楽天カードの審査が甘い?入社1ヶ月でもクレジットカード発行!



クレジットカードの審査というのは

基本的には甘くないという印象があります。

 

カードを発行してもらうには、

年収、現在の借入状況、お勤めなのか、フリーランスなのか

など、

 

細かくチェックを受けるからです。

 

また、お金についてだらしないかどうかも、

CIC、KSC、JICCなどの信用機関で

お金についての個人情報が管理されているので、

お金の使い方について過去に事故がなかったか、

現在の借入状況やカードの利用状況なども

チェックされるからです。

 

つまり、クレジットカードを1枚発行してもらうには

多くのハードルをクリアしなければならないという

実情があります。

 

その一方で、楽天カード審査が甘いという

噂があります。

 

実際に、楽天カードの発行を申し込みをしてみた結果、

意外にも、簡単にクレジットカードを発行してもらえることがわかりました。

 

特に、年収が少ない人、正社員ではない人、

入社1年目どころか入社1ヶ月目の人などでも

審査が通過する可能性があることがわかりました。

 

 

楽天カードは審査が甘いという評判を信じて、クレジットカード審査へ

 

アフィリエイターがA8.net に登録して、

セルフバックを利用して、

 

楽天カードを発行してもらい報酬を受け取ったというような

話を時々聞きます。

 

会社員の場合なら審査も通りやすい気がしますが、

アフィリエイトで生計を立てているような

不安定な自営業者でも楽天カードなら

審査が通る可能性があるというわけです。

 

(ただし、自営業者はそれなりに稼いでいる人でないと

現実は審査は通りにくいかもしれません。)

 

入社1ヶ月目で給料はこれから!クレジットカード発行で報酬を

不安定なフリーランスでも楽天カードが持てるなら、

転職して入社1ヶ月目でも

楽天カードなら審査が通るかもしれないと思い、

カード発行を依頼することにしてみました。

 

ファンコミュニケーションズが運営するA8のセルフバックを利用して、

クレジットカードが発行されれば

報酬が獲得できるというメリットもあります。

 

転職したてで、入社1ヶ月目ですので、

 

収入が十分ではないので、

クレジットカード発行のセルフバックで

お小遣い稼ぎの一環でもあります。

 

楽天カードの申込みに必要な申告内容とは?

実際に、楽天カードの申込みをPCでするには、

審査に必要な内容の入力をしていく必要が出てきます。

 

名前や生年月日からスタートして、

 

  • 住まいが賃貸か、持ち家か
  • 居住年数は何年か
  • 他社の借入状況
  • 職業(会社員か自営業かなど)
  • 勤務先の名称と所在地と電話番号
  • 勤務先の業種と職種
  • 勤続年数
  • 年収
  • 貯金(クレジットカードで1年間に支払いができる金額)

 

といった内容を申告していく必要があります。

 

翌日、楽天カード発行のお知らせが入った!

夜に、楽天カードの申込みをして、翌日仕事から帰って

メールをみると、

 

カードの発行手続が完了いたしました。

と、

審査が通ったことが分かる内容の

お知らせが入っていました。

 

楽天カードは審査が甘いというのは

本当だったんです。

 

楽天カードが審査が甘いという理由は?

楽天カードの審査が甘いと感じた理由を

紹介していきましょう。

 

 

入社1ヶ月でも大丈夫だった!正社員採用前の試用期間

一般的な常識では入社1ヶ月目ではクレジットカードの審査は

通らないし、申込み自体無謀だと考えられていると思います。

 

転職したばかりで、審査が通るとすれば、上場企業へ勤務しているとか、

勤務先の内容がよいような場合は

審査が通りそうな気がしますが、

勤務先は世間が誰もが知っているような

ご立派な会社ではありません。

 

しかも、入社してまだ1ヶ月に満たない試用期間中の身分ですので、

正式に正社員として採用されていたわけではありません。

 

ちなみに、楽天カードの入力フォームへは、

1年未満しか選べなかったので

1年未満にチェックをしました。

 

 

金融機関は勤続年数で支払いが継続的にできるかどうかを

判断するのが一般的です。

 

結果的に審査が通った楽天カードって

かなり前向きに審査をすると思いませんか?

 

年収の証明が不要だった

給料はまだ一度ももらったことがない状況なので、

とりあえず、平均的な収入よりやや劣る

300万円と申告しておきました。

 

源泉徴収票や給与明細の写しなどの裏付け書類の提出は

不要でした。

 

居住年数が1年未満でも大丈夫だった

引っ越しをしたばかりの賃貸物件に

住んでいる状況で居住年数は1年未満と

申告したにもかかわらず、

カードは発行されました。

 

勤続1年未満であることと、居住年数が1年未満というのは

ある意味、整合性がとれているとも言えるのですが、

一般的に考えると

安定感が薄いように感じられるのが普通のように思うのですが。

 

楽天会員のランクも高くない

楽天では利用実績に応じて、会員が

ランク付けされています。

 

楽天カード発行の審査に影響するかもしれない

という憶測があるようですけれども、

私の場合はあまり楽天を利用する方ではないので、

最低のランクです。

 

貯金の申告額も低めに申告

属性がイマイチの人は、貯金の額を多めに申告することで、

審査が通るかもしれないという憶測があるようですが、

 

楽天カードの審査で申告する貯金額とは

1年間にクレジットカードの支払いにあてることが可能な

金額のことです。

 

ですので、入社1年目らしく、300万円以上といった

大きめの金額ではなく、数十万程度の支払い額に

低めに申告をしました。

 

それでも結果的には審査が通っています。

 

入社1ヶ月、居住年数1年未満でも楽天カードの承認が得られた理由は?

楽天カードはよくぞ、審査を通してくれたと

驚いていますが、

審査が通るだけの理由もあった気がします。

 

  • 他社の借り入れが0であること。
  • キャッシング枠設定を0円にしたこと。(堅実な印象を与えた?)
  • VISAデビットカードで日々の買い物でよく利用している実績があったこと

 

などがあります。

 

免許番号の入力でそそっかしさを判定している?

また、最後に免許証の番号を入力をしたのですが、

末尾の番号は「0」が普通です。

 

末尾が「1」だと再発行を1回していることがわかるので、

紛失歴があると判断され、

そそっかしいと判断されてしまいますが

私の場合は末尾は「0」でした。

 

キャッシング枠をなしにした点は審査には好印象か?

クレジットカード発行会社からするとキャッシング枠を設定して

利用してもらいたいという狙いはありますし、

キャッシング枠を設定するとポイントがもらえました。

 

そこをあえて、キャッシング枠0円としたことで、

借金グセがないという当初の印象をあたえることができるように

思われます。

 

必要とあれば、カード発行後に設定をし直すことができるでしょうから、

まずは審査を通すという目的では、

あえて、キャッシング枠をなしにするのも

戦略かもしれません。

 

クレジットカード審査が心配な人はデビットカードで実績を積む方法も

 

  1. 高収入なわけではない、
  2. 大企業勤務ではない
  3. 勤続年数が短い
  4. 居住年数が短い

 

といった弱点がある人でも、

楽天カードなら審査が通るかもしれません。

 

是非、チャレンジしてみてください。

 

仮に、審査が通らなくても、

楽天銀行デビットカード(JCB)

なら、審査無しで発行してもらえます。

 

デビットカードは分割払いができないだけで、

1回払いの決済に利用できるカードです。

 

クレジットカードと同じような使い勝手で、

ポイントも貯まるのでクレジットカードを申し込む前に

実績を作るという意味でも利用価値がありそうです。

 

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ