相武紗季は姉=音花ゆり退団ラスト公演で泣けた?



「普段は滅多に泣かないけどあの時だけは泣きました」

スペシャルとして、

 

行列のできる法律相談所に女優の相武紗季さんが

出演されます。

 

相武紗季さんは二人姉妹で2歳年上のお姉さん

タカラジェンヌ音花ゆりさんです。

 

 

娘役として活躍してきたお姉さんは、今年2015/5/10に

宝塚歌劇団を退団されました。

 

ラスト公演は、『黒豹の如く』

/『Dear DIAMOND!! -101カラットの永遠の輝き』

 

というタイトルで、

大人の切ない恋の物語です。

 

このとき、相武さんは音花ゆりさんの

ラスト公演を父母と見に行き、

涙したそうです。

 

涙の理由はもちろん、ストーリーが切ない恋のドラマ

ですから、泣けないわけがありません。

 

 

相武さんがお姉さんを思う気持ちから

涙が出てきたのではないか

と思います。

 

そのあたりを具体的に見ていきます。

 

 

相武紗季は姉のラスト公演で涙?音花ゆりが宝塚歌劇団 退団で感じたこととは?

 

相武さんがつい涙した理由は、

何でしょうか?

 

一番の理由は、娘役として長年頑張ってきた

姉の姿だったかもしれません。

 

お姉さんは相武さんと

2歳しか違いがありません。

 

相武さんは姉のことをこの若さでもう退団なのか?

と内心思ったでしょう。

 

トップスターを輝かせる娘役をやるには、タイムリミットがあり、

その上で、懸命に華を咲かせてきた

姉の姿に感動を覚えたのでしょう。

 

 

娘役の条件としては、

「可愛らしく、美しくなければならい」のです。

 

年齢的により若いタカラジェンヌとの

比較においてそろそろ退団しなければ

 

という気持ちがあって、

最終的に退団という苦渋の決断をしたのだと思います。

 

相武さんは、断腸の思いで退団する

姉の気持ちを考えると、

 

涙が出てきたのはないでしょうか?

相武紗季さんが姉の卒業公演を見に行って

祝福している姿はどの姉妹でもある姿ではない気がします。

 

パフォーマンスでもなく、心から姉へ

これまでお疲れ様って言う気持ちで

卒業公演を見に行った様子が分かります。

 

⇒宝塚歌劇団を退団後「遥海おおら」の現在は転職先=赤城フーズの常務!その経歴とは?

 

相武紗季さんのお姉さんが今後の活躍

を期待しています。

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析