日本料理人 奥田透は銀座小十店主!料理本の著者でテレビ・プロフェッショナルに出演!



いま世界中で日本料理を提供する飲食店が急増しています。

 

日本の和食はユネスコ無形文化遺産に登録されたこともあって、

世界の注目度が高まっていることも背景です。

 

日本料理人としての第一人者は国内に多く存在しています。

中でもテレビへの出演が多い「銀座小十」や「銀座奥田」を経営する

奥田透さんが、「プロフェッショナルの流儀」に出演されます。

 

奥田透さんはを出版していることでも

知られている日本料理人のプロフェッショナルです。

 

 

奥田透=日本料理人が、銀座小十を開店するまでのプロフィールとは?

奥田さんは、1963年10月18日生まれで静岡県のご出身です。

 

高校卒業後に地元静岡県で日本料理人としての人生がスタートしています。

修業時代のお店は次の通りです。

 

  • 静岡の割烹旅館「喜久屋」(5年)
  • 京都「鮎の宿つたや」(半年)
  • 徳島「青柳」(4年)

 

料理人として一人前になるための修業は静岡県に限らずに、

関西の京都、四国の徳島にまで修行の場を求めて

約10年を過ごしていることが分かります。

 

日本料理の奥深さを修業時代に学び、

1999年に静岡県の地元で、「花見小路」を開店

2003年には東京で「銀座小十」を開店しました。

 

また、奥田氏は「銀座小十」で鍛え上げた日本料理人を

「銀座奥田」の料理長として銀座で2種類の

日本料理店を経営をしています。

 

料理本が好きな奥田透は本も出版!

奥田透さんの趣味は料理本を読むことですけれども、

自身でも本を出版しています。

 

  1. 三つ星料理人、世界に挑む。
  2. 世界でいちばん小さな三つ星料理店
  3. 本当においしく作れる和食 (きちんと定番COOKING)
  4. 日本料理 銀座小十
  5. 焼く: 日本料理 素材別炭火焼きの技法

 

以上のような本を書いています。

 

主婦の方が参考にできる本として、3番目の

 

「本当においしく作れる和食」では、

91品もの定番料理が掲載されている

料理本として役立つでしょう。

 

魚の煮つけ、茶碗蒸し、肉じゃが…。おいしい和食を作ろう。

きちんと身につけたい基本の和食をはじめ、

和えもの・酢のもの・酒肴、焼きもの、煮もの、ご飯ものなど、

ずっと作り続けたい家庭の定番91品を紹介。

出典:「本当においしく作れる和食」

 

奥田透日本料理人は、料理の技術が高いだけに満足せずに、

広くお店や日本料理人としての存在を知ってもらうための

努力を兼ねて、技法などを本にしています。

 

かつて、東京進出をして銀座小十を開店した時点で、

来店客がなく、自らテレビ局へPRをしに行って

 

危機を脱出したというエピソードもあるだけに、

いいものは、広く多くの人へ知らせる努力は必要なのです。

 

銀座小十はテレビ「ガイアの夜明け」でも紹介された!

そんな欧州市場に”本物の日本食”で挑戦しようと立ち上がったのが、

銀座でミシュランの三つ星和食店「小十(こじゅう)」を経営する奥田透さん(43歳)。

自身の店を1ヵ月も離れ、9月20日にパリに店をオープンさせることを決めた。

自らが信頼する日本酒や和の陶器などを持ちこみ、さらには大工まで派遣して”本物の店”を作る。

設定した客単価は日本円で約2万6000円。その戦いの行方は・・・

出典:“本物”で立ち向かう!銀座の三つ星料理人

 

2003年に当初は閑古鳥が鳴いていたという銀座小十は

ミシュランガイドの三つ星和食店を獲得店にまで、躍進しています。

 

ガイアの夜明け(2013/10/15放送)では、ミシュランの三つ星和食店を獲得したとして、

「銀座小十」が紹介されています。

 

和食が世界から注目!日本料理人=奥田透が「プロフェッショナル」に出演

「銀座小十」がガイアの夜明けに出演した後の、2013年12月には

和食がユネスコの無形文化遺産に登録が決定されます。

 

「プロフェッショナル 仕事の流儀」では、世界遺産スペシャルとして、

日本料理人=奥田透さんが紹介されます。

 

富士山をはじめ、京都・奈良の歴史的建造物から

屋久島や知床の悠久の自然など有形のものが20、

歌舞伎や能楽、手すき和紙や織物など無形の遺産が22登録されている。

その全てに、日本人が先人から連綿と受け継いできた

文化や伝統技術、知恵が凝縮されている。

今回は、73分のスペシャル版!

“世界遺産”を受け継ぎ、未来に伝えるために格闘を続ける、

5人のプロフェッショナルたちに密着する!

さらに、鎌倉時代から続く風習や伝統行事など知られざる遺産も続々登場!

全国各地、果てはフランス・パリへと、

日本の誇りを支え続けるプロたちに出会う“世界遺産”の旅!!

出典:日本が世界に誇る“世界遺産”。

 

奥田透プロジュース銀座小十、銀座奥田アクセス方法

日本料理人=奥田透さんが経営をしている、

銀座のお店についてアクセス方法や連絡先などは

次の通りです。

 

「銀座小十」

所在地:東京都中央区銀座5丁目4−8 カリオカビル4F

電話: 03-6215-9544(予約先)

予約方法:「銀座小十」HP「http://www.kojyu.jp/reservation/」

をご参照ください

 

HPは英語での記載も併記されているので、

外国人観光客の利用もしやすいお店です。

 

ただし、昼の料金が21,600円(税込み)

夜の料金が27,000円(税込み)と

サービス料10%も必要になります。

 

庶民が簡単に行ける場所ではないですね。

2007年にミシュラン3つ星を獲得しています。

 

食べログランキングでは、東京都の日本料理店で

20位となっています。

 

日本の和食料理の層の厚さを感じますね。

 

日本独自の懐石料理では、石川県の「つる幸」が有名です。

⇒河田康雄氏が店主のつる幸は食べログレストラン ランキング石川県総合1位!全国では?

をご参照ください。

 

銀座奥田

所在地:〒104-0061東京都中央区銀座5-4-8カリオカビルB1

電話 : 03-5537-3338

営業時間:昼12:00~13:00 夜 18:00~21:30

 

 

2011年に開店して、開店した年にミシュランガイド二つ星を獲得した

奥田氏が経営するお店です。

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析