田舎暮らしで長野県安曇野市へ地方移住した元パート主婦は独立し仕事を自ら作った体験とは?




 2015年11月21日(土)に放送される

人生の楽園」(テレ朝系)では、

 

 

パート勤務で調理の仕事をしていた主婦が

子育てを終えた後、

 

長野県安曇野市移住して

 

2011年5月に独立開業してオープンした

ありあけ山のcafe」が紹介されます。

 

番組では「りんごの里の絶景カフェ」と題して

店がが紹介されます。

 

地方移住をして田舎暮らしをする候補としては

首都圏の周辺で探すなら、

長野県は最有力候補です。

 

地方移住をして田舎暮らしをするには仕事が必要ですが、独立開業して

仕事を自ら作った安曇野市の「ありあけ山のcafe」を通してみていきます。

 

 

地方移住なら安曇野市は仕事もある田舎暮らし先!有明山の麓で理想的な土地と出会い開業したのは主婦!

 

まず、紹介される

「ありあけ山のcafe」が何処にあるのか?

を確認しましょう。

 

  • ありあけ山のcafe
  • 住所:〒399-8301 長野県安曇野市穂高有明7348-9
  • 電話番号:0263-88-7850

 

となっています。

 

あまり駅からは近くはないのですが、

最寄りの駅を強いて言えば、

 

JR大糸線の安曇追分駅となります。

 

 

 

南北に大糸線が走っていて、

長野県の県庁所在地である松本市から、

少し北上した位置に安曇野市があります。

 

更に安曇野市の北方向には大糸線に沿って、

栂池高原スキー場がある小谷村があります。

 

今回紹介される

「ありあけ山のcafé」

は、その名の通り、

 

北アルプスを形成する有明山の東側の麓に

立地していて、

 

北アルプスの景観が見事です。

 

お店を運営するうえでも、田舎暮らしをするうえでも、

景観がいいのはポイントが高いです!

 

有明山は、飛騨山脈にある標高2,268 mの山

ですから、

かなり標高は高いです。

 

山の迫力と見栄えが違いますね。

 

ちなみに、お店があるところの標高は655mしかありませんので、

夏の避暑地として考えるなら、

 

標高1000mくらいだと真夏の日中でも

涼しいのですが、

 

そこまでの高さではないです。

 

また、安曇野市は山の景観がきれいなのですが、

山奥の過疎地という田舎ではありません。

 

安曇野市の人口は約95000人以上いて、

微増を続けていますので、

 

地方移住や田舎暮らしを考えている人にとっては

病院やスーパーなどの買い物の心配は

比較的少ない地域です。

 

また、安曇野市の力強さは

大手企業が多く誘致されているので、

 

雇用もあって、若者が仕事して収入を得るには

条件がいい田舎になります。

 

安曇野市は大手企業が多いので税収もしっかりしている

イメージがあります。

 

主婦が子育てを終えて、

「ありあけ山のcafé」

を開業して成功できたのも、

 

景観の良さや美味しいリンゴが調達できる

立地の良さだけではなく、

 

安曇野市が持つ本来のパワーがなければ

成り立たなかったでしょう。

 

南アルプスが見える長野県飯島町の田舎暮らしと食生活についてはこちら!

 

移住して田舎暮らしを体験したいとか、

 

地方移住して暮らすだけではなく、

趣味を生かして飲食店などを開業したいという方なら

 

観光的な要素も十分にあるうえで、

町に活気があるかどうかも

 

チェックするべきでしょう。

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析