高島礼子がリウマチ? 漢方薬を飲むなら何がいい?



高島礼子さんは尿検査の結果は白であることが

わかっています。

 

夫についての一連の報道の中で、

高島礼子さんがリウマチを患っているのではないかと

言われています。

 

夫のように違法なに逃げるのは良くありませんが、

リウマチを治療して根治するという意味での

 

治療薬がなにがいいのか、名医を探して、

効果的な薬を服用することは大変いいことです。

 

リウマチに効果があるとされる漢方薬や薬草を

紹介します。

 

 

高島礼子がリウマチであるという噂がある?

高島は『家庭画報』15年2月号のインタビューで、

3年前からリウマチの治療を行ってきたことを明かしている。

それでも仕事を続け、さらには父の介護まで……。

そんな彼女に優しい言葉をかけたのが高知だった。

「リウマチのリスクを高める要因に低体温があるのですが、高知は15年に体温管理士という資格を取っています。

そして義父の介護も申し出るなど、献身的な姿をみせました。

そんな姿を見せられたら誰だって心から感謝するでしょうし、何も言えなくなってしまう。

そうして彼は“いっさい文句を言われない状況”を作りだしていったのです」(芸能関係者)

出典:高知東生の呆れたヒモ生活 午前4時に高島礼子駆けつけ飲み代会計

 

40歳代から、50歳代の女性に多く発病するというのがリウマチで、

年齢的に高島礼子さんも関節痛に苦しんでいたのかもしれません。

 

夫のように、違法な薬に逃げるのではなく、

正式な医療によって治療をしてきたのでしょうけれども、

 

リウマチの治療薬はまだ開発されていなのが

現実です。

 

人によっては難病とか、不治の病などと

いう人もいますが、回復するための希望はあるのではないでしょうか?

 

リウマチ改善の為に、高島礼子に漢方薬を飲むなら何がいい?

「痛散湯」はリウマチに効果があるのか?

よくラジオなどのCMでは、関節の痛みに「痛散湯」はいかがですかという

のを聞いたことがあるかと思います。

 

痛散湯のHPには痛みの原因と漢方について、

整形外科医であり漢方医の先生が痛みをとる

考え方を紹介しています。

 

ですから、痛散湯をためしてみるというのも1つの

選択ではあります。

 

痛散湯は再春館製薬が販売している商品名で、

漢方薬の名称としては、麻杏薏甘湯加防已(まきょうよくかんとうかぼうい)が

一般名です。

 

リウマチの漢方薬でポピュラーなのは、

麻杏薏甘湯(まきょうよっかんとう)がありますが、

 

麻杏薏甘湯に防已(ぼうい)という生薬をプラスした

漢方薬です。

 

防已には消炎鎮痛作用があるので、

痛みを取り去るにはいい薬なのかもしれません。

 

ただし、漢方薬は病名で一律な効果はでるものではなくて、

ひとそれぞれの体質にもよります。

 

リウマチに効果がある麻杏薏甘湯以外の漢方薬は何がある?

リウマチには麻杏薏甘湯が使われますが、

高島礼子さんのような姉御肌で元気なタイプには

 

比較的あいやすい漢方です。特に寒気に

あたったときの痛みが起きる時に効果があるとされています。

 

その他には

  • 桂枝湯
  • 桂枝加朮附湯
  • 防己黄耆湯
  • 五積散
  • 芍薬甘草湯
  • 葛根湯

などが、神経痛やリウマチに応用されます。

 

いろんな生薬配合の漢方薬がある中で、

どれが効くかは名医に相談をして、

 

探し当てるしかありません。

 

⇒酒井若菜 膠原病治療薬を待ち望む!漢方薬 葛根湯はリウマチに効果がある?

 

リウマチに効果があるといわれる生薬は?

夏の時期に収穫できるウマブドウが

リウマチに効果があるとされています。

ウマブドウは、日本全国から台湾、中国に自生する薬草です。

ウマブドウというのは栃木県の那須地方や福島県での呼び名で、

正式名称はノブドウといいます。

その薬効は肝臓病、リウマチ、ぜんそく、アレルギー疾患、神経痛、関節炎など多岐にわたります。

昔から広く使われているこの「ウマブドウ」を20数年にわたり研究・普及に努める著者に寄せられた多くの体験談などをまとめ、

わかりやすく「ウマブドウ(ノブドウ)」を紹介しています。

出典:自分でできる薬草ウマブドウ健康法

 

1種の健康法として、ウマブドウという薬草をリウマチへも活用してみるのも

楽しいかもしれません。

 

ノブドウ探しで歩くことも、暑い夏ですが、

体内の水の巡りをよくして不定愁訴をなくしてくれるのではないでしょうか?

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析