西田敏行 胆のう炎の原因になる胆石の予防法として食事は何がいい?




俳優の西田敏行さんが胆嚢炎(たんのうえん)を発症して復帰が

延期されることになりました。

 

西田敏行さんは体格がいい事からもわかりますが、

美食家で有名です。

 

胆嚢炎の原因の90%は胆石ができることで

発症することが分かっています。

 

胆石を作らないようにする為に

どのような食事をするべきなのか?

 

西田敏行さんの食生活を教訓にして

予防法を考えてみます。

 

 

胆のう炎を発症した西田敏行の食事は胆石の原因になるカロリーが高かった!

西田敏行さんの胆嚢炎の原因が胆石であることが

推測されます。

 

一般的に胆嚢炎の原因の90%が胆石であることもありますし、

胆石ができる要素が西田さんの様な高カロリーの食事にあるからです。

 

胆石には種類が3つあります。

  1. コレステロール結石
  2. ビリルビンカルシウム結石
  3. 黒色石

の3種類です。

 

特にコレステロール結石の原因になるのは

脂肪分が多い高カロリーの食事です。

 

西田敏行さんは焼肉とビールが大好きであることが有名

体重も肥満体重と呼ばれる立派な体格を

長年維持しています。

 

焼肉はまさに脂肪分と高カロリーの両方を兼ね備えていますね。

 

また胆石ができやすいのはアルコールを飲めない下戸の人に

比率が多いとも言われていますが、

 

西田敏行さんの場合はお酒好きでしたが

食事が高カロリーだったことの方が

 

胆のう炎発症の原因になっている

可能性が高いです。

 

胆のう炎の原因になる胆石を予防する為の食事や食べ物は?

胆のう炎を予防するには胆石を作らないように

日々の食事に気を付けたいものです。

 

西田敏行さんの場合も2003年に心筋梗塞を発症してから

食事には気を付けざるをえなくなりました。

 

愛煙家だった西田敏行さんは禁煙もスタートした

時です。

 

過去の西田敏行さんの様に焼肉とビールの毎日ではなく、

脂肪分を減らしながら、カロリー制限も必要になります。

 

ライザップのダイエット方法は脂質とカロリーを制限する点が特色なので

胆石症の人にも効果的かもしれません。

 

⇒生島ヒロシの様にライザップでリバウンドせず失敗しない方法とは?

 

栄養素としてはタウリンが胆石生成を予防する

と言われています。

 

タウリンを豊富に含む食べ物は

スルメ、イカ、タコ、カニなどです。

 

スルメの表面についている白い粉がタウリンです。

 

また、木の実としてクルミは胆石の予防効果があると

言われています。

 

クルミを単独で食べる機会が少ないかと思います。

 

クルミを味噌に入れたクルミ味噌などの様に

工夫して日々の食事に活用することがいいかもしれません。

 

いずれにしても西田敏行さんを反面教師にして

バランスの取れた食事を心がけることが大切です。

 





関連記事:


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ

QLOOKアクセス解析