北斗晶のブログで朝食の加工肉が気になる!乳がん再発予防の方法は?



北斗晶さんのブログを拝見すると

とても元気そうで、

 

抗がん剤で治療中とは思えないほど、

明るさが伝わってきます。

 

明るい性格で楽しくていいのですけれど、

乳がんを退治するために

抗がん剤治療をしているのであれば

 

食事にも人一倍気を付けた方がいいかと

感じました。

 

野菜たっぷりの食事になっていて

いい感じなんですけど、

 

北斗さんのブログでは朝食から加工肉が多く出てくるので

気になりましたのでコメントしていきます。

 

 

ブログで朝食を紹介する北斗晶さん大変ですよ!WHOは加工肉にがんとの因果関係があると言ってますよ!

 

WHO(世界保健機関)にある国際がん研究機関では、

ソーセージなどの加工肉は

 

人にとって発がん性があると

評価しました。

 

少量なら問題ないようですが、

毎日50g以上の加工肉を食べると

 

大腸がんになるリスクが18%増えるというのです。

 

勿論、栄養分もあるのでしょうけれども

根拠があると言っていますので

気をつけたほうがよいでしょう。

 

北斗晶さんのブログでは

加工肉がお皿一杯に

 

ソーセージ

ソーセージ

 

美味しそうに写真に写っているので

気になりました。

 

一切食べるなとはいいませんが、

お飾り程度の方がいいでしょうね。

 

発がん性があるとされた加工肉ってどんなものがあるの?

 

WHOが発表した発がん性があるとされる加工肉とは

 

  • ハム
  • ソーセージ
  • コンビーフ

などを指しています。

 

美味しいだけに残念ですが。

 

その他にも、

「赤肉」にも発がん性があるということで、

 

  1. 牛肉
  2. 豚肉
  3. ヤギ

 

など哺乳類の赤肉に発がん性があるということです。

 

ということで、

鶏肉は含まれていません。

 

北斗さん一家の食事は

結構、肉料理がブログで紹介されているのも

気になりますね。

 

参考記事⇒生稲晃子さんが乳がんを再発した記事についてはこちら!

 

抗がん剤でガンを攻撃する治療も

大切ですけれども、

 

ガンを育てないようにする努力も

大切だと思います。

 

死を招く食品に市販の赤い肉が!

医者いらずの食」というベストセラー本の著者

内海聡先生は、医師として立場から

 

日本人が老衰で死亡することがなくなっている現状を

食生活の乱れにあると指摘しています。

 

肉、野菜、食品添加物などについて幅広く

いいものとリスクが有るものを指摘しています。

 

その中で、死を招く食品というページでは、

ジョエル・ファーマンは菜食をすすめるアメリカの有名な医師の一人として

死を招く食品として5つをあげていることを紹介しています。

 

  1. バーベキューで焼いた肉、市販の赤い肉
  2. 揚げ物
  3. 低脂肪でない乳製品やトランス脂肪酸
  4. 清涼飲料水や砂糖や人工甘味料
  5. 精製された小麦製品

出典:医者いらずの食 (veggy Books)

 

肉は栄養もあるので、薬だと思って時々食べるくらいのスタンス

ちょうどいい気がします。

 

また、内海先生の本を読んでわかるのは、

同じ肉でもどんなものを食べて育った家畜なのかによって

栄養の品質が変わることが理解できます。

 

なぜ、海外から輸入される牛肉などにリスクがあるのか

詳細は、是非、本を読んでみてください。

 

不健康な食べ物を食べて育った家畜を食べると

人間も不健康になる恐れがあることに気づきました。

 

食材は高いものでも品質がいいものを購入することが

結果的に病気になりにくくなるので、

安上がりであることなども

学び取ることができます。

 

知は力なりといいますので、健康維持のために

どのような食事をとるべきなのかを理解する意味でも、

一読をおすすめします。

 

北斗晶 乳がん再発予防のために気をつけることは?

北斗晶さんは、セラミック加工のフライパンを宣伝しています。

 

熱伝導率が高く、くっつきにくいのが売りのようなのですが、

セラミック加工のフライパンは

 

フッ素加工のフライパンとの比較で

健康面の心配が小さいのがメリットであると

推測されます。

 

参考記事⇒北斗晶 フライパンの評判を決めるのはフッ素加工ではない安全性!

 

その意味では、京セラ セラブリッドフライパン 28cm 軽量モデル IH対応 CF-28B-WBU

などは、おすすめ商品です。

 

また、加工肉は化学調味料など不安要素があるものの、

一般の肉については、

 

ストレスがかからない状態で育った

国産の良質なブランド肉を選んで食べることは

悪いことではないのはずなのです。

 

病気になってしまうリスクを高める肉というのは、

家畜がストレスフルな状態で生育し、

 

家畜が食べさせられたものが劣悪な餌である場合に、

それを食べる人間にも悪影響を

およぼすことになるのでしょう。

 

フライパンにしても、お肉にしても、

安ければいいということではなく、

 

健康を損ねることがないような

高品質なものを

 

お金はかかったとしても

食べることが結局は安上がりになるのはないでしょうか?

 

また、予防医学の視点では、ステージ4のがんだった

ムラキテルミさんは石原結實先生の食事療法のやり方を取り入れて

がんに打ち勝ちました。

 

Amazonでも買えるAmazon「石原結實の本」には、

免疫力を高める考え方、食事のとり方、

食材やメニュー等が詳しくわかりやすく紹介されています。

 

興味のありそうな本を読んでみてはいかがでしょうか?

 

 

 

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ