前田健さん心肺停止は不整脈の薬服用で予防できた?




家族や友人知人を心筋梗塞の急死でなくすことは

大変つらいことです。

 

前田健さん(44)もそうですがどうしてまだ若いのにという

思いが沸いてしまいます。

 

不整脈の持病がありながらも不整脈は治らないと諦めて

 

普段は自覚症状が少ない人は病気であることの

自覚が不足している気がします。

 

日常生活に何ら問題がない程度の不整脈では薬の服用をしない人が

多いのではないでしょうか?

 

心肺停止リスクの予防法は不整脈の薬の服用です。

 

 

前田健さん心肺停止を予防する為にも不整脈の持病に危険な病気という意識が欲しかった

前田健さんは不整脈がありながらも

病気という意識が足りなかったと思います。

 

仕事もバリバリこなしていましたし、

健康管理については不整脈くらいは

 

大したことはないと思い込んでいたかもしれません。

 

 

前田健さんのツイッターでわかる通り、

健康の大切さが理解できていても

 

不摂生はは簡単に断ち切れません。

 

推測ですが、不整脈程度と思い込んで

薬を服用するなどしなかったかもしれません。

 

 

なぜなら薬を服用していれば突然の心肺停止リスクが

予防できるものだからです。

 

薬を服用していたのに、飲み忘れたということも

あり得るかもしれません。

 

前田さんのことを今更とやかく言っても仕方ないですが、

もしも、あなたの周囲の人に不整脈の人がいるようなら

 

心肺停止リスクを予防する為にも

通院して薬をしっかりと服用することを薦めてみてください。

 

 

不整脈は日常の自覚症状がない人も!薬を服用せず突如心肺停止のリスクに注意

不整脈でも薬を服用しないでいる人が多いのは、

自覚症状が普段はなくて時々調子が悪いと感じる程度の

 

不整脈の人も多いからです。

 

病院関係者の方も薬の服用を呼び掛けていますが、

不整脈の治療していない人がいることが問題です。

 

不整脈があるのにマラソン大会へ出場したりして

心肺停止になる場合もありえます。

 

不整脈があるけれども、薬を服用しておらず

除雪作業をした直後に心筋梗塞で

心肺停止になる事例もあります。

 

⇒除雪にはマラソンに参加した松村邦洋が発症した心肺停止リスクがあった!

 

不整脈があっても重労働の除雪もできるくらいですから、

いかに不整脈に心筋梗塞など心肺停止リスクがあるかを

 

自覚して薬を服用していない人が多いかも理解できます。

 

不整脈は心臓の病気ですし、完治することは

ないのでしょうけれども、

 

薬を服用することで確実に治療効果を挙げられます。

 

前田健さんのように若すぎると惜しまれることがないように、

健康管理の一環として薬の服用だけはするように

したいものです。

 

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析