湯沢ニューオータニの野菜ビーフカレー中辛ってどう?食べてみた口コミ



ニューオータニグループの湯沢ニューオータニ料理長が監修したという

野菜ビーフカレー中辛のレトルトパックは

贈答用品として、

 

また、一般の通販で購入できる商品として

楽天などでも購入ができます。

 

ニューオータニといえば、

菅官房長官が3000円のパンケーキを食べる場所としても

知られている都内の有名なホテルです。

 

そのニューオータニグループの湯沢ニューオータニ料理長が監修したカレーですので、

レトルトパックとは言え、

 

美味しいのではないかと期待感が先行します。

 

実際に、ニューオータニのブランドイメージに釣られて

購入しようとする人も多いかもしれません。

 

実際に、野菜ビーフカレー中辛を食べてみた結果、

どのような味だったのか、美味しかったのかどうか、

口コミとして紹介していきましょう。

 

 

野菜ビーフカレー中辛を開封、見た目はそれほどでもない?

5~7分沸騰させてから開封するように

パッケージに書いてあるとおりに

7分程度沸騰させてからご飯に盛り付けてみました。

野菜ビーフカレー中辛

 

見た感じはそれほど美味しそうな色合いではないかもしれません。

 

レトルトの割には、じゃがいもとか牛肉、

人参の形がはっきりと見える点は、

 

国産野菜の素材にこだわった商品であることは

間違いないでしょう。

 

野菜が溶け込んでいるだけの

カレー色した液体という感じではありません。

 

牛肉はたくさん入っているという感じではないですけれども、

百貨店で時々買うことのある支柱に入れるときのお肉かなと言う感じの、

やや高級感を破片からあじわいとることができます。

 

ただし、あくまでお肉の食感があるだけで、

お肉自体の旨味までは感じることはできないのは

本当のところです。

 

まあ、レトルトなんで限界があります。

 

じゃがいもについては形がはっきりと確認できて、

食べた感じも、じゃがいもだとわかる美味しさです。

 

玉ねぎについては、形状が確認できませんし、

食感も特にありません。

 

人参は、少し見つけることができます。

 

カレーに旨味が溶け込んではいるのでしょうけれども、

食べてみて人参の味だと感じることはありません。

 

中辛の辛さ

ちょっと辛いかなと言う程度の辛さで

甘口が好きな人にも合いそうな辛さです。

 

間違っても、業務スーパーのカレールー辛口の様な

ヒーフーいう辛さではありません。

 

参考記事⇒業務スーパー カレールー「甘口 辛口 中辛」を比較した口コミ

 

2回目

やや日にちを開けて、2回めを食べてみることにしました。

最初よりは、スパイシーさを感じましたね。

 

3回目

さらに、時間をあけて、3回目のトライ。

ほどよい辛さがありながらも、

はちみつのような甘みや旨味を感じます。

 

パッケージの裏面に記載されている

素材にはちみつとは書かれてありません。

 

いろいろな素材が絡まり合って生まれる

キャラメルのような甘み、

旨味が感じられます。

 

湯沢ニューオータニ料理長監修 野菜ビーフカレー中辛は結局どう?価格は?

美味しいです。

 

もちろん、自分で取れたての野菜を入れて

作るカレーにはかなわないとは思いますが、

レトルトなら、合格ラインです。

 

楽天 でも購入ができるので、

一度食べてみてはいかがでしょうか?

 

価格は出品者によって差があるので、

楽天で確認してみてください。

 

それから、新潟県の越後湯沢へ観光で行くなら、

ニューオータニグループの

湯沢ニューオータニがあることも

覚えておきたいものですね。

 

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ