阿藤快さんが突然死した急性心不全の原因は何?持病はあったのか?



 

2015/11/14の阿藤快さん(享年69歳)が

急性心不全のため、亡くなりました。

 

69歳の若さで、何の予兆もなく突然死してしまったことは

残念でなりません。

 

もっと健康に気を配っていたら

防げたのではないかと思うのです。

 

阿藤快さんが急性心不全で急死(=突然死)した

原因や持病について見ていきます。

 

 

阿藤快さんは痛風の持病があった!突然死の原因になる成人病に注意!

 

阿藤快さんのマネージャーによると、

特に重篤な病気で通院など

 

目だった持病はなかったと言っていますが、

痛風の薬を服用していたそうです。

 

痛風は血液中の尿酸値が上昇する病気です。

 

痛風を馬鹿にできないのは、

血液中の尿酸は硝子の破片の様に

 

血管を傷つけるので、

血管年齢を著しく低下させます。

 

痛風が原因で心不全を含めて、

多様な病気の原因になります。

 

痛風を患っている方は、

阿藤快さんのように

 

急性心不全で突然死する

可能性もあることを

 

念頭において、

健康管理をするべきです。

 

痛風を防ぐ対策としては

肉や魚介類を食べ過ぎることで

 

痛風になると言われていますので、

バランスがとれているかどうかが

食事のポイントでしょう。

 

阿藤快さんは妻と子供と別居して

東京都新宿区の家賃20万円の賃貸マンションで

暮らしていたということですが、

 

できれば外食よりも、奥様の愛情こもった、

手作りのバランスが取れた食事を

 

取るように心がけることは大切です。

 

 

適度な運動も大切ですから、

マンション暮らしよりは

 

家庭菜園が楽しめるような庭付きの

戸建てで体を動かしながら、

 

野菜でも食べながら暮らすのは

理想的かもしれません。

 

阿藤快さんは高血圧で血圧を下げる薬を服用していた!高血圧は急性心不全のリスクが高まる!

 

高血圧は心筋梗塞だけではなく、

脳卒中の原因にもなりますので

注意が必要です。

 

阿藤快さんは血圧を下げる薬を

服用していたようですが、

 

高血圧というのは血管内部に

老廃物が付着することで

 

血管を通る血流の流れが

悪くなっている症状です。

 

動脈硬化といわれる症状です。

 

高血圧は血流の流れがスムーズでないことを

表しますから、

 

人一倍に食事などに注意をして

できる限り、血管の中に目詰まりをさせるようなことがないように

心がけることが大切です。

 

毎日のように美味しいステーキや焼き肉などを

繰り返していくと、

 

血管内は油により血管に老廃物が付着して、

血流が悪くなります。

 

阿藤快さんがもしも、自分の父親だったらと考えると、

自分自身が阿藤さんの家族だったら、

 

突然死させなくても何かしてあげられることは

無かっただろうかと

考えるはずです。

 

阿藤快さんも元気な笑顔を振りまいて

誰にも心配をさせなかったのかもしれませんが、

 

心不全などで急死する要素は

十分あったことがわかります。

 

阿藤快さんが急死する前、心筋梗塞の前兆として有名な背中の痛みや疲労があった記事はこちら!

 

 

家族の方は年配の人に対しては

 

突然死などがないように

配慮してあげる必要があるでしょう。

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析