートマンションでのライフスタイルや活用法はSKI、温泉、湯治や永住も!

 

 

 

その他小谷村の温泉には

小谷温泉もあります。

冬場にスキー場や、温泉に来たついでに、

雪中キャベツを道の駅などで買って帰るのも

いいお土産になるでしょう。

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析