高倉健さん 「血液のがん」だった!外食や甘い物と悪性リンパ腫との関連はあるのか?



 故・高倉健さん(享年83歳)は命日の2015年11月10日で

一周忌を迎えます。

 

高倉健さんは晩年、年の割には

健康であることで、

 

高倉健さんの健康の秘訣が話題にも

なりました。

 

身長が180cm、体重71㎏で

体型的にも理想的です。

 

健康だと思われていた高倉健さんの死因

「悪性リンパ腫」という「血液のがん」でした。

 

年齢的には男性の平均寿命レベルまで

長生きできましたので、

 

特別不摂生をしたとは思えませんが、高倉健さんの生前の食生活好物などを

振り返りながら、血液のがんとの関連を考えてみます。

 

 

高倉健さんはコーヒー好きだったが死因の「血液のがん」とは無関係!

 

高倉健さんはコーヒー好きで有名でした。

1日に20杯も飲んでいたのではないか

と言われています。

 

 

コーヒーとがんとの因果関係は特になくて、

 むしろコーヒーを適度に

 

服用することは

健康に良いとさえ言われています。

 

ですから、コーヒーを多く飲んだことが

癌の原因になったとはいえません。

 

むしろ、コーヒーが好きな人の中には

がんの危険因子であるといわれる

タバコを吸う人が多いです。

 

コーヒーとタバコというのが大変相性がよくて、

自販機でタバコを買う人が、

 

隣に飲み物の自販機があれば、

缶コーヒーを買う人が多いことにも

表れています。

 

ちなみに高倉健さんはタバコのCMには出演したことがありましたが、

喫煙の習慣はありませんでした。

 

高倉健さんは晩年妻がいない独り暮らしで「外食中心の食事」だった!江利チエミさんとの離婚が原因?

 

高倉健さんは喫煙もしませんし、癌の原因になると

考えられているアルコール、飲酒もしません。

 

朝起きると、毎日グラノーラというシリアルを

食べていて、

 

麦や玄米、トウモロコシ、ナッツなどが

原料ですから

 

高倉健さんの健康法の1つでもありました。

 

ですから、高倉健さんの食事や飲み物、嗜好品などを

確認してみても、

 

血液のがんにかかった原因は特に見つかりません。

 

強いて言うなら、江利チエミさんと離婚後は

妻や子供がいませんでしたから、

 

食事は100%近く外食であった

と高倉健さんが告白しています。

 

外食は和食店の様に必ずしも健康的で

バランスが取れているとは

限りませんし、

 

高倉健さんは嫌いなものは一切食べない主義であったので、

外食をする食事の内容によっては健康に影響する可能性はあったでしょう。

 

 

江利チエミさんが元気に生きていてくれて、

離婚をしなければ、

 

高倉健さんの病気を防ぐ一因にはなったのかもしれません。

 

 

高倉健さんの好物はアップルパイで死因とは無関係!ただし癌は糖分を好む!

 

高倉健さんはアップルパイが好物であることが知られています。

 

高倉健さんの死因にもなった

 

「血液のがん」の原因が

アップルパイだとはいいません。

 

ただし、がんというのは糖分が好きです。

 

癌を発見する検査にPET検査がありますが、

食事などを一切取らない状況で、

検査の時に体に糖分を流し込むと、

 

癌が正常な細胞よりもブドウ糖を何倍も

多く取り込む性質を利用した

検査です。

 

北斗晶の乳がんと肥満や食べ過ぎが原因についての記事はこちら!

 

ですから、アップルパイに限らず糖分の取りすぎはガンを

活性化させてしまうので 注意が必要です。

 

甘いものが食べたくなったという方は

注意しましょう。

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析