雪国への地方移住を後悔しないように理解しておきたいこととは?



地方移住を50代で考えている男性は40%以上いて

女性でも30%以上の人が地方移住を考えていると言います。

 

定年がそろそろまじかになってきて、

東京周辺や大阪周辺に住まなくてもよくなりつつあるからでしょうか?

 

でも、地方移住は観光と違って長い間住み続けていく

可能性がある場所です。

 

地方といってもいろいろですが、

割と田舎の山が多いところは雪が降る地域が多いです。

 

雪国へ移住することを考える人にとって

後悔しないように前提にするべき心構えについてみていきます。

 

 

雪国への移住で戸建てに住む時は雪下ろしが必要

地方移住して賃貸暮らしをする場合やマンションなどの場合は

雪下ろしが必要ありません。

 

折角地方移住するなら、広い土地を取得して

農業もどきのことをしてみたり、

庭いじりを楽しんだりというスタイルを望むのでしたら、

おそらく一戸建てを購入することになるでしょうね。

 

屋根の勾配を急にするなどして雪下ろしが不要な建築の仕方も

ありますが、

 

冬の期間は雪が降り積もりますから

雪下ろしが必要になります。

 

雪下ろしでは転落事故も起きている

雪下ろしくらいはじつは大したことではないんですが、

雪下ろしで注意することは、

 

転落事故に気を付けることです。

暖冬で、雪があまりなかったことが災いして、屋根から落ちても

雪が降り積もっておらず、

 

コンクリートの地面に落下してことで亡くなってしまいました。

 

亡くなった方へは心からご冥福をお祈りいたします。

 

年齢的にまだ50歳ですから、まだ老人とは言えない、

中年男性ですら、屋根からの落下事故に遭遇してしまう

 

リスクがあることが分かります。

 

雪国の住宅の屋根はトタン屋根で長靴が滑りますから

要注意です。

 

雪国への移住を考えるときは、雪下ろしをする手間を

考えるだけではなく、

 

雪下ろしで転落事故も発生しているという

少数ですが、厳しい現実も理解しておきましょう。

 

最悪のことを理解しておけば、

後悔することは少なくなります。

 

雪国では雪崩がある

雪国では雪崩があります。

 

雪崩の発生で家が飲み込まれるようなことまではないでしょうが、

山沿いの道路が閉鎖される場合があります。

 

 

 

また、スキー好きで雪国へ移住する考えの人もいるかもしれませんが、

スキー場以外の山に自力で昇って

「バックカントリースキー」を楽しむこともできるのですが、

 

 

31日午後0時10分ごろ、群馬県片品村の前(まえ)武尊(ほたか)山で、

スキー場のコース外を滑る「バックカントリースキー」をしていた2人の男性のうち1人が

雪崩に巻き込まれたと県警沼田署に連絡があった。

男性は周囲のスキーヤーらに救出され、ヘリで前橋市内の病院に運ばれたが、その後死亡が確認された。

出典:http://www.sankei.com/affairs/news/160131/afr1601310022-n1.html

 

楽しいことだけではなく

雪崩に飲み込まれるリスクもありますので

注意したいものです。

 

雪国への地方移住:注意点まとめ

雪国はダメだということはありません。

 

雪が降るからこその恵みもあるのですが、

住んで体験しなければわからないこともあります。

 

屋根の雪下ろしを楽にする道具と作成法を海外から動画についてはこちら!

 

雪下ろしで転落事故が起きていたり、

雪崩でバックカントリースキーで事故が起きたりなど

 

少ない事例ですがリスクもあることを理解して

移住できれば後悔はしなくて済む確率が高まります。

 

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析