小林節子が売却決めた原村自宅の場所や住所を地図で確認!




レディース4の司会者でフリーアナウンサーだった

小林節子さん(1945/3/17生まれ)は

 

現在、東京から長野県原村に移住して

田舎暮らしを堪能しています。

 

小林節子さんが自宅売却する原村の場所や住所がどこなのか

地図上で確認していきます。

 

 

小林節子さんが生活してきた原村の売却決意した自宅はどこなのか?地図で確認!

小林節子さんが移住した長野県原村の自宅は、

もともとペンションだった物件を居ぬきのままで1999年に購入して

リフォームを施してご両親であるお父様、お母様の3人で移住しました。

 

原村に移住してからもう20年近くも経過していて、

ご両親がなくなってベッド数30もある大きな

自宅は売却する決意をしました。

 

小林節子が1999年から移住してきた自宅はどこなのか?地図で場所と住所を確認

原村は移住する人が多いのですが、

観光地としても都心からアクセスがいいので

ペンションも多いです。

 

小林節子さんが購入したペンションの場所は

標高1300メートルにある高原です。

 

原村ペンション村にある小林節子さんの自宅は

位置的には現在営業しているペンションである

「にんじん」がすぐにお向かいさんにあたります。

 

地図で確認すると「ニンジン」という名称のペンションが分かると思いますが、

道路の向い側という意味ですね。

 

また、斜め向かい側にはペンション「オリーブ」もあります。

 

 

ペンション ニンジンの住所は

 〒391-0114 長野県諏訪郡原村 第2ペンションビレッジ

ですし、

 

ペンション オリーブの住所は

〒391-0114 長野県諏訪郡原村第2ペンションビレッジ

 

ですので、小林節子さんの自宅の住所も

〒391-0114 長野県諏訪郡原村第2ペンションビレッジ

で郵便物が届くと思います。

 

また、小林節子さんは自宅の隣に「リングリンクホール」という施設を建設しています。

住所:〒391-0114 長野県諏訪郡原村 17217-1699(第二ペンションビレッジ内)

となります。

 

地図上でも「リングリンクホール」という名称が表示されているのが

わかります。

 

 

小林節子さんが原村のペンションを自宅として購入した動機は父の為?

小林節子さんが原村にペンションを購入したのは

1999年当時、90歳だったお父様と84歳だったお母様に

 

できるだけ穏やかにいい環境で暮らしてほしいという

親孝行が動機でした。

 

ご両親が田舎暮らしを望んでいたかは不明ですが、

お年寄りに必要な病院などきになります。

 

原村は観光地である一方で

移住してきても暮らせるような施設として

病院やスーパーなどはある場所で

 

セカンドハウスではなくて永住ができる

田舎であるのが特徴で人気があります。

 

不便な田舎暮らしが心配な人でも原村であれば

生活上のライフラインは整っています。

 

原村での暮らしが快適だったのか、ご両親ともに長寿をまっとうして

お母様は99歳で亡くなり、

お父様は100歳で亡くなりました。

 

兄は肝臓がんでなくなっていた?

横浜生まれの小林節子さんのご両親は長生きできましたので

子供も遺伝的には長生きできるようにも思います。

 

小林節子さんにはお兄さんが一人だけいまして、

73歳でお母様が亡くなった年に亡くなりました。

 

肝臓がんだったということで

タバコなどの生活習慣によっては

長寿できる遺伝子を親からもらっても

必ずしも長生きができるわけではないことがわかります。

 

その意味ではどこで生活するのかということは

大切な要素ですね。

 

小林節子が自宅を売却した動機や住み替え先はどこなのか?

小林節子さんがご両親と暮らしてきた

旧ペンションをリフォームして住んできた自宅は、

 

小林節子さんには広すぎて

維持するのが大変であるということで自宅の売却を決意しました。

 

何も使っていない部屋でも掃除をしていないと

埃がたまりますし、

 

30人も宿泊できる建物は多すぎて一人では寂しいでしょう。

 

更に、建物が大きいだけに固定資産税なども

普通の一戸建てよりも維持費が多くかかります。

 

自宅売却にあたり、住み替える先を決める必要があったのですが、

小林節子さんは東京に戻るのではなくて、

玉村に永住する決意をして

 

友人から近くの土地18坪を借りて終の棲み処となる

新築戸建てを建築しました。

 

原村は冬は雪が降りますけれども

冬場の暮らしにはなれたのでしょうね。

 

雪国への地方移住を後悔しないように理解しておきたいことについてはこちら!

 

小林節子のブログ「原村生活」で公開している自宅隣の「輪の舎・リングリンクホール」間取り図は?

小林節子さんは自宅の隣に「輪の舎・リングリンクホール」

を2000年に建築しています。

 

間取り図は

玉村 リングリンクホール 間取り図

玉村 リングリンクホール 間取り図

 

となります。

 

1階部分は大きさは

約14.12m×4.55mですから、

64.24㎡の床面積があります。

 

小林節子さんの原村ブログでも

利用者さんを募集していました。

 

自宅のペンションと一括で購入できる人は倉庫代わりに使えそうです。

 

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析