松平浩=腰痛専門医 提唱「これだけ体操」は予防効果抜群!本を紹介



NHKテレビガッテンに出演した腰痛の専門家

松平浩先生の腰痛要望や腰痛治療の考え方について、

大きな反響があったといいます。

 

また、「世界一受けたい授業」にも

出演されました。

 

一般的には、腰がいたいときには

痛みがでる恐怖感からなるべく動かない方がいい、

安静にしたほうがいいと考えるのが常識になっています。

 

そして、腰痛を治療するために最寄りの整形外科に通院して

リハビリや薬で治療をしようと試みることになります。

 

ところが、松平浩先生は「これだけ体操」という

3秒間でできる腰痛予防体操などによって

 

腰痛が予防できたり治療できたりするといいます。

 

実際にこれだけ体操を実際に毎日行うことや、

松平浩先生の本を読んで理解し、

 

実践することで腰痛が予防でき、

腰痛持ちの人の症状がかなり緩和されるように思います。

 

具体的にどんな体操で、どんな本の内容なのか

紹介していきます。

 

 

松平浩東大病院准教授が考える腰痛の原因は腰痛借金!腰痛借金は何が原因

松平浩先生は東大病院の運動器疼痛メディカルリサーチ&マネジメント講座の

講座長を担当しています。

前かがみ

 

松平先生によると腰痛が起きる原因は

猫背や前かがみのような悪い姿勢にあると

指摘しています。

 

確かに、腰痛の人が多いというのは長時間同じ姿勢で

前かがみになった状態でデスクワークをし続けることにもあるでしょうし、

 

田舎で農作業をする人も前かがみになることが

多いです。

 

結局仕事柄、前かがみや猫背になりやすい状況におかれているかもしれません。

 

松平浩先生は前かがみや猫背のような悪い姿勢を

腰痛借金と呼んでいます。

 

つまり、借金は返済すれば借金地獄から開放されるように、

腰痛についても、前かがみになった姿勢を

改善することが腰痛予防になり、

腰痛治療にもなると考えているのです。

 

※腰痛借金とは?
人間は、重力を受けながら生活しているため、自分の身体を支えるために関節や筋肉に負担をかけ続けており、

たまった負担があるきっかけを境に「腰痛」として現れます。

この負担を本書では「腰痛借金」と呼びます。

出典:腰痛借金 痛みは消える!

 

松平浩先生が提案する「これだけ体操」を動画で紹介

動画で見て分かる通り、

お尻に手を合って、骨盤を前に押し込むイメージで

状態を反らし3秒間保つというまさしく「これだけ体操」です。

 

これだけ体操をやってみた感想

私個人的には、かつては腰痛とは全く無縁だと思っていましたが、

最近、どうも腰の周辺が苦しく、腰痛気味になっていました。

 

まだ、医者にかかるほどではないためになんとか

腰の周りの重だるい症状を解消したいと考えていた所、

 

松平先生の指摘する腰痛借金に見に覚えもあり、

借金を返済するべく、

 

これだけ体操をしてみると、

すっきりと腰回りの重だるさが取れました。

 

効果ありです。

 

参考記事⇒西良浩一教授式ジャックナイフストレッチは腰痛に効果!やり方を動画で紹介!

 

あとは、身内や知り合いで本格的な腰痛に苦しんでいる人が

いるので、是非、松平先生の本を紹介したいと思います。

 

腰痛は脳で治す

松平先生はこれだけ体操を毎日実行することで

腰が痛いから安静にするのではなく動かして治すべきだと

提案しています。

 

腰痛は脳で治す! 3秒これだけ体操

という本にはDVDもついているので、

わかりやすい本です。

 

これまで痛みの恐怖を逃れるために安静にするべきという

発想をやめて、動かして治すという考え方が必要であることが

わかりやすく解説されています。

 

つまり、腰痛は脳で治すというタイトルは

これまでの痛みがあるから安静にするという考え方から

脱却するという提案からきています。

 

まずは、安静にするという考え方を変えていかないと

腰痛だけではなく、

 

運動機能全般の衰えや重病につながってしまいまうリスクを

松平先生は知っているからです。

 

松平先生の医師としての経験からは、

動かしてはならないということのほうが

 

将来的に腰痛だけではなく、

もっと重大な病気につながりかねず

健康寿命を縮めてしまうと指摘しています。

 

腰痛体操や、インナーマッスル系の体操について

ポイントを絞って解説している本なので、

 

腰痛予防や改善をしたい方にはお薦めです。

 

あわせて、腰痛を治すための考え方も

講義されています。

 

一回3秒 これだけ体操 腰痛は「動かして」治しなさい

「腰痛は動かして治しなさい」という本でも、

ほとんどの腰痛に安静は百害あって一利なし!と

表紙にも書かれてあります。

 

この本では脳科学と腰痛の説明もされており、

早歩きの効能についても

説明されています。

 

腰痛のために早歩きができない人が多いのですが、

早歩きができないと、

 

腰痛のみならず、成人病など重病にかかるリスクも高まることから、

腰痛から開放され、早歩きができるようになることが

非常に重要だと主張しています。

 

一回3秒 これだけ体操 腰痛は「動かして」治しなさい (講談社+α新書)

とタイトルに「動かして」という言葉が入っているように、

 

腰痛があるから動きたくない、歩きたくないという発想をやめて、

早歩きをすることが将来の健康寿命を延ばす投資になることが

この本で理解できます。

 

松平浩先生の考え方を理解して腰痛を予防し、

あるいは治すことで健康寿命を伸ばしていく必要性

を理解する意味でも、

一読をおすすめします。

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ