業務スーパー カレールー「甘口 辛口 中辛」を比較した口コミ



業務スーパーにはカレールーも沢山の種類がそろっています。

 

スーパーにはおいてない、1キロサイズの大きいものもありますし、

有名ブランドのカレールーもあります。

 

その中で自社ブランドの「ホテルレストラン用 業務カレー」は

200グラムの内容量がある5皿分サイズで、

家庭用なら十分な大きさです。

 

業務カレーには甘口、中辛、辛口と3段階の

辛さがあります。

 

実際に食べ比べてみた口コミを紹介していきます。

 

 

業務スーパー カレールー「業務カレー」沢山作りたい人向けにおすすめでコスパも高い

業務カレーは5皿分という大きさが非常に満足できます。

 

というのも、最近は価格設定上の問題なのか、

スーパーでは4皿分のパッケージが多く見られます。

 

カレーを作るというのは、割りと手間がかかりますし、

なべ1つを占有するわけなので、

 

4皿分も5皿分も手間は同じなのです。

 

どうせなら1回作る手間で5皿分を作ってしまえば、

手間が省けるというものですし、

 

たくさん食べたいという食欲も満たされる気がします。

 

その意味で、お値段も安い上に、

5皿分も作れるという点で

食べる前から、買ったときにすごく得した気分になれるのが

業務スーパーの「業務カレー」です。

 

業務カレーは美味しいのか?

パッケージには「ホテル・レストラン用」「味を極めた本格派」

という記載があるので、

 

カレールーが美味しいのではないかと期待が持たれます。

 

比較対象が難しいところではありますけれども、

他の多くのカレールーとの比較で、

無難なレベルにおさめている気がします。

 

不味いカレーだと、値段が安かったとしても、

もう二度と買うことはありませんけれども、

 

何度もリピートしているので、

満足できているというのが実感です。

 

しかも飽きがこないので、最高レベルとは言えないかもしれませんが、

合格点ではないでしょうか?

 

中辛と辛口はどっちがいい?

業務カレーの辛口タイプですけれども、中辛との比較では、

もちろん、辛さが強く出ています。

 

パッケージには辛口も中辛も29種類の香辛料をブレンドしたカレー粉を使用し、

唐辛子と黒胡椒の辛味でスパイシーに仕上げました。

 

という表示になっているのは同じです。

 

辛いのが好きな方は辛口がいいでしょうし、

辛いとカレーの味が味わえないという方は、

中からの方が無難です。

 

個人的には、中辛の方がカレーのコクやうまみも

味わえていい気がしています。

 

ヒイヒイ言いながら辛さを楽しむなら、辛口です。

 

実際に、中辛なら、飲物なしでも最後まで

食べられますけれども、

 

辛口タイプは手元にお水がないと

辛くてたまらないレベルです。

 

食べた後も、舌に辛さが残るのは、

辛口タイプだけです。

 

カレーのうまみの後に辛さを味わいたいなら、

辛口がおすすめです。

 

中辛と甘口はどっちがいい?

甘口は中辛よりも、辛味がもう一段落ちている感じです。

 

甘みとかうまみをもっと中辛よりも感じられるといいなと思うのですが、

そのあたりまでは味に深みがないのが 残念なところですね。

 

中辛や辛口が好きだと言う人でも

甘口もうまみやコクが感じられていいと

評価したくなるレベルではありません。

 

だからといって、まずいということではないので、

あくまでも、好き好きなのかと。

 

あとは、作る人の料理の技術にもよるのかもしれません。

業務カレー

パッケージに記載があるように、

 

お好みによって

赤ワイン、しょうゆ、

などをプラスしたりなどの工夫をする

美味しいカレーの作り方と言うものがあるようです。

 

業務カレーの製造元が気になる

業務カレーは販売者が株式会社神戸物産KHという

表示がありますけれども、

 

製造元は不明です。

 

しっかりとしたカレールーに仕上がっているので、

恐らく、製造元もしっかりしているところに

依頼していると推測されるようなレベルです。

 

他社のカレールーと比較しながら、

一度、「甘口、中辛、辛口」と食べ比べてみてはいかがでしょうか?

 

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ