KENDAミニベロ用タイヤの耐久性はどう?コカコーラの自転車に乗ってみた口コミ



タイヤ交換といえば自動車が中心ではありますけれども、

ブリジストンを始めとしたタイヤメーカーは

自転車向けのタイヤも生産しています。

 

日本では海外メーカータイヤというと、

安かろう悪かろうというイメージで見られがちな

傾向がありますけれども、

 

実際には、韓国や台湾は製造業立国として

成功していますし、品質が向上しているので

コスパが高いです。

 

海外タイヤメーカーの中で、台湾製の

ケンダKENDAタイヤがあります。

 

コカ・コーラの景品として獲得した

ミニベロにもケンダのタイヤが採用されていました。

 

ケンダのタイヤについてミニベロを3年乗ってみて感じた

口コミを紹介していきます。

 

 

コカコーラは景品でミニベロ自転車がもらえる時がある

コカコーラは、いろいろなキャンペーンを実施する中で、

いろいろな景品を提供してきているのですが、

 

特徴的なのは、コカ・コーラは自転車を

景品にすることがある点です。

コカ・コーラ ミニベロ

私も、コカ・コーラの景品を獲得したことがあって、

ミニベロをいただきました。

 

組み立てが必要

コカ・コーラ 自転車

画像のようなコカ・コーラカラーの赤いミニベロは

段ボールに入ってとどきます。

 

中味をみてみると、ハンドルと

サドルだけは自分で取り付けする必要があります。

 

組み立てるというほどの作業ではなく

説明書通りに仕上げるだけで

誰でも簡単にできるレベルです。

 

簡単にハンドルが取り外せたり曲げたりできるので、

折りたたんで、

車に載せて、ドライブ先でサイクリングを楽しむという

使い方もできそうです。

 

ミニベロの耐久性は?

景品なのであまり耐久性は期待できないと思っていたのですが、

3年経過した今でも、

問題なく利用できています。

 

ただし、もしも、ヤフオクなどで転売をしてしまおうという人なら

早めに出品したほうが高値が付きそうです。

 

というのも、サドル部分など、鉄製でできている部分が

錆びやすいという現実があるからです。

 

景品のものとは違うものですけれども、

Coca-Cola(コカ・コーラ) アウドトア 自転車

のように通販でコカ・コーラの自転車は販売もされているので、

売買できる商品であることがわかります。

 

ミニベロに搭載されたケンダタイヤの耐久性は?

自転車といえば、パンクしたまま修理をせずに放置されて、

しまいには、ゴミ処分されてしまうものが多い気がします。

 

自転車のフレームなどは十分使える状態なのに、

タイヤの劣化のためにパンクしたり、

空気が入らなくなったりすると

 

自転車の寿命がきたかのように

回収する業者に無料で引き取ってもらうような

光景をよく目にします。

 

コカ・コーラのミニベロに搭載されていたタイヤは

日本製ではなく、台湾メーカーの

ケンダタイヤでした。

 

最初は、景品だし、安物タイヤですぐに使えなくなってしまうのではないかと

心配していました。

 

しかし、1年経過ても、2年経過しても、

3年経過してもタイヤはまだまだ、健在で、

 

日々のチョイノリにミニベロを

活用させてもらっています。

 

KENDA製タイヤのヒビや摩耗、パンクはどうなの?

ケンダタイヤ 3年経過

3年間経過したケンダタイヤは今の所、

山も十分にありますし、

目立った亀裂が入ったということもありません。

(よくよくみると、細かい亀裂はありました)

 

保管場所が自転車置き場で完全にガレージに入っているわけではなく、

自転車置き場においてあって、

雨ざらしにはならない程度の保管状況です。

 

また、1日の走行距離はおおよそ、平均すると1キロ程度しか

利用はしていません。

(雨の日や寒い日は利用しないため)

 

走行距離は短くても、時間の経過とともに

タイヤは劣化するものです。

 

使用頻度が小さいということもありますけれども、

3年経過しても、あまり劣化が目立たないので、

 

そこそこ耐久性はあるといえる

タイヤであると言えます。

 

また、パンクもいまのところしたことがありません。

 

バルブに難点あり?

やや難点をあげれば、2週間程度期間、不在にして、

乗らない期間があると、

空気が抜けていることがあることです。

 

タイヤやチューブそのものに問題がありというよりも、

バルブがイマイチなのかもしれません。

 

空気入れで空気を満タンにすると

すぐに、回復してくれるので、

空気圧の確認は必要です。

 

激安タイヤを探している方はケンダタイヤは通販で買える

自転車をタイヤ交換費用が勿体ないからと

処分するのは余計に惜しい気がします。

 

タイヤを激安で通販で調達しようとするなら、

台湾メーカーの自転車用KENDAタイヤ

悪くはないと言えます。

 

今は自転車だけで利用してますが、

車にも採用しようと思っています。

 

コスパ重視の方にはケンダタイヤは知る人ぞ知る

海外メーカーと言えるのではないでしょうか?

 

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ