膝痛の名医=齋田良知医師はPRP療法で評判!凄腕専門外来で紹介!



膝痛は加齢などによって軟骨がすり減ることが原因であると

よく指摘されています。

 

軟骨を再生させるようなサプリメントも

よくCMで放送されています。

 

サプリメントで効果が出る人はいいのですけれども、

簡単に結果が出ない場合もあります。

 

そんなとき、軟骨のすり減りで膝関節の炎症を抑えて

痛みを解消する新たな治療法を

 

順天堂大学医学部附属順天堂医院齋田良知先生

実施しています。

 

スポーツ選手の靭帯修復へも応用されている濃縮した

血小板を利用したPRP療法と呼ばれる方法です。

 

 

PRP療法とは?

PRP療法については、五本木クリニックの動画が

わかりやすいです。

自分自身の血液から採取した血小板を

遠心分離機で濃縮した上で、

膝に注入するとうのが、

 

膝痛に対するPRP療法ということになります。

 

膝痛がPRP療法で治る理由は?予約殺到!凄腕の専門外来でも症例が紹介

膝痛は軟骨のすり減りなどで炎症を起こしています。

 

自身の血液を遠心分離機で血小板を2倍以上の濃度に濃縮してできた

PRPは多血小板血漿と呼ばれていて、

炎症を抑えて組織を再生する働きがあります。

 

膝にPRPを注射で注入することで、血小板の

鎮痛成分が膝の痛みを取り払ってくれるのです。

 

さらにPRPは、関節包内の細胞を活性化して、

軟骨を再生する効果があります。

 

「予約殺到!凄腕の専門外来」では、75歳の女性患者が

PRP治療を受けて、20分後に膝痛が劇的に消えた様子が

紹介されています。

 

齋田良知先生がいる順天堂大学医学部附属順天堂医院

PRP療法ができる病院は少数ですけれども、

齋田良知先生が在籍する順天堂大学医学部附属順天堂医院で、

治療を受けることができます。

 

順天堂大学医学部附属順天堂医院

所在地: 〒113-8431 東京都文京区本郷3丁目1−3

電話: 03-3813-3111

URL:https://www.juntendo.ac.jp/hospital/

 

齋田良知先生は膝痛の名医で、サッカー選手をサポート

齋田良知先生は2001年順天堂大学医学部医学科を卒業し、

現在、順天堂大学整形外科で、

スポーツドクターとして活躍しています。

 

野球のピッチャーは肘を痛めやすいように、

サッカー選手は膝をいためやすいです。

 

齋田先生はスポーツ整形外科と膝が専門領域で、

プロサッカー選手をサポートできる名医として

知られています。

 

ストレッチポールを利用した膝痛予防法

齋田先生はストレッチポールを利用した、

膝痛予防法を紹介しています。

 

 

太ももの筋肉を柔らかくすることで

膝が曲げやすくなって、膝痛予防につながると

紹介しています。

 

ストレッチポールはAmazonで買えるので、

一家に1つ備えておくことを

おすすめします。

 

太ももだけではなく、背中など、全身の筋肉をストレッチして、

血行を良くすることができる優れものです。

 

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ