大雪と寒波が予想される冬の関連銘柄は?ラニーニャ現象発生!



地球温暖化が心配される中で、冬にラニーニャ現象が観測されると

日本は平年よりも気温が下がります。

 

寒波がやってくると、冬は平均的なシーズンより、

大雪にも注意が必要です。

 

株式市場では平均的な冬よりも寒さが厳しい冬の大雪関連銘柄

注目されます。

 

具体的に、雪を処理するために必要な道具や

機械を製造販売しているメーカーなどを中心に

関連銘柄をピックアップしていきます。

 

 

大雪関連では除雪道具製造メーカーに注目

雪が多く降ると、雪かきの道具が必要になりますし、

消耗も早くなります。

 

ショベルやスコップ、ママさんダンプなどの製造メーカー

5962浅香工業はショベルやスコップの

製造メーカーです。

 

普通は雪が降らない太平洋側の関東圏内などで、

大雪になったりすると余計に注目が集まる

銘柄となります。

 

  • スコップ、プラスコップ
  • ショベル
  • プラ雪かき
  • プッシャー
  • スノーカート(ママさんダンプ)
  • 雪落とし
  • 雪割り・氷割り(ツル)

など、雪かきで使いそうな

大半のラインナップが揃っています。

 

雪かきの道具を販売するホームセンター

8218コメリ

3050DCM

9842アークランドサカモト(ホームセンタームサシ)

3564LIXILビバ

7516 コーナン商事

3191 ジョイフル本田

9976 セキチュー

8168 ケーヨー

8184 島忠

7450 サンデー(イオン子会社)

 

 

ホームセンターはカーボートも販売しています。

 

大雪でカーボートの必要性や大雪による被害で、

カーポートの建て替えが発生する場合もありえます。

 

除雪道具通販

4755楽天

3064MonotaRO

 

 

除雪機関連銘柄

豪雪地帯では真冬は除雪機が活躍しますけれども、

平年よりも雪が多くなると余計に、

 

除雪機の活躍の期待なども高まってきます。

 

高額除雪機、建機関連

6301コマツ

6305日立建機

7012川崎重工

6310井関農機

6326クボタ

 

川崎重工が直接除雪機は製造していないものの、

子会社の日本除雪機製作が、

除雪機を製造販売しています。

 

エンドユーザー向け除雪機メーカー

ヤマハ発動機チャート

エンドユーザー向けの除雪機では、

シェア1位がホンダ除雪機、続いて、2位がヤマハ除雪機となります。

 

7267ホンダ

7272ヤマハ発動機

6325タカキタ

6250やまびこ

 

除雪機ネット通販企業

外国株を購入できる人は、Amazonで

除雪機が販売されています。

 

Amazonやグーグルなどの有望な米国株を購入したいという方は、

マネックス証券 に口座を作れば、米国株と中国株取引ができます。

 

 

国内企業では

4755楽天

3064MonotaRO

です。

 

除雪作業関連株

除雪を行っているのが、

1776三住道路

です。

 

雪が降れば儲かるという、

雪=お金

というユニークな企業ですね。

 

逆に雪が降らないと除雪機の活躍も

なく高額な除雪機が遊んでしまうことになります。

 

 

スタッドレスタイヤ

大雪にならなくても冬はスタッドレスタイヤを

はくわけですけれども、

 

雪が降らないような地域で特需が発生することは想定できます。

 

タイヤ販売店では

9882イエローハット

9832オートバックス

が注目されます。

 

タイヤメーカーとしては、

5101横浜ゴム

5110住友ゴム

5108ブリジストン

5105東洋ゴム

 

となります。

 

大雪の年は気温も低下する厳冬関連

日本海側で大雪になる年は、全国的に寒波がやってきます。

 

暖房器具の消耗が激しくなってきます。

 

エアコンメーカー

6503三菱電機

5909コロナ

6367ダイキン

6752パナソニック

6501日立

6755富士通ゼネラル

6502東芝

7011三菱重工

6753シャープ

 

ファンヒーター・石油ストーブ

5909コロナ

5951ダイニチ

 

株式投資をしている方は、いくつかの証券口座を持っているかと思います。

 

松井証券 では、他社では有料の「QUICKリサーチネット」

が無料で利用できるので、

松井証券の口座を開設していない方は、

使わない手はありません。

 

また、運用意会社のトレーディングルームにも採用されている

トレーダーズ・プレミアム

 

を活用してプロと同等の情報を獲得して、

投資成果を高めるという方法もあります。

 

証券会社の手口や証券系シンクタンクのレーティング情報など、

タイムリーにキャッチすることができます。

 

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ