ウォルマートカードセゾン 勤続3ヶ月で申込みで審査は通る?会社に連絡もあった



普通の会社員でも、自宅へ帰ってから

副収入を得ることはできます。

 

簡単に誰でもできそうなものとしては、アフィリエイトの

セルフバックを利用して、

 

クレジットカードを発行してもらうことで、

まとまった金額の報酬が得られたりします。

 

会社員やアルバイトの特権として会社にこうそくされるのは

弱点ではあるものの、

サラリーマンはカード発行などをしてもらいやすい

という優位性もあります。

 

会社員であることをうまく利用して、

西友で使うとお得になる

ウォルマートカードセゾンというカードの

申込みをしてみました。

 

審査を受けてみてウォルマートカードセゾンの審査の特徴は会社へ連絡してくることも

あることがわかりました。

 

審査基準や対策などを申込みをしてみた体験を踏まえて

紹介していきます。

 

 

ウォルマートカードセゾンのカードを作ろうとした動機は?

そもそも、ウォルマートカードセゾンというあまり知られていないカードを利用する目的は

何かと言えば、

次の2つになります。

 

  1. セルフバックで収入アップ
  2. 最寄りの西友での買い物が3%オフに
  3. ETCカードも年会費無料、発行手数料無料で発行してくれる

 

具体的にどんなことなのかを説明してみます。

 

ウォルマートカードを作るだけで報酬が得られる

正直言って、クレジットカードは既に2枚持っていますし、

デビットカードも、4枚ほども持っています。

 

ですので、カードを利用してポイントをためたり、

キャッシュバックを受け取ったりするという

目的だけなら新規にウォルマートカード作る必要性はありません。

 

ただし、カードを発行してもらうことで、

報酬が得られるなら申込みをする手間をかける価値はあります。

 

アフィリエイト会社が提供するセルフバックとか

自己アフィリと呼ばれる方法で、

 

カードを発行すれば、自分に報酬が得られるというわけです。

 

今回は、ファンコミュニケーションズが提供する

A8にウォルマートカードセゾンがあったので、

利用してみました。

 

カード発行をして、広告収入を得たいという方は

A8.net に登録をおすすめします。

 

ウォルマートカードで買い物をすると3~5%オフになる

買い物をしようとするなら、いくつも近くにスーパーがあります。

 

その中の1つに西友があります。

 

いつもは所有しているデビットカードや現金で買い物をしていますが、

VISAデビットカードのポイント還元率はたかが知れています。

 

ウォルマートカードセゾンはポイントがたまるという目的だけではなく、

西友で買い物した金額が3%オフにいつでもなりますし、

 

5日と20日は5%オフになります。

 

一般的なクレジットカードは還元率が1%がせいぜいでしょうから、

3~5%の値引きは魅力的です。

 

ちなみに、私の場合は近くのあるお店が西友ですが、

ウォルマートカードセゾンを使って、3%オフになるのは、

 

  1. 西友
  2. リヴィン(LIVIN)
  3. サニー
  4. SEIYUドットコム

となります。

 

ETCカードも無料で発行

ETCカードを今使っているクレジットカードが

あと5ヶ月程度で期限が切れます。

 

その意味で、ETCカードが欲しかったんですよね。

 

ウォールマートカードセゾンは

年会費永年無料、ETCカード発行も無料です。

 

楽天カードの場合は、年会費500円(税別)がかかりますので、

ウォールマートカードセゾンの方が

費用面の魅力があります。

 

 

ウォルマートカードセゾンの審査で落ちるかもしれなかったリスクとは?

カードを発行してもらうメリットはあるのですが、

実際にはクレジット会社の厳格な審査を通過しなければなりません。

 

審査が通るか心配だった点もいくつかあったので

紹介していきます。

 

3ヶ月前に他社のカードを作っている

実は、A8を利用して、楽天カードを発行してもらったのが

わずか3ヶ月前です。

 

参考記事⇒楽天カードの審査が甘い?入社1ヶ月でもクレジットカード発行!

 

会社の同僚に、直近で楽天カードを発行してもらったばかりだから、

審査結果がどうなるか心配だと話してみると、

 

同僚は「カード発行を3ヶ月前にしたなんてわからないのでは?」

と素人考えの憶測を主張していました。

 

実際には、そんなことはありません。

 

カード会社は短期間に買い物をされたり、

キャッシングでお金を支払い能力を超えて

お金を引き出されたりしないように

情報共有がなされています。

 

当然、キャッシング枠、

クレジットカードで利用できる買い物枠

がどの程度あるのかは確実に把握されています。

 

また、一定期間内の問い合わせ履歴は

確実に残っています。

 

カードを発行する側からすると、

最近カードを発行されたばかりなのに、

なんの目的があるのかと

疑惑を持たれそうな行動でもあるのです。

 

入社3ヶ月と勤続年数が短い

転職して間もない状況であるために、

クレジットカード会社が与えてくえる

 

  • ショッピング枠
  • キャッシング枠

 

という信用の提供を与えるだけの実績が小さいと言えます。

 

収入が低い

会社から搾取されて働いているサラリーマンで、

勤務先はブラック企業であるために、

 

充実した福利厚生があるわけでもなく、

社員を満足させるような報酬を今後、得られるかは

かなり疑問です。

 

転居してまだ半年経過していない

引っ越しが趣味というわけではないですが、

割と頻繁に引っ越しをしていたりもします。

 

ウォルマートカードセゾンを申し込みしたときも

引っ越しして5ヶ月程度しか経過していません。

 

過大な借金を抱えて夜逃げをする人は

ある日突然、賃貸物件から姿をくらましたりします。

 

住民票も移さないようにして、賃貸物件を

転々として

金融会社からの督促をかわそうとするような

いかがわしい動きも疑われてしまいそうです。

 

以上が、カード申込時に

審査が通過するか不安だった要素です。

 

ウォルマートカードセゾンの申込画面で実際に入力しなけれならない情報とは?

実際に、ウォルマートカードセゾンの申込みをしてみると

案の定、

いろいろな情報の入力が必要になりました。

 

  • 氏名
  • 生年月日
  • 住所
  • 携帯電話番号
  • メールアドレス
  • 持ち家か賃貸か
  • 賃料負担があるかどうか
  • 居住年数 
  • 運転免許証の番号

 

 

 

仕事についても、

 

  • 会社名と会社所在地、会社電話番号
  • 勤続年数 
  • 年収 

といった内容の入力が必要です。

 

その他には、

  • 退社借り入れの有無 
  • 支払い可能な月々の額

などの入力があります。

 

特に、厳しい雰囲気ではありませんけれども、

ふるい落とされる要素はいくつもあります。

 

居住年数のチェック

居住年数についてはなにか証拠を提示させられるわけではないですが

半年未満、1年以上2年未満、2年以上という具合に、

3つの中からチェックするようになっています。

 

私は半年未満にチェックを入れました。

 

勤続年数のチェック

勤続年数についても半年未満をチェックしました。

 

つまり、入社たばかりの人は、

入社1日目でも、5ヶ月でも

同じ半年未満というくくりになります。

 

免許証の番号入力

イオンクレジットの場合は免許証をアップロードする必要がありましたが、

ウォルマートカードセゾンは番号の入力だけです。

 

免許書画像のアップロードがないものの、

免許証の番号には意味がありますので、

でたらめな入力はバレてしまいます。

 

ウォルマートカードセゾンの審査会社はクレディセゾン!

ところで、ウォルマートカードセゾンの審査受付の

金融会社の表示には

クレディセゾンと記載があります。

 

クレディセゾンは東証1部に上場するクレジット会社です。

 

そして、ウォルマートカードセゾンの審査も

クレディセゾンが行っています。

 

なぜ、わかるのかといえば、

「クレディセゾンから電話連絡があったからです」

 

ウォルマートカードセゾンの審査の特徴は電話連絡に!

ウォルマートカードセゾンの申し込みフォームを記載していくと、

審査の流れが表示されているのでわかるのですが、

 

審査では、携帯電話へ連絡が入るという説明があります。

 

つまり、入力フォームを記入したあとで、個人情報を取得し、

問題がなければ、

申し込みフォームに記入された電話番号へ

連絡をしてくるということです。

 

ちなみに、3ヶ月前に作成した楽天カードでは、

登録した携帯電話の番号へも会社へも電話連絡は入りませんでした。

 

その意味では、ウォルマートカードセゾンの審査の特徴は

直接、電話連絡をするところにあるといえるでしょう。

 

クレディセゾンから会社に連絡が入った

実際に私の場合には、

会社へ連絡がありました。

 

申し込みフォームを記入した夜の翌日午後3時過ぎに

会社へクレディセゾンを名乗って、

「個人名を指定して、○○さん、いらっしゃいますか?」

 

という電話が入りました。

 

つまり、審査会社のクレディセゾンが

在籍の確認をしてきたわけです。

 

会社への在確の内容は?

電話にでて、1,2分よろしいでしょうか?と断りがあって、

OKすると、

本人確認のため、生年月日とご住所をお願いしますという

質問がありました。

「生年月日と住所を回答」すると、

本人であることを確認できたらしく、

携帯電話へ連絡をしていたが、つながらなかったので、

会社へ連絡させていただきましたということ。

スマホの電源が入っていないというアナウンスが流れるがどうして?

という質問をうけました。

 

「たまたま、電源を切っているだけ」とこたえると、

では、登録をさせていただきますといって、

電話での在確や本人確認が完了しました。

その直後に、

カード発行手続きが整いました

という件名でメール案内がありました。

 

■お問い合わせ先 (株)クレディセゾン

とあったので、

審査はクレディセゾンが実施していることが明らかです。

 

ウォルマートカードセゾンの審査は厳しくはなかったが通過のポイントは在確か??

西友でお得に利用できるウォールマートカードの発行は

勤続年数、年収、居住年数などが

低評価でも通過することがわかります。

 

ただし、他社との違いとして、

本人への直接の確認電話がある点で

なりすましや嘘の申告はバレると覚悟しておきましょう。

 

逆に、会社に電話があって本人が受け答えできればなお良いことも

わかります。

 

他のカード会社への申込時の比較では、

楽天カードやイオンカードでは在確の電話がなかったので、

クレディセゾンは在籍確認を重視していることがわかります。

 

会社に連絡して欲しくない人は、携帯電話で対応を!

今回の申込みでは、携帯電話が調子悪く、電源を切っておいたために、

クレディセゾンの担当者が電話での確認ができず、

会社へ在確を兼ねて、

連絡をしてきました。

 

在確は本人と直接話しができるのがベストではありますが、

本人不在でも、在確はできます。

 

しかも、在確は、カードの審査かどうかが

わからないような軽いものです。

 

会社の電話を使って1分だとしても、

本人確認をしている様子を周囲が聞いたら、

あまりいい気はしないかもしれません。

 

ウォルマートカードセゾンの申込みをした直後はできるだけ

携帯電話にでれる体制を作ることが大切です。

 

今回は、無事審査が通過したのでカード発行がされるだけではなく、

A8からの報酬も得られることにもつながりました。

 

仕事から帰って、自宅でお金を少しでも

生み出したいという方には、

セルフバックがおすすめです。

 

 

A8.net の会員登録は無料でできるので、

試してみてください。

 

 

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ