名医=上坂克彦氏はすい臓がんの外科専門医!その経歴とは?



ジャーナリストの竹田圭吾さんが51歳の若さで、

2016/1/10にすい臓がんのため死去されました。

 

J-WEBやテレビでの独自のコメントとやさしそうな人柄が

音声からも伝わる方で大変残念です。

 

すい臓、肝臓、胆道は沈黙の臓器と呼ばれていて、痛みなどの

自覚症状の乏しさがあるために、

 

ガンにかかった時には早期発見が遅れてしまう傾向がある

臓器です。

 

肝臓・胆道・すい臓がんの患者はステージが進んでいることが

多く、手術による摘出後に抗がん剤治療をする必要があるのですが、

 

大抵の医師は最終局面であることで諦めてしまう傾向にあります。

 

「情熱大陸」で紹介される肝臓・胆道、すい臓がんの名医である

上坂克彦氏は外科専門医であり、生存率の高さを実証してきた姿勢や経歴を見ていきます。

 

 

上坂克彦氏がすい臓がんの名医であるのは生存率の高さだけではなく患者へ希望を与えるから!

人柄というのは顔立ちにも現れるのでしょう。

上坂克彦医師は大変優しそうな顔立ちをされています。

 

すい臓がん、肝臓がんなどで生命の危機に直面した患者さんは

ガンが発見されたときは早期であれば治癒できるものでしょうけれども、

 

ステージがある程度進行してしまっている人が多いのが現状です。

 

その時の医師の対応はどのようになるのか?

 

ガンが進行して末期がんやその手前の状況であれば、

余命が短いことも専門医ならすぐにわかります。

 

上坂克彦医師の場合は外科医として手術を担当し、

  • 2年後の生存率70%
  • 5年生存率45%

 

という驚異的な実績を上げて患者さんに希望を与えてきました。

 

名医であることは間違いないのですが、手術が上手いだけではなく、

諦めずに患者さんを何とかしたいという熱意があるからの

驚異の実績であると感じます。

 

胆管がんで亡くなった川島なお美さんは希望を失っていたのか?抗がん剤治療を拒否!

 

肝臓がんやすい臓がんの専門医であれば、

川島なお美さん、竹田圭吾さんがたどったように

いわゆる「激ヤセ」して、がんに栄養分を吸い取られながら、

 

ガンが増殖してついには死去に至るという現実を

多く経験しています。

 

多くの医師にとってある程度進行した胆管がんは

治らないがんと判断されています。

 

川島なお美さんは胆管がんの手術の後に抗がん剤治療を拒否しましたが、

その理由は、医師の態度が、患者さんにとって

 

希望を与えるものではなく、手術をして、抗がん剤治療をしても、

余命は限られるという専門医からの既存の知識が

患者に伝わることで、患者は希望を失ったからではないでしょうか?

 

結果的に川島なお美さんは余命が短くなることを

前提に抗がん剤治療を拒否して、

芸能活動に励み、民間療法に希望をつなぎました。

 

川島なお美さんが、仮に上坂克彦氏に出会っていたら、

治るかもしれない、生きられるかもしれないという希望が湧いて

抗がん剤治療をしたかもしれません。

 

川島なお美さんが抗がん剤治療を拒否して選んだ民間療法についてはこちら!

 

手術に長けた肝臓がんの名医は上坂克彦先生に限らず

多くいるかと思うのですが、

 

経験上、医師として厳しい現実が将来待っていることは

知っていても、患者さんが生き延びる可能性を

追及して希望を与えられる医師は少ないのかもしれません。

 

上坂克彦医師が名医と呼ばれるのは

手術の技術力だけではないように思います。

 

他院で無理と診断された患者でも自分が出来ると信じれば挑む

と語る上坂先生の前向きな姿勢こそが、

 

患者さんに希望を与えてくれます。

 

治らないガンを治るがんへという信条は素晴らしいです。

 

 

上坂克彦先生の経歴とは?

上坂克彦先生の経歴ですが、

上坂克彦(うえさか・かつひこ) 1958年愛知県豊田市出身。

学歴:名古屋大学医学部卒業

 

当時の国立がんセンター病院(東京)に勤務し、

2002年にオープンした静岡県立静岡がんセンターにて肝・胆・膵外科部長に就任。

すい臓がん切除後に抗がん剤治療を行う全国的な大規模臨床試験で代表研究者を務め、

患者の2年生存率70パーセント、5年生存率45パーセントという驚異的な数字で世界から注目された。

 

「良い癌医療をしたい」の一念で開業から13年の静岡がんセンターを

全国トップレベルの治療拠点にまで牽引した手腕の持ち主だ。

趣味は音楽鑑賞で小澤征爾の大ファン。

3人の子どもは「全員文系で誰も医師を志さなかった」と笑う57歳。

引用元:http://www.mbs.jp/jounetsu/

 

上坂克彦先生の出身大学である名古屋大学は東大、京大とならぶ

旧帝国大学の1つです。

 

名古屋大学は医学部でなくても入学は難しいですが、

名古屋大学の医学部となれば、

どれだけ入学するのが難しいかがわかります。

 

世界からも注目されるすい臓がん患者の5年生存率の高さという

実績は正に驚異的ですから、

 

すい臓がん、肝臓がんの患者さんなら、静岡県ではなくても、

全国から頼りにされる存在です。

 

 

いい医療、名医を探している患者さんには、

上坂克彦氏の存在を是非知っていただきたいと思います。

 

肝臓・膵臓・胆道がんの分野では上坂先生の

母校名大にも名医がいます。

 

⇒胆道がん名医=梛野正人名古屋大学病院教授は余命宣告された患者を救う!その経歴とは?

をご参照ください。

 

すい臓がん患者さんも真似たい上坂克彦先生の食事とは?

上坂先生は多忙な仕事の合間に食べる奥様の愛妻弁当は

玄米ご飯であることにも

 

仕事に全力を尽くすための健康管理意識の高さが

垣間見られました。

 

すい臓がんという最も困難な難病に苦しむ患者さんの姿を

日本でも最も多くみている医師であれば

 

がんを予防する意識も高いはずです。

 

上坂克彦先生がなぜ玄米ご飯を食べているのか?

 

奥様の愛情なのかご本人の希望なのか

知りたいところではあります。

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析