足利市へ移住はお薦め?住みやすさの理由は?



足利市は栃木県の南部にある歴史のある街です。

 

足利市へ住んだことや、行ったことはなくても、

足利学校やあしかがフラワーパークなどが有名なので、

名前くらいは聞いたことがあるかもしれません。

 

足利市は埼玉や東京からも非常に近すぎるために、

栃木県の日光市や那須町のような温泉と大自然のある

有名な別荘地や観光地とも言えない部分があります。

 

東京や埼玉といった首都圏に住む人が、

同じ関東圏内とはいえ、

 

いきなり那須・塩沢といった風光明媚で

冬は積雪も覚悟する必要がある

山の中へ移住するのも勇気がいるものです。

 

足利は関東平野の北端に位置するので、

山や川の自然にも恵まれていて、

 

都心からのアクセスもいいので、

 

都会の喧騒から離れて、

住む環境を変えたいと考えている人には

 

移住先として住心地がよい穴場として

お薦めできる地域と感じています。

 

実際に、埼玉から引っ越してみて住んでみた

足利市の住みやすさについて紹介していきましょう。

 

 

足利市の立地を確認!足利には山がある

足利市の地図をグーグルマップで確認してみると、

東には栃木県佐野市があって、

西には群馬県桐生市が隣接します。

 

南方向には群馬県太田市、群馬県邑楽町、群馬県館林市と隣接しています。

 

太田市や邑楽町、館林市は、

全く山がない平野が続いている場所で

埼玉県熊谷市や加須市と隣接していることも

わかります。

 

つまり、足利の南部にある太田や邑楽町、館林は

山がほぼない広々とした平野が続いていて、

山々の自然に癒やされるような場所ではないことがわかります。

 

その点、足利市にくると、北側には広大な山地が広がっているので、

日常に山のある風景が楽しめる点が埼玉県の

大抵の場所との大きな違いになってきます。

 

参考記事⇒藤田朋子が移住した桐生市の場所は新里町赤城山麓の別荘地!

 

 

 

東京や埼玉からの足利への移住で住みやすさの違いは景観に?

東京や埼玉でも一部の地域は山間部もあるのですが、

基本的に多くの人がマンションなどで暮らしているような場所は、

住宅や商業施設が多い、

マンションなどの建物が多く目につく場所が多いはずです。

 

田舎で暮らしている人は山のある風景を見たりして、

癒やしのある生活を当然のようにしているのですが、

東京や埼玉では山は遠くに小さく見えることはあっても、

すぐ身近に山が見えて、ハイキングをするような場所はありません。

 

都市計画では景観条例などが施工されている地域が埼玉にもありますけれども、

区画整然とした住宅街のきれいな町並みを維持するだけで、

山や川の景観美を楽しめるような場所ではありません。

 

日々の暮らしの中で、買い物や通勤は便利だけれども、

土日の休日に山深い観光地へ出かけたときの

爽快感を日常生活で実現できたら

 

どんなに気分がいいだろうと

本当は感じている都会人は少なくないはずなのです。

 

東京から埼玉へ引っ越しても物件価格は安くなるだけで、

まっ平らな関東平野の中を移動しているだけに過ぎません。

 

ところが、埼玉から飛び出して、

足利まで移動すると、

山の見える風景が目前に広がってきます。

渡良瀬川 葉鹿橋からの風景

川の流れも埼玉ではただの河川にしか見えませんけれども、

足利市と桐生市を流れる渡良瀬川付近は

山の景色もきれいで

山と川の風景が素晴らしいです。

 

足利市は春から夏にうぐいすの鳴き声も聞こえる

足利には、山があることで鳥や昆虫も多く自生しますので、

鳥が飛び立つ姿や、

春になるとうぐいすの鳴き声も聞こえてきます。

 

鳥の鳴き声が好きな人が鳥の鳴き声が聞こえるような住環境を求めて、

埼玉県で探そうとすると、

秩父や飯能エリアを除くと、

 

嵐山町、小川町の一部や熊谷の森林公園付近の

丘陵地帯など一部の限られた地域にしか鳥の鳴き声が聞こえる

住環境はありません。

(カラスは除く)

 

その点、足利市であれば、普通の住宅街の近くに、

自然があるので、

田舎ではよく聞こえるうぐいすの鳴き声などを

聞きながら暮らすことも珍しいことではありません。

 

足利では珍しいことではなくても、

埼玉ではほぼありえないことで、

とても価値があると言えます。

 

東北や北海道から移住する人にも足利周辺はお薦めできる

足利市は東京埼玉といった首都圏の人が簡単にアクセスできる場所として、

意外な穴場である半面、

東北や北海道の雪国で暮らす人にとっても、

お薦めできる移住先と言えます。

 

東北や北海道は冬場の雪との戦いが大変です。

 

気温も関東地域よりももう一段、低いので、

寒さとの戦いも半端ではありません。

 

東北などの田舎で暮らす人がでは、

冬場の雪がない比較的温暖な

東京や埼玉がいいかといえば、

 

緑豊かな山々に囲まれた田園風景も美しい田舎で暮らしてきた人が

いきなり真っ平らな住宅だらけの

殺風景な埼玉や東京へ引っ越しして

暮らすのもかなり心理的な抵抗があるはずです。

 

その点では、足利市であれば、山も見えますし

田園風景も残っています。

 

しかも、冬の気温は埼玉と比較しても1度程度しか

違いがありません。

 

もちろん、雪は年に1度程度はふるものの、

基本的に埼玉と同じレベルで

東北や北海道のような積雪にはなりません。

 

冬場にスタッドレスタイヤをはかなくても

車の運転は問題がないレベルです。

 

もちろん、真冬でも自転車に乗って移動ができるというのは、

雪国の人には信じられないかもしれませんが、

足利市では当然の生活の仕方です。

 

冬の気温は寒いことには違いはありませんけれども、

東北や北海道のような

1日中0度から上がらないような極端な寒さもありませんし、

冬場の暮らし安さの点で、

雪国ぐらしの人にもお薦めできます。

 

足利市の水道料金は安い

足利市の水道料金は埼玉での上下水道料金との

比較でも安くなりました。

 

水道料金はど田舎へ移住すると非常に高い地域と

激安な地域があるようですが、

足利市は全国平均より安い料金体系で、

家計費にもやさいしと言えるのではないでしょうか?

 

足利市は水を川からではなく、地下水から

採取しているので、

冬場に水が冷たくないのも嬉しいところです。

 

埼玉ではマンションぐらしだったので、

屋上に溜まっている水が冬場は、

 

洗い物をするときに非常に冷たく

感じられたものです。

 

神社や寺院が多いのも特徴

足利は伝統を感じる点も街の雰囲気がいいです。

 

日本人はもともと農耕民族ですので、

神社を祀ったりすることが多い人種です。

 

その点では神社や寺院が身近にあるということは、

景観的にも、プラスの印象になって映ります。

 

無量院の桜

足利市にある無量院という寺院は高台にあって、

春は桜がきれいす。

 

引っ越しをするとき、物件価格は埼玉より安い

埼玉にもいろいろありますけれども、

足利市は平均的に埼玉県よりも

土地を購入するにも、

 

賃貸でマンションやアパートを借りるときにも

比較的安いという印象です。

 

埼玉でも地域にもよりますけれども、

一戸建てで60坪以上の敷地にゆったりと

暮らしている人ばかりではない気がします。

 

足利市は、わりとゆったりめの土地の広さの土地に

家を建てている印象があります。

 

土地代が安いので家を取得するとう点でも

過大な住宅ローンにならずにすむメリットは

埼玉との比較ではあると言えそうです。

 

実際に物件探しをしてみようという方は、

 

キャッシュバック賃貸~祝い金がもらえる賃貸情報サイト~

などをチェックしてみてください。

 

マンションは少ないし割高か?

足利市で分譲マンションを購入しようとしても、

埼玉のように豊富な中古マンションが売りに出ていません。

 

そもそも、既存の分譲マンションが

2桁の数しかありません。

 

足利市内の中古分譲マンション一覧

  1. グリーンヒル西宮A棟
  2. グリーンヒル西宮B棟
  3. グリーンヒル西宮C棟
  4. コミュニティハイツ三伸
  5. ラヴィール足利
  6. ダイアパレス足利
  7. セントラルハイツ足利
  8. センチュリー足利リバーサイド
  9. ホワイトハイツ鹿島台
  10. 最上ハイツ足利
  11. シーズガーデン足利

 

以上のようなマンションしかありません。

 

売り物件が少ないので、マンション価格は

築年数や駅からの距離を考慮しても

埼玉より土地価格が安いはずの

足利らしからぬ価格でお買い得価格とは

言えない場合もあります。

 

足利のすみやすさは病院にも

足利市のような田舎へ移住してしまうと

病院が心配だと思う高齢の方もいるかもしれません。

 

その点では、足利市には赤十字病院があるので、

高度な医療とホスピタリティあふれる医療が受けられる

数少ない医療機関ですので、

 

万が一のときの心の支えはあると

いえるかもしれません。

 

ただし、基本的には地元の医療機関からの紹介状が

必要になります。

 

スーパーはどう?

埼玉のスーパーはいろいろなお店がいいものを

安売り競争をしています。

 

価格面では足利のスーパーは物足りなさがあるかもしれませんけれども、

やはり商品が豊富できれいな

埼玉に本社があるヤオコーが足利でも

一番人気です。

 

その他では地元のスーパーである

ヤマグチスーパー

とりせん

フレッセイ

などがあります。

 

埼玉にあるロジャースやスーパーマルサン、

ビックAのような激安ディスカウントスーパーが

ないのは残念なところかもしれません。

(業務スーパーはある)

 

都内へ時々行く用事があってもアクセスが良い

都内や埼玉から足利へ引っ越してしまうと、

時々、都内へ買い物やその他の用事があるときに、

どうなのかと思うかもしれません。

 

個人的には、足利から国道122号線経由で

都内へ何度か車でアクセスしていますが、

 

距離にしておおよそ80キロメートルで、

2時間もあれば都内へいけます。

 

電車で移動する場合も、

東武伊勢崎線の足利市駅から北千住駅までアクセスするのに

1時間半はかかりません。

 

 

移住を考える人は断捨離を

首都圏から移住を考えている人は足利は近い場所ではありますけれども、

運ぶものが多ければ引っ越し代も高くなりますし、

労力もかかります。

 

引っ越しを本気で考え始めたら、

ものを減らす努力はとても有効です。

 

参考記事⇒机の中 引き出しのガラクタ!断捨離本 「シンプルを極める」で捨てる!

をご参照ください。

 

 

 

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ