青森県産トゲクリガニは通販でも購入可能!メスがお薦めか?



青森県は魚介類の産地としても知られる食材の宝庫です。

中でも、4月から5月の桜の開花時期からGWシーズンに

 

収穫時期を迎えるのが、トゲクリガニです。

 

テレビ朝日「朝だ!生です旅サラダ」や

日テレ系「満天☆青空レストラン」でも

野辺地町(のへじまち)産のトゲクリガニが紹介されています。

 

トゲクリガニを直接地元で購入できるだけではなく、通販でのお取り寄せも

できます。

 

青森県野辺地町産トゲクリガニがテレビ朝日「朝だ!生です旅サラダ」で紹介

2017/4/22放送の「朝だ!生です旅サラダ」では、

青森県野辺町で捕獲されているトゲクリガニを食材にした

 

「トゲクリガニの味噌汁」や

「トゲクリガニのカルパッチョ」が紹介されています。

 

トゲクリガニは毛ガニの仲間ですけれども、

味が濃いと、絶品プリが紹介されました。

 

また、お値段も毛ガニよりは割安感があるので、

味の濃厚さを考えるとお買い得感もありますね。

 

 

世界ふしぎ発見!でも青森の花見に欠かせないものとしてカニが紹介! 

2017/3/18に放送された「世界ふしぎ発見!」では、

『花見が100倍楽しめる!桜をめぐる物語』と題して、

 

日本を代表する桜の名所の1つとして、弘前城が紹介されました。

 

青森県で花見に欠かせないものとしてカニの甲羅に

日本酒を入れて飲む風習が紹介されています。

 

サラクの季節にカニがとれるのは、

まさに青森県ならでは。

 

そして、このカニというのが、

トゲクリガニです。

 

桜の時期に旬を迎えることで、ハナミガニ、サクラガニとも

呼ばれています。

 

 

トゲクリガニのカニ味噌にお酒が混ざって

日本酒の味が引き立つとか?(飲ん兵衛にしか理解できない?)

 

 

青森県野辺地町産トゲクリガニが満天☆青空レストランでも紹介

2014/5/10に放送された満天☆青空レストランでも、

野辺町のトゲクリガニが紹介されています。

 

紹介されたレシピは、トゲクリガニを海水と真水を半々にして鍋で茹でた

「茹でガニ」や「カニ汁」です。

 

茹でガニについては、動画もご参照ください。

 

 

 

 

青森県野辺地町の場所は?

青森県でも野辺地町は野辺地湾に面した海の町ですね。

北海道新幹線の新駅がある今別町から東方向へ100キロメートル程度離れた

場所に位置しています。

 

ツーリング好きが海岸線を走る場所としては

楽しそうです。

 

そして、特産品は、1年を通してとれるホタテです。

勿論、トゲクリガニ、ホヤ、などが春にとれ、

 

冬はナマコなどなど海の幸の宝庫です。

 

青森県産トゲクリガニが食べられる旬の時期は?

野辺地町でのトゲクリガニの収穫時期は例年

4月から5月下旬となっています。

 

GWで東北地方へ帰省したり、レジャーで出かけるときには、

青森のウニもいいですけれども、

 

トゲクリガニを目当てにしても

いいですね。

 

参考記事⇒青森県のウニ丼なら佐井村 ぬいどう食堂と仏ヶ浦ドライブインが双璧!

 

メスがお薦めの理由とは?

トゲクリガニも収穫量によって相場は変動するかもしれませんけれども、

オスよりもメスの方がお値段が高いです。

 

「朝だ!生です旅サラダ」では、オスが500円、メスが700円といったところ。

 

メスがお値段が高いのは、それだけカニ味噌がびっしりと

入っているのと子が入っているので

味がオスよりも濃厚で美味しいというのが

理由です。

 

青森県産トゲクリガニは通販でのお取り寄せ可能

毛ガニと違って、トゲクリガニは知名度も高くないですし、

どこでも買えるという代物ではないですね。

 

かと言って、青森まではお住いの場所によってはかなり遠い場合もありますね。

 

地元野辺地町へ行ってとれたてのカニを食べられたら最高ですが、

通販でお取り寄せも可能です。

アマゾンでもお取り寄せができますし、

トゲクリガニ 中サイズ【メス】約1kg6~7ハイ【塩茹で】青森陸奥湾産とげくりがに(栗ガニ・カニ・蟹)

価格:3,348円
(2017/4/23 14:53時点)
感想(9件)

 

楽天からも購入ができます。

 

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ