元横綱北の湖、直腸がんで死去!短命の原因は肥満と食事の量と回数が多すぎる力士の職業病!



北の湖理事長

白鵬が横綱でありながら、

猫だましという奇襲を使ったことに、

前代未聞だと怒りを覚えていたのが、

2015/11/17の最近のことでした。

 

白鵬に対して横綱としての美意識を

訴える精神的な強さを感じさせてくれながらも、

 

直腸がん多臓器不全のために、

2015/11/20に福岡市内の病院で亡くなりました。

 

北の湖理事長は最後の最後まで相撲界に力強いメッセージを残してくれた

強すぎる元横綱でした。

 

北の湖のような相撲の歴史上も指折りの強さを誇った

元横綱も直腸がんなどの病気には勝てませんでした。

 

力士は相手を倒すために敢えて体重を増やし

肥満になる必要があります。

 

北の湖のように力士短命となりがちな原因は多すぎる食事の量と回数の多さです。

 

力士の職業病についてみていきます。

 

 

 

直腸がんで亡くなった北の湖は、内臓の病気があった!力士は肥満と食事の量と回数が多い職業病に注意!

 

北の湖親方に限りませんが、相撲取りは肥満体質で

100%お腹が出ています。

 

人の体は悪いところがあるとその部分を

かばう様に膨れ上がります。

 

肥満で、お腹が出ている人は腹部に悪い病気が潜んでいる

可能性があるという風に解釈ができますから

注意が必要です。

 

肥満が体に悪いということも言われますが、

体に悪い食生活や生活習慣があるために

お腹が膨れて肥満になります。

 

力士は食事の量が多いですし、

食事の回数も多いのが特徴で、

 

結果的に内臓に負担をかけて病気を発症する傾向が高いのは

職業病と言えるでしょう。

 

北野湖親方も相手に勝つためには

体重を増やす努力をして、

 

体を筋肉や脂肪で覆ってきたのだと思いますが、

北の湖理事長が62歳という若さで亡くなってしまった

原因は、

 

若いころからの暴飲暴食にあるのは間違いないでしょう。

 

直腸がんなどの内臓疾患は

相撲取り(=力士)という職業の職業病と言ってもいいかもしれません。

 

偶然にも早期発見が出来ていれば

助かったかもしれませんので、

 

今後力士や過去に相撲取りだった人は特に、

スリムになる努力だけではなく、

 

これまでの習慣化した大食い、

過食の習慣を改めたり、

 

定期的な健康診断が望まれます。

 

若くして横綱の名声や富を得て、

「憎らしいほど強い」とまで言われた

 

昭和の名横綱の北の湖理事長が

62歳で亡くなり、短命だったことは残念です。

 

力士が内臓の病になりやすいことを

予防する動きが出て欲しいものです。

 

時天空は血液のがん=悪性リンパ腫に!

 

 

血液のガンといわれる悪性リンパ腫ですが、

時天空の場合は、早期発見で助かる可能性が

高いのが救いです。

 

食べ過ぎの北斗晶の乳がんの記事はこちら!

 

 

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析