センター試験前日の勉強が合否を分ける東大生のアドバイスとは?




センター試験本番では、出題内容によって、

運や不運の差がでることがあります。

 

これまでの努力をできるだけ発揮するために、

試験の前日勉強の仕方についてみていきます。

 

 

センター試験前日の準備や勉強の仕方とは?東大生のアドバイスを参考に。

 

東大生のアドバイスでは、参考書について

【参考書】当日にふと気になったことが調べられないと焦ります。

荷物が重くならないように最低限の量を持っていきましょう。

というコメントがあります。

 

ポイントは荷物が重くならない最低限ということですね。

 

気になるところだけを前日に、参考書ごと、問題集ごとに

そのページだけ切り離す方法がいいでしょう。

 

そうすることで、自分自身の弱点やまだ完全に定着してない部分が

浮き彫りになります。

 

センター試験前日に、再度、問題の解き方などを復習したことが

意外にも当日の出題となったら、かなりラッキーです。

 

試験は差をつけるのが目的ですから、

後もう少し知識を定着するべきだったという

差が点数の差に表れます。

 

その意味では、試験当日に最後に確認しておきたいと思うような

部分だけをピックアップしていく作業だけでも

弱点分野の復習になるでしょう。

 

 

 

 

もはや新しいことには手を付けずに、これまで

やってきたことをしっかり定着させましょう。

 

受験生の母親ができる事はお守りのプレゼントについてはこちら!

 

意外にも前日に目を通したことがズバリ的中したということが

よくありますから。

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析