大橋巨泉に巨額の権利収入は噂だけ!所ジョージも携帯電話会社へ未公開株出資などありえない!




 2015年11月2日(月)に放送される

「徹子の部屋」には

 

 大橋巨泉さん(81)と娘の豊田チカさんが、

親子で出演されます。

 

大橋巨泉さんはガンと闘病生活を送っています。

 

番組の出演はがんと闘う多くの人を励ましたいという

気持ちなどのメッセージがあるのでしょう。

 

大橋巨泉さんと言えば、かつては放送作家であり、

タレントであり、政治家でもありました。

 

セミリタイア生活を送って、

日本だけではなく海外にも自宅があって、

 

悠々自適の生活を送っているということでも有名です。

 

そんなライフスタイルがあるせいか、

大橋巨泉さんには権利収入があって

 

自動的に何もせずにお金が継続的に

入りこんでいるという説がありあます。

 

所ジョージさんにも全く同様の携帯電話会社の

権利収入があるという噂があります。

 

収入が多い人と思われる大橋巨泉さんや所ジョージさんに、本当に権利収入があって

巨額の収入を得ているのか考えてみたいと思います。

 

 

大橋巨泉と所ジョージに権利収入は携帯電話であるというのは本当か?

 

噂によると大橋巨泉さんには、携帯電話サービスが

始まる頃に大手携帯電話会社からの

 

携帯電話事業の権利を取得しないか

という打診があり、

 

今では考えられないよう格安の金額で

携帯電話サービス事業の権利を購入した

という噂があります。

 

結果として携帯電話サービスの基本料金なり、

利用料金の一定のパーセンテージが

 

権利収入として毎月入金されているという

 大橋巨泉さんに権利収入源があるという説です。

 

この話を聞くと、やっぱりそうだったのかと

思う人もいるでしょうけれども、

 

私の個人的な見解では、

ありえないと思っています。

 

大手携帯電話会社のNTTドコモなどが、

芸能人だからといって、

 

特別に権利収入が発生するような特権を

与えるわけがありません。

 

もしあるとすれば、NTTドコモは上場しましたから、

NTTドコモの株式を購入すれば、

 

ドコモが企業として携帯電話事業を行ってあげた

収益の一定の部分が株主に配当金として支払われます。

 

NTTドコモの収益の大半が携帯電話事業ですから、

携帯電話の権利収入を持つという意味では、

 

大橋巨泉さんだけではなく、

一般の投資家は上場株式として

 

NTTドコモの株式を保有することによって

間接的に携帯電話事業から

 

得られた収益の

一定の額を配当として

受け取ることが可能です。

 

百歩譲って、本当にNTTドコモの携帯電話事業の

権利収入を産むような特権を大橋巨泉さんに

与えられていたと考えるなら、

 

NTTドコモ上場前の株式未公開の段階で、

大橋巨泉さんが投資家・スポンサーとして

 

未公開株に出資をしていたという

意味合いであれば理解はできます。

 

つまり、大橋巨泉さんがNTTドコモの創業時の

スポンサーであるという解釈につながりますが、

 

これもありえないでしょう。

 

なぜなら、親会社のNTTは第三者に株式を

発行しなければならないほど

資金的に困ってないからです。

 

また、上場企業としてNTTという会社が

特定の個人について優遇するようなことは

考えられません。

 

このことは、大橋巨泉さんだけに言えることではなく、

同じく権利収入の噂がある

 

所ジョージさん、細木数子さん、叶姉妹についても

基本的には同じです。

 

 

権利収入の話や未公開株への出資の話は詐欺の話に

つながりますので、気を付けましょう。

 

実際に今でも手を変え品を変え、

横行しています。

 

大橋巨泉に権利収入や不労所得があるとしたら何?

 

大橋巨泉さんは株式に投資はしたことがないと

語っています。

ですから、株式の配当や値上がり益による収益は

ないと考えていいでしょう。

 

あるとすれば、巨額の現金から生まれる利子や

仮に国債を買っていれば

国債からの利息が基本だと思います。

 

銀行の預金金利を0.1%と仮定すると、

現金が100億円ある方なら、

 

年間で1000万円(税引き前)の

利子がつきます。

 

また、過去に作家として執筆した著書は30冊以上ありますから、

仮に絶版にならずに

 

今でも売れ続けている本があるなら、

 印税収入という権利収入にあたるものは

入っている可能性はあります。

 

大橋巨泉の千葉を含め4か所の自宅でのセミリタイア生活についてはこちら!

 

ただし、印税収入についてはそれなりの労力を使って

書いた対価として得られたもので、

 

不労所得のような意味合いではありません。

 





関連記事:


2 Responses to “大橋巨泉に巨額の権利収入は噂だけ!所ジョージも携帯電話会社へ未公開株出資などありえない!”

  1. より:

    資金調達としてではなく、
    普及させるためとしてであれば、
    あり得たのではないでしょうか?

    所ジョージさん達が、
    ネットワークビジネスによる
    携帯電話普及の協力をしていたとすれば…
    フランチャイズ的に^ – ^

    あり得る話かなと思ったりします

  2. 浦安 より:

    残念ながら事実です。
    あなたの頭のなかでは規模が大きすぎたり、常識を越えているので認めたくないでしょうが事実です。

    ただし、正確には株式ではなく、資金提供です。
    当時は電波が全然で繋がらない状況でした。それをよくするために電波塔を建てまくろうということになり、その資金の提供を募集したのです。
    全然集まらなくて三次募集までやってましたね。
    その募集に乗っかったのが名前の出てくる有名人です。まぁ叶姉妹がその祖父が乗っかって、死後、姉妹が引き継いだ形ですが。

    何百万かかけて調べれば分かりますよ。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析