酵素風呂に利用する米ぬかは小林麻央のがん抵抗力をアップする!



小林麻央さんが夫の海老蔵さんのすすめで、

自宅で酵素風呂に入浴している様子が

紹介されています。

 

医学的な効果があれば、医療行為として

すでに病院でも取り入れられるはずですけれども、

取り入れられていないということは、

明確な効果は立証されていないのが

現状でしょう。

 

ですから、あくまでも民間療法として、

受け止めるべきです。

 

しかし、酵素風呂を構成する

米ぬかや「米ぬかの発酵」については、

食材としても今後注目が集まるのではないでしょうか?

 

 

小林麻央さん酵素風呂で痛みが緩和!

糠で身体を覆い、
芯からあたたまり、

「痛みが和らいでる」、、と
私が言ったら、
姉が泣いてしまいました。

私も泣いてしまいました。

酵素風呂を出て、
15分くらいしたら
また痛みは戻ってきてしまいましたが、

すごくすごく
癒された時間でした。

出典:酵素風呂

 

酵素風呂は60度を越えるくらいの暖かさがあると

されるもので、体を温めることで

 

痛みが緩和されていることが

実感できています。

 

酵素風呂に利用する材料に米ぬかが利用されている!

 

酵素といっても漠然としていますけれども、

小林麻央さんは「(ぬか)」で身体を覆い、

と表現しているように、

 

酵素風呂に利用しているのは

「米ぬか」です。

 

 

米ぬかとは?

 

そして、米ぬかは今では、白米を食べるようになってから

日々食べることがなくなってしまったのですけれども、

がん治療ということを考えても、

非常に有効な食品なのです。

 

玄米を精米して白米にしたときに排出されるのが

米ぬかです。

 

つまり、「白米+米ぬか」=玄米

ですね。

 

「白米+米ぬか」=玄米は便秘を解消する!

 

便秘がちの人は痩せている人よりも、太っている人に多い傾向があります。

 

さらに、痩せていて便秘ではないと思っている人も、

下痢気味だったり、トイレに居る時間が長かったり、

 

自分では快便ができていないことに

気づいていないことが多いです。

 

参考記事⇒夏に簡単に5kg痩せ下腹部をダイエットする食事方法とは?玄米で便秘も解消!

太ってはいないけれども、下腹部が張っているような感じの人、

下腹部だけが太くなって昔の洋服が着れなくなった

 

という方は食生活の乱れのために便秘気味になって、

ポッコリお腹になっている可能性があるのです。

 

私も過去に、下腹部、ウエストが太くなってきた

経験がありますが、

 

主食のご飯を白米から玄米に変えただけで、

便通が非常によくなってウエストが引き締まりました。

 

玄米を食べるようになるまで、

便秘気味だとは思っていませんでしたし、

 

どちらかと言えば下痢をするタイプ

だったのですけれども、

 

快便ではなかったのだと玄米を食べるようになってから

気が付きました。

 

白米にはない、米ぬかの部分の栄養成分が

腸内環境を改善してくれたという証明でもあります。

 

食べるだけで快便になってダイエットにもなる玄米は

白米に混ぜて食べるか、

主食にすることをおすすめします。

 

参考記事⇒LPSを含む食べ物の特徴とは?免疫細胞を活性化するレンコン以外の野菜とは?

 

米ぬかを含む玄米で便秘を解消することががん治療に効果がある!

 

では、なぜ、便秘を解消することは、がん予防や

小林麻央さんのようにがん治療をする人にとって

有効なのでしょうか?

 

米ぬかに含まれる成分が何らかの効果を示しているという

研究もあるでしょう。

 

ただ、そのたぐいの研究は研究者におまかせするとして、

米ぬかを含む玄米を食べることで快便になることが

がん細胞からの攻撃から身体を守ることにつながるのです。

 

というのも、便秘になってしまうことで、腸内環境が悪化します。

大腸の中に宿便がたまった状態が便秘です。

 

参考記事⇒花田信弘教授の書籍「口内細菌の恐怖」で分かる!口内フローラの乱れが病気の原因!

 

腸内で悪玉菌が発生してアンモニアなどの有害物質が

発生してしまいます。

 

有害物質を解毒するのが肝臓の働きです。

 

つまり、便秘の状態を続けていることで、

肝臓に通常よりも負荷がかかってしまうわけです。

 

アルコールが癌になる原因という言い方をすることがありますが、

アルコールを分解するために肝臓に負担がかかることが

問題なのかもしれないのです。

 

がん細胞からは人体に食欲低下などの悪影響を及ぼす

毒素を生成してきます。

 

この毒素を分解するのが肝臓です。

 

ですから、便秘が解消して腸内環境が良くなっていれば、

肝臓の働きもがん細胞から放出される毒素を

分解する力を発揮しやすいことは理解できます。

 

結論を言えば、米ぬかを含む玄米食で腸内環境を改善して、

便秘がなくなれば、

 

肝臓の働きが良くなって、がん細胞への抵抗力が

アップするというわけです。

 

酵素風呂で便秘が解消するかはわかりませんけれども、

発酵した糠(ぬか)が

 

人体に好影響を及ぼす可能性はあるのではないでしょうか?

専門家の研究を待ちたいと思います。

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ