大隅良典教授は福岡高校出身で化学部部長、頭がよかった!



大隅良典東工大教授が2016年のノーベル医学生理学賞に輝きました。

福岡県福岡市出身で、福岡県の人たちも歓喜に満ちています。

 

九州福岡からは黒田日銀総裁のような優秀で、

大物人材が多く排出されていますけれども、

 

ノーベル賞受賞となれば、

格別な喜びがあるのではないでしょうか?

 

福岡県にある福岡高校は黒田日銀総裁(大隅教授とは同学年)が入学した

筑駒のような東大に進学率が高い高校ではありませんが、

地元公立高校では御三家の1つになっています。

 

 

大隅良典教授のノーベル賞受賞を同級生も祝う!高校時代から頭がよかった!

大隅さんは高校時代、化学部の部長を務めた。

部員だった山口大名誉教授の早川誠而さん(72)は

「同級生がノーベル賞をもらうなんて、夢のような感じ」と喜んだ。

大隅さんについて「もの静かだった。ガリ勉ではなかったが、

非常に頭がよかった。部長として文化祭の出し物についていろいろと考えてくれた」。

福岡から初めてのノーベル賞受賞について「福岡の誇りでうれしい。

元気をもらった。心から感謝をする」。

出典:「福岡の誇り」「雲の上の人だった」 大隅さん同級生ら

 

同級生で同じ化学部だった山口大学名誉教授が、

非常に頭がよかったと、

いうのですから、並外れた頭脳を持っていたことがよくわかります。

 

大隅良典教授は福岡高校から、東大へ進学!

福岡高校を卒業後は、東大教養学部に入学していますけれども、

福岡高校からは、当然のように東大に入学するわけではありません。

 

2016年度の進学実績では、

九州大学合格115名

京都大学合格11名

大阪大学合格11名

東京大学合格2名

 

というけっかとなっています。

 

九州大学へ多数の合格者を輩出するあたりは

やはり、公立高校の御三家と言われるだけの水準です。

 

しかし、東大や京大などの頂点実績は少数派になりますので、

やはり、大隅教授は、同級生が語るように、

高校時代からかなり頭がよかったのではないでしょうか?

 

東大卒業後の経歴については、

⇒大隅良典東工大教授がオートファジーでノーベル賞!妻が支えた酵母研究の経歴とは?
もご参照ください。

 

福岡には福岡高校より優秀な高校もあるがノーベル賞は出ていない?

福岡県には、福岡高校よりも東大の進学実績が高い、

久留米大付設高校(ホリエモンの出身高校)があります。

 

2016年度は37名の合格者がでています。(福岡高校は2名)

 

また、大隅教授と同学年で福岡県出身の黒田日銀総裁の

出身校 筑駒は102名の東大合格者を輩出していて、

東大合格率は最高クラスを誇ります。

 

塾に通学するのが当然になっている時代で、

受験では答えが一つのものを探す思考方法です。

 

大隅教授のように未知のものを探し当てるには、

受験で燃え尽きていない、

 

公立高校出身であることは

大学に入学してからの伸びしろが残されているとも

言えるのかもしれません。

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析