田舎への移住が失敗しない事例とは?蔵付き物件で趣味のドールハウスで生甲斐実現!



田舎への移住は都会に住んでいると夢物語で、

架空の話に終わります。

 

田舎では仕事がない、病院や買い物のスーパーが少なくて

不便だとか、例を挙げたら、きりがありません。

 

既成概念は「田舎への移住は失敗する」という結論です。

 

住んだことがない田舎への移住が失敗や後悔にならない

ケースが田舎だからこそ実現できる生甲斐ややりがいを

見つけられた時です。

 

具体的な事例を見ていきます。

 

 

ドールハウスの展示ができる田舎の物件に生甲斐を見出し移住が失敗しない事例!

街中で家や土地は狭いけれども、周辺には駅やバス停があって

病院や買い物などには全く困らないいい住環境に住んでいても、

 

やりたいことがドールハウスを作って、展示したいとなると

一般的な住宅では手狭すぎます。

 

それこそ、田舎にある大きな1階部分が広い住宅で、

蔵がついていれば、

 

蔵にドールハウスを展示できると

考えた人がいました。

 

テレ朝系「人生の楽園」で、ドールハウスの作成の仕事や展示をする為に

三重県伊賀市へ移住したご夫婦が紹介されます。

~懐かしき昭和のミニチュア~

次回の舞台は三重県伊賀市。趣味のミニチュア作りをしながら、

日々の暮らしを楽しむ川本倫栄(みちえ)さん(66歳)と夫の光治さん(68歳)が主人公です。

編み物講師の仕事を辞め、子育てと家事に専念していた倫栄さん。

旅行先で見た『ドールハウス』に興味を持ち、自己流でミニチュア作りを始めました。

最初に作ったのは、昔懐かしい昭和の町屋。

洋裁や手芸が好きで手先が器用だった倫栄さんは、すっかりミニチュアに夢中になり、

家事の合間に作品を作り続けました。ミニチュアの数が増え続け、

当時暮らしていた奈良県の家は作品で溢れかえっていました。

出典:http://www.tv-asahi.co.jp/rakuen/contents/nextweek/cur/index.html

 

川本さん達にとって、大切なのはドールハウスを展示する場所を確保することですね。

その為に、一定の大きさのある建物を取得する必要があります。

 

もしも、住み替えるときに一定の予算が限られているときは、

便利な都会では土地代が高くてミニチュアの展示など夢のまた夢です。

 

そこで、ミニチュア作品を展示出来る家を探し、見つけたのが伊賀市の蔵のある家でした。

2007年、光治さんの定年退職を機に、奈良県から移住しました。

倫栄さんの作品は『給料日の食卓』や『農家の冬支度』といった物語が小さな世界に描かれ、

見る人の心を和ませます。

懐かしい昭和の世界を描いたミニチュアで、人の輪を広げる川本さんご夫婦を紹介します。

出典:http://www.tv-asahi.co.jp/rakuen/contents/nextweek/cur/index.html

 

ドールハウスというミニチュアを展示できるような物件を探し当てたのが、

移住先だったわけですね。

 

蔵が付いている家だから住宅も広くてドールハウスを作成する仕事や

作業がはかどります。

 

 

田舎に移住して失敗するケースというのは、

これまで住んでいた住環境との比較で、

 

悪いところが目につく時です。

 

しかし、川本さんのケースのように自分の生甲斐を実現できる

物件が移住先にあるのであれば、

 

田舎への移住は失敗だったということはなく、

むしろ幸福感が強いかもしれません。

 

しかも、自分の好きなドールハウスに人生のドラマを映し出して

作品を制作する仕事をして、

 

見る人に喜んでもらえるなんて、どんなど田舎にいても、

移住が失敗だと思うことなどないでしょう。

 

田舎への移住を失敗しないために一番大切なことが何かを確認しておく。

田舎の物件は都会にある物件と違って土地も建物も

ゆったりとしたいいものを手に入れることができます。

 

その反面、目的もなく単に、田舎暮らしに憧れるだけでは、

田舎の立派な住宅もせいぜい別荘くらいにしかできずに、

 

移住するまではできないでしょう。

 

あなたにとって、本当に大切なものは何かを考えた時に、

電車にすぐ乗れる都会の便利な生活が基本にあるなら、

 

田舎への移住は辞めた方がいいです。

 

別荘くらいに考えて時々来るいい場所どまりにしましょう。

 

移住するには自分がほんとに大切なことを実現できるからこそ、

不便な田舎の物件を選んで移住したと考えられなければ、

失敗や後悔に終わります。

 

地方移住を失敗して後悔しないために農家民宿の利用についてはこちら!

 

自分にとって単なる現実からの逃避や憧れだけで

移住を考えていないかを確認しましょう。

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析