大村智教授は子供を家族同然に人材育成してくれる!特許料収入を得る方法を教えてくれる大学や研究者はどこにいるのか?



大村智北里大学特別栄誉教授(80)が

ノーベル賞を受賞して

 

広く功績が知られるように

なりました。

 

山梨大学発酵生産学科で

助手を務めた時に微生物

 

と出会ったことがきっかけで、

 微生物の研究にとりつかれます。

 

大村教授は多くの論文を発表して

特許も取得したことで、

 

製薬メーカーからの特許料収入

得られるようになりました。

 

また、大村さんの功績は

北里大学での人材育成にもありました。

 

家族の中にこれから

大学進学をする子供

いるときには

 

大村教授のような人から

人材育成を受けられたら

 

子供に対して

最高の投資になるでしょう。

 

どんな大学に入学すれば大村教授の様な研究者に

家族同然の親身の指導を受けられるのでしょうか?

 

 

 大村智氏のようにノーベル賞や特許を取得し、特許料収入を得るにはどこのどんな大学に入ればいいのか?

 

大村さんの教え子から

30名もの教授が

輩出されています。

 

このことからわかる通り、

 大村さんの様になりたい、

ノーベル賞を受賞したり、

 

研究者として成功をしたい、

特許をとれるような

 

研究者になりたい

と思う人は

 

大村さんの様な人に

出会うのが一番です。

 

 

特に自分の家族に

これから大学進学を

 

する子供がいるときに、

第一に考えることは、

 

子供が大村教授のような人から

指導を受け、

 

大学卒業後にいい職業に

つくことでしょう。

 

もっと欲を言えば、大学を卒業した後、

大手企業に就職をする

という漠然とした目標ではなく、

 

大村教授のように研究者として

成果を挙げて

 

日本中から、世界中から

認められたい

と思うはずです。

 

また大村教授のような

研究者になって

 

特許技術を取得することで

特許料収入が発生するような能力を

 

大学進学を目指す子供が

学べるような機会を得るには

どのようなコースを進めばいいのか?

 

大学に入学する前の段階では

わからないことが多いです。

 

偏差値レベルの高い大学へ進学することは

いい就職先にもつながるし、

 

いい教授や研究に出会える

可能性が高いので、

 

究極の目標は東大や京大などの大学へ

進学するのがいい

と思うのが普通です。

 

ところが、どの大学でも教授の地位に

安住したいと思っている

 

サラリーマン教授、

公務員教授はいる

と思います。

 

論文などほとんど発表しない

教授もいるでしょう。

 

大村智氏は多くの論文や

特許を取得しただけではなく、

 

大村さんが人材育成をした生徒の中から

120人近くが博士号を取り、

 

そのうちの30人が教授までなったという

 実績を持っています。

 

教授が論文を発表できないような

研究室に所属しても、

教え子は何の成果も出せません。

 

 

つまり、大村さんの様にノーベル賞を受賞したり、

その他の表彰を受けるような

研究成果を出したり、

 

特許を取得するような成果が

出るような指導を

受けるためには、

 

大村さんの様な実績のある指導者がいる

研究室に入る必要があります。

 

 

その意味で北里大学へ入学すれば、

大村さんの様な方ばかりいるとは

限りません。

 

これは北里大学に限らず、

大村さんが微生物に魅せられた

きっかけになった山梨大学でも

 

大村さんが修士課程を修了した

東京理科大学でも同じです。

 

 

ですから、どの大学に行けばいいのか?

という考え方では、

 

必ずしも大村教授の様な研究者に

出会うことはありません。

 

 

大村教授のように子供を家族のように人材育成してくれる人はどこに?特許取得し特許料を得られるような教授は少ない!

 

特許を取得できる教授というのは

限られています。

 

創造的な研究をしない限りは

特許など取得できるはずがありません。

 

既存の枠組みの中で研究をしていても

特許取得に結びつくことはありません。

 

大村さんの名言に

私は人のまねはしない

という言葉がありますが、

 

この言葉こそが創造性を

重視した言葉です。

 

人材育成が大切だと考えたのも、

人から教わったからではありません。

 

研究をするうえで、研究室全体で協力しながら

研究成果を出すためには

 

教え子を家族同然に大切にした

人材教育を通して、

 

実験技術の精度を

高める手法を教えることで、

 

研究室に新しい特許につながるような

研究結果が生まれます。

 

ビーカー等の実験器具洗浄法から、

新しい発見に結びつく実験過程に

至るまで、

 

大村教授のように特許を取得するような

創造的な研究をする人たちには

 

独自の実験技術と

発想法があります。

 

精度が高い実験をする技術を

身に着けた上で、

 

実験技術を開発する発想法

まで、学ぶことができます。

 

そして高い研究成果を

出していくには

 

高額な研究機器も

必要になります。

 

このあたりも教授に実力がなければ

高額な研究機器の購入もできません。

 

子供が大学進学後、大村教授のようにノーベル賞や特許料収入を得られるような科学者になるには?・・のまとめ。

 

以上をまとめて、10項目にしてみました。

 

  • 大村教授のような創造的な研究をしているか?
  • 論文は多く発表しているか?→博士課程に進学する学生数にも関連します。
  • 実験する技術はあるか?

 

  • 実験する機器は備わっているか?
  • 研究予算を教授が獲得しているか?
  • 特許の取得実績があるか?

 

  • その教授のもとから博士課程まで進んでいる人はどれだけいるか。
  • その教授のもとからどれだけ教授がでているか。
  • その教授のもとから大手企業研究室へ多く就職しているか?
  • その教授は企業との結びつきがどれぐらいあるか?

 

このあたりをチェックしたうえで、

指導を受けたい教授がどうしても

 

北里大学しかないのであれば、

北里大学へ、進学しましょう。

 

特許料収入得た大村智氏の人材育成で特許取得の方法論が得られる!ノーベル賞受賞教授の教え子もノーベル賞に近づく?

 

以上、10項目すべてに該当するような

大村さんと似たタイプの教授

から指導を受けることで、

 

研究者として成功する

確率が高まります。

 

その好例が2002年ノーベル物理学賞を受賞した

東大名誉教授・小柴昌俊氏の教え子である

 

梶田孝章教授が2015年ノーベル物理学賞を

受賞したことです。

 

大村智氏が自分の子供のように

大切に育成した

教え子の中からも、

 

優れた研究成果や結果として特許権などが

生まれていくでしょう。

 

 

大学選びは、以上のような視点で

選ぶのも1つの方法でしょう。

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析