山形県遊佐町の川いくらはふるさと納税でも!イクラ丼がせっかくグルメで紹介!



山形県遊佐町(ゆざまち)は映画「おくりびと」のロケ地になった

場所として知られています。

 

秋田県と北側で隣接していて鳥海山がある場所でもあります。

 

町の特産品には川いくらがあって、川でとれた鮭の卵です。

 

遊佐町の特産品になっている川いくらを利用してつくった

イクラ丼が「バナナマンのせっかくグルメ」で紹介されます。

 

遊佐町は鮭の人工ふかにも熱心で、地元でいくらを

購入することもできますし、

ふるさと納税の返礼品にもなっています。

 

 

山形県遊佐町の特産品 川いくらを使ったイクラ丼がせっかくグルメで紹介!

 

バナナマンのせっかくグルメでは秋田県にかほ市に続いて、

山形県遊佐町が紹介されます。

 

にかほ市から南に下ると、 遊佐町が隣接しています。

 

にかほ市ではハタハタが紹介されましたが、

遊佐町でもハタハタは水揚げされる特産品です。

 

バナナマンのせっかくグルメでは、

遊佐町ならではの鮭の卵である「いくら」が紹介されます。

 

海でとれる鮭やいくらに馴染みがあるのですが、

遊佐町の特産品はでは川でとれる川いくらです。

 

バナナマン日村さんの食べっぷりから

イクラ丼の美味しさが伝わってきます。

 

放送を見た人なら、遊佐町のイクラ丼を食べてみたい!

 

川いくらを手に入れたい!

と思うのではないでしょうか?

 

参考記事⇒遊佐町で鳥海山を臨むおしゃれカフェはどこ?翠がバナナマンのせっかくグルメに

 

山形県遊佐町でイクラ丼が食べられるグルメスポットは?

イクラ丼

イクラ丼

イクラ丼を食べたい、しかも、山形県の遊佐町でとれた

川いくらを使ったイクラ丼を食べたいという方には、

 

手っ取り早い方法として、

道の駅鳥海ふらっと」がおすすめです。

 

イクラ丼は1200円で販売しています。

海鮮丼1250円にもいくらがのっています。

 

道の駅鳥海ふらっと

道の駅 鳥海ふらっと

住所:〒999-8531 山形県飽海郡遊佐町菅里菅野308−1

地図:

HP:http://www.chokai-flat.com/

電話:0234-71-7222

 

イクラ丼以外にも、いろいろな魚介類が

すぐに食べられるような状態になって

販売しています。

 

魚好きには楽しみな場所です。

 

昆布なども置いてあって、1つだけではなく、2つ買うと安くなったりと

販売の工夫が面白いです。

 

(レジに昆布を1ふくろ持っていったら、

2つなら○○○円になって安いと言われ、

2つ買うことにしました。)

 

 

遊佐町で川いくらを購入するには?

 

遊佐町で川いくらを購入することもできます。

遊佐町には鮭の「箕輪ふ化場」があり、

 

いくらを購入できます。

 

お値段はその年の相場にもよるようなのですが、

1キログラムあたり、2000円~3000円ほど。

 

箕輪ふ化場(鮭の人工孵化場)

住所:山形県 飽海郡 遊佐町 直世 字 箕輪

HP:http://web1.nazca.co.jp/fukaba/

電話:0234-77-2275

 

地方発送も相談可能です。

 

直接購入したいくらは、しょうゆ・みりん・酒で30分ほど漬け置いて

味付けをしてから食べます。

 

遊佐町のふるさと納税でも「いくら」が返礼品としてもらえる!

 

鮭やいくらは遊佐町の特産品となっていますので、

ふるさと納税でも返礼品としてゲットできます。

 

遊佐町の鮭づくしセットの中にいくらが

入ってきます。

 

また、遊佐町はパプリカの産地として

町が盛り上がっています。

 

鳥海山カレールウはふるさと納税でも返礼品として選べますけれども、

 

遊佐町のパプリカベースのカレーはAmazonでも

お取り寄せ可能です。

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ