胆道がん名医=梛野正人名古屋大学病院教授は余命宣告された患者を救う!その経歴とは?



胆道がん(胆管がんと胆のうがんの2種類に分かれる)は

早期発見が非常に難しく、

 

見つかったときにはすでに末期がんであるステージ4に到達している

場合が多いことが特徴です。

 

乳がん、大腸がん、胃がんとの手術と比較しても

難度の高いのが胆管・胆のう癌です。

 

多くのガンがある中で胆道がんは手術ができれば、生存率が高まる

難病です。

 

一方で、胆道ガンが発見されたときには一般的な医療機関では

もう手術ができずに余命宣告を受けてしまうことになります。

 

ステージ4の末期がんと判断されて余命宣告をうけた

患者の生存率を高めているのが

名古屋大学病院です。

 

名古屋大学病院の名医梛野正人(なぎの まさと)先生です。

 

 

名古屋大学病院は胆道がん手術実績が日本一で世界中から余命宣告された患者が集まる!

胆道がんには部位によって、胆管がん胆のうがんの2つに分かれます。

 

川島なお美さんは2015年に54歳の若さで

なくなったのは胆管がんが死因でした。

 

川島なお美さんの例にあるように

都内でも最高水準と思われる大学病院で手術を受けても

 

5年生存率は極めて低いのは早期発見が難しく、

手術の難度が高いのが胆道ガンです。

 

胃がん、乳がん、大腸がんの場合では、一般の病院で手術を受けることでも

十分に好成績を収められるものですが、

 

胆道がんについては、手術の難度の高さ、手術のノウハウの蓄積の多さ、

などの経験値の大きさも生存率に影響をします。

 

名古屋大学病院のような手術実績の多い、名医と呼ばれる医師による手術を行うことで、

末期がんで余命宣告された患者さんの中には奇跡的に生還する人たちが出てきます。

 

胆道がん手術実績は名医=梛野正人が在籍する名古屋大学病院が1位!2位は名大出身 上坂克彦氏が在籍の病院!

病院

日経実力病院調査では、2014年4月から2015年3月までの

65例以上の胆道がん手術を行った病院を調査して公表しました。

 

胆道がん手術実実績病院ランキングは次の通りです。

 

  1. 名古屋大学病院 177
  2. 静岡がんセンター 141
  3. 国立がんセンター 133
  4. 神奈川県立がんセンター 132
  5. 関西医科大学付属枚方病院 124
  6. 旭川厚生病院 121
  7. 東大医学部付属病院 113

 

名古屋大学は世界的な胆道がんの権威であることで、

手術実績が断トツです。

 

そして名古屋大学病院で胆道、すい臓、肝臓がんの外科医として

知られているのが名医=梛野正人教授です。

 

手術実績が2位の静岡がんセンターはすい臓がんの名医である

上坂克彦先生在籍しているからです。

 

そして、上坂克彦先生も梛野正人教授と同じ名古屋大学医学部卒業をしています。

 

⇒名医=上坂克彦氏はすい臓がんの外科専門医!その経歴とは?

 

名古屋大学出身の胆道ガンの名医には

愛知県がんセンター時代に、上坂克彦先生も学んだ二村雄次医師います。

 

どの病院がいいかという尺度で病院選びをすることがありますが、

胆道ガンや膵臓がん、肝臓がんの手術では

 

名医がいるかどうかも決め手になります。

 

梛野正人教授は「がん最新治療に挑む15人の名医」の一人! 

がんには、臓器によって専門の外科医がいます。

 

各臓器のガンの外科手術について本来は名医と呼ばれる先生は

もっといるはずですが、

 

敢えて1名ずつが紹介されている本が

「がん最新治療に挑む15人の名医 」という本です。

 

「がん最新治療に挑む15人の名医 」の胆道がんの分野では、

梛野正人名古屋大学病院教授が紹介されています。

 

末期がんと診断されてもあきらめずに、

困っている人がいたら

 

「がん最新治療に挑む15人の名医 」という本が

あることを教えてあげてください。

 

スーパードクターズでも紹介された梛野正人名古屋大学病院教授の経歴

梛野正人名古屋大学医学部教授の経歴は次の通りです。

相談されるときの参考になさってください。

 

専門: 肝胆膵外科

資格: 外科学会専門医、外科学会指導医

消化器外科学会専門医、消化器外科学会指導医

 

 1979年3月 名古屋大学医学部卒業
 1986年5月 名古屋大学医学部第一外科医員
 1988年4月 国家公務員共済組合連合会東海病院外科医長
 1991年1月 名古屋大学医学部第一外科 助手
 (1993年6月~1994年4月、文部省在外研究員:Lahey Clinic)
 1996年4月 名古屋大学医学部第一外科 講師
 2003年9月 名古屋大学大学院医学系研究科器官調節外科 助教授
 2006年5月 名古屋大学大学院医学系研究科腫瘍外科学 助教授
 2007年5月 名古屋大学大学院医学系研究科腫瘍外科学 教授

学会:
 日本外科学会 (前理事、第115回定期学術集会会頭、監事)
 日本消化器病学会 (財団評議員)
 日本臨床外科学会 (評議員)
 日本消化器外科学会 (評議員)
 日本胆道学会 (監事)
 日本肝胆膵外科学会 (理事)、 他

委員:
 胆道癌取扱い規約 委員
 胆道癌診療ガイドライン 委員長

出典:メスの限界を極める!腫瘍外科学教室

以上の経歴からも肝臓、膵臓、胆道の権威であることが

わかります。

 

そして、TBS系テレビ「スーパードクターズ」でも

胆道がんの分野で梛野正人先生が紹介されます。

 

これまで、梛野正人教授のもとから優秀な外科医が巣立っています。

 

第二の梛野正人教授どころか、梛野先生を越える外科医が

あらわれることを期待したいと思います。

 

関東地域で胆道がんの症例が65以上あった実力病院ランキングは

⇒川島なお美さん 胆管がんは手術が決め手!胆道がん症例数が多い病院は関東に集中!
をご参照ください。

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析