淡路島の和紙も小川町に続きユネスコ無形文化財を目指そう!『和紙工房 松鹿』とは?



「人生の楽園」(2015年12月26日(土) 放送)では

【兵庫・淡路市~淡路の里 夫婦の和紙工房~】が紹介されます。

 

和紙をつくるという地味な活動ですが、

利益や莫大な収益を獲得することが目的にはできない地味な商売です。

 

和紙工房 松鹿(しょうろく)』をオープンした奥田さんご夫婦は

将来訪れる死を目の当たりにしたことがきっかけになるのですが。

 

和紙職人になりたいと思ったのは生まれ育った淡路島

1000年以上前から伝わる「淡路津名紙(あわじつながみ)」という伝統文化の

存在もあったのではないでしょうか?

 

紙すき体験ができる『和紙工房 松鹿(しょうろく)』を通して、

淡路島の伝統文化についてみていきます。

 

 

 

淡路島で紙すき体験ができる『和紙工房 松鹿(しょうろく)』はどこにある?

2015年11月に淡路市長澤地区の古民家を借りて

『和紙工房 松鹿(しょうろく)』と『ギャラリーながさわ』がオープンしました。

 

古民家を借りるというあたりも、

古きよきものを伝承していきたいという

気持ちの表れなのでしょうか?

 

和紙という伝統文化の紙すき体験とぴったりのイメージがある

物件が古民家でしょうね。

 

『和紙工房 松鹿(しょうろく)』の場所は

〒656-2221兵庫県淡路市長澤405 (目印:長澤会館から500m)

 

地図もご参照ください。

 

淡路島といっても、兵庫県明石市と明石海峡大橋で本土とつながっていますから、

関西圏からなら割とアクセスはいいのでは?

 

『和紙工房 松鹿(しょうろく)』をオープンのきっかけは淡路津名紙(あわじつながみ)にあった!

 

人は年を取ると、いずれ死を意識する時期がやってくるものです。

一つの区切りは、精いっぱい、定年まで働いて、子供も立派に成人して、

 

住宅ローンの返済も完済した

人生も後半戦に向かう時期かもしれません。

 

『和紙工房 松鹿(しょうろく)』の店主、奥田さんは、定年になる4年前に

上顎ガンが見つかり、その後治療によって寛解するという

体験をしました。

 

治癒したとはいえ、がんというのは命に関わる病気ですから

死を意識したと思います。

 

その時に、本当に時分がやりたいことは何か?

考えるきっかけになったのは想像に難しくありません。

 

生まれ故郷の淡路島で生まれ育って、淡路島のいいところを

発掘してそれをアピールしていきたいという気持ちになったのではないでしょうか?

 

これまで何十年もの間、淡路島という土地、淡路島の風土、

淡路島に暮らす人たちのお蔭でこれまでやってこれたという気持ちが

ふつふつとわいてきたのではないでしょうか?

 

淡路島にある淡路市の良さを伝えていきたいと地元への恩返しの意味で

和紙職人になる決意をしたのではないでしょうか?

 

淡路市では和紙工房はたった1件だそうですが、

 

淡路島の淡路津名紙(あわじつながみ)は1000年の歴史と伝統があるものです。

 

故郷に大昔から伝わる淡路津名紙(あわじつながみ)という伝統文化を絶やさずに、

淡路島をアピールする1つのツールとして活用できないかという

発案は素晴らしいです。

 

和紙で作った名刺をいただいた時の体験とは?

 

私も、和紙で作った名刺を埼玉県小川町でいただいたことがあります。

手触りが柔らかくて暖かいので、

名刺交換した時のことが忘れられません。

 

コストは高くつくだろうとも想像がつくので、

そんな大切な名刺をいただいてありがたいと思うと同時に、

この地域には、和紙という伝統文化があるのだと感じました。

 

ちなみに小川町の和紙(細川紙)は、2014年にユネスコの無形文化遺産に登録されました。

 

淡路島市の和紙「淡路津名紙(あわじつながみ)」もユネスコ無形文化財遺産へ登録される価値がある!

定年後の生甲斐、やりがい、淡路島への思いを

和紙職人という形で実現した奥田さんですが、

 

1300年の歴史がある小川町の和紙が国の重要無形文化財やユネスコ無形文化財遺産へ登録されているように、

1000年の歴史がある淡路島の淡路津名紙についても、

 

伝統文化としての価値が十分にあるのではないでしょうか?

 

奥田さんは、1000年も続いてきた淡路島のDNAに突き動かされて

生甲斐を追及しているようにも見えます。

 

小川和紙が楮(コウゾ)だけで作った和紙が文化遺産に登録されましたが、

和紙の原料になるコウゾが淡路島に自生しているという点も

見逃せません。

 

淡路島の人への印象とは?

淡路島の人と話をしたことがありますが、

会話のあとに、関西弁で「ありがとう!!

というフレーズが多く出てきました。

 

異次元の純朴さが感じられて、とても気持ちがいいですね。

 

本土ともつながってしまった淡路島ですが、

人とのふれあいという意味でも魅力ある地域だと思います。

 

故郷へUターンして兵庫県朝来市にある山奥の実家で開業した農家民宿「まるつね」についてはこちら!

 

そんな淡路島の人たちと接する機会が和紙であるとも

いえるのでしょう。

 

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析